足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

年率50%超の成果が出始める・・・ヘッジファンド

2019-10-23 08:00:37 | 投資戦略
ヘッジファンドのビル・アックマン(ヘッジファンドのパーシング・スクエア)が蘇り、模範的なヘッジファンドとして人気を集めはじめた。
パフォーマンスは急ビッチで回復し年初来50%近い回復で再びその存在観を誇示し始めた。クローズド型のファンドを組成し運用資産は50億ドルに再び接近した。
昨年までは成果の不振で悩んだが、本年は年初来+50%近い上昇を記録し、昨年までの不振を完全に取り戻した。
「ここにヘッジファンドあり」と再び業界の寵児に帰り咲いた。

彼は本年53歳で油の乗り切った年代で、かつてのソロスのように年間で50%以上の好調なパフォーマンスを誇示し始めた。
アックマンの帰り咲きの桜は全盛期の運用資産1兆円を目指して疾走しはじめた。

医薬品関連株ショートの失敗で大きな傷跡を残したが、ここへきて往年の運用資産への回復の道を疾走しはじめた。
最近のパフォーマンスの急回復はレストラン関連などへの集中投資が見事に成功した。ファンドは会社型投信型で組成されているが、現在の時価は純資産を大きく下回る。

ロンドン取引所に上場されており、小口投資でも投資できる妙味がある。いまは絶好の買いタイミングにあり注目したい。

コメント   この記事についてブログを書く
« 米中問題の暗雲が晴れるか | トップ | 超強気のマーク・モビアス »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事