足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

NY株が堅調

2018-02-13 07:40:31 | 投資戦略
先週前半に波乱したNY株は、落ち着きを取り戻した先週末の堅調な地合いを引き継ぎ上昇した。
相場のリード役は定番のバイオ、医薬品、ハイテクで、特にこの日はアップル、アマゾンなど米国を代表するハイテク銘柄の人気が目立った。
ただ物色人気は横へは広がらない。
先週は波乱相場であったが、この日の投資家の前向きの買い姿勢をみるかぎり上昇相場に賭ける投資家の力も一方では健在である。
先週の一時的な波乱相場で調整局面いりをみた投資家には、この日の相場の動きは肩透かしを食らった感じの展開であった。
下落局面ではすかさず買い物がはいるところをみると、発表中の企業の経営者の先行きの自信を見直す人気も優勢である。
先週の相場は大波乱をしたが、待機していた資金の出動を見直した。最近の人気株のアップル、アマゾン、バンク・オブ・アメリカが相場を先導した。いずれもバフェットが関心を持つ銘柄である。バフェットはこれまでアマゾンを保有していなかったが、2月中旬に公開されるSECへの大口投資家投資の情報で、最近、買いつけたかどうかが判明する。

シカゴオプション取引所のVIX(恐怖)指数は30ポイントまで急騰したあと25まで下落したが、まだ警戒ゾーンでの推移には変わりはない。
先行き相場の強弱の判断を下すのは難しい局面である。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 波乱相場が続く・・・超弱気... | トップ | 以外に強い下値固め »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事