足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

ドル相場は転換点

2020-07-25 18:25:41 | 投資戦略
週末、円相場の上昇がひとり目立った。ブルンバーグ・ドル・スポット指数は1月7日以来の安値に落ち4日間の連続安。3月の高値から8%の大幅安になった。コロナウイルスが
頭をもたげ為替相場のかく乱をはじめ、ドル相場に打撃を与え始めた。
ワシントンと北京の間で不協和音がなりはじめ、米ドルに対しての弱気ムードが頭をもたげはじめた。米国と北京間での久しぶりの不協和音の台頭である。Covid19が米国で再燃し、国内での失業問題に注目が集まり長期金利が下落した。
ドイツ銀行のストラティジストは「ドル相場は長期的な転換期に来ている。下落相場の始まりを暗示しはじめた」と先行きに慎重論が出てきた。
ブルンバーグ・ドル・スポット指数は-0.5%となり、7月はこれまで2.6%下落した。対照的にユーロは2018年9月以来の堅調な展開になり、USドルは円相場に対して下落し、105.76円になった。
米国のムニューチン財務長官は「米国が目指すのはドル相場の安定で、世界の金融市場の準備通貨としての役目を果たす決意には変わりない」と持論を強調した。
金融市場ではコロナウイルスという天敵が相場のかく乱要因に踊り出たが、新しい天敵の出現に金融市場の安定化に難題が出現した。
コメント

コロナウイルス問題も吸収・・・上昇トレンドいり

2020-07-22 17:37:04 | 投資戦略
ヨーロッパ主要国の首脳が会合を開き2兆1000億ドル規模の新しい景気刺激策の発動を決めた。米国が一足先に決定した政策を追いかける。中央銀行が上限を設定しない景気対策だけに、欧米の投資家が株式市場に殺到をはじめた。
ダウ平均が先行役をはたし、欧米の株式市場には機関投資家の資金がセキを切ったように流入しはじめた。

テクニカル分析で使われる代表的な指標にRSI指数がある。プロの投資家や機関投資家が身近な数値として重要視するが、過熱と見られる水準は70で、それまでには大きな余裕がある。目先には大きな壁もなく、株価の上昇を吸収するまでには時間がある。
連銀のバラスシートには資金を供給する準備が整っており、連銀のハト派が自在にマネーの供給に動きはじめた。
当面は余裕資金が株式市場にも流入するお膳立てはできた。景気回復が始まる直前の連銀のバラスシートは8700億ドルであったが、現在は積極的な景気刺激策のために10兆ドルと桁違いに大きな流動性が準備されている。

コロナウイルスの蔓延で投資家が一時は慎重姿勢に傾きかけたが、連銀の一貫した資金供給の拡大で一掃され新しい相場の展開が有力になってきた。しばらくは強い相場の展開のお膳立てができた。

コメント

ビジネスの遠隔操作の時代

2020-07-21 17:13:05 | 投資戦略
ウォール街では上半期の決算発表がはじまったがコロナウィルス感染がテーマのひとつになり、関連株に関心が集まる。
銘柄ではファーストトラスト・クラウドコンピューティングETF(SKYY)+4.18%、iShares Expanded TecSoftwareTechSoft Secter ETF(IGV)が+3.74急騰した。ナスダック市場を牽引する。
一方、PHLF半導体指数+2.00%、S&P500+0.84%,NYダウ平均+0.03%の動きは鈍かった。
個別銘柄ではハイテク株のリード役マイクロソフト(MSFT)+4.3%で、年初来+34%となった。
レイモンド・ジェイムスのアナリストはマイクロソフトを、これまで推奨を続けてきたが、推奨を「ストロング・バイ」にして目標値を$208から$225に引き上げた。アナリストの間では、競って目標値を引き上げる動きが広がった。米国を代表するハイテク株だけに、強気人気は、ほかのハイテク株に大きな影響を与える。クラウド関連の代表であり、昨今のコロナウィルスで、さまざまな分野で遠隔操作が採用されはじめたが、その主役を果たしてきたことが再認識された。
コロナウィルスがもたらした遠隔操作化への転換が米国のビジネスの世界で、さまざまな転換をもたらし始めた。
その新しい波はさまざまな産業界で仕事のあり方に変化をもたらせるが、いま始まったばかりの営業、生産分野での革命がこれから生まれる。
コメント

物色人気の主柱・・・循環物色に乗る

2020-07-20 16:24:13 | 投資戦略
コロナウイルスの感染で死亡者が世界に広がる。
直近での死亡者数(1日当たり)をみると米国14万398人、ブラジル7万9488人、メキシコ3万9184人、スペイン2万8420人、インド2万6816人、ペルー1万3187人、ロシア1万2341人、ベラルーシ9800人、独9058人、チリ8503人であった。
米国、ブラジル、メキシコ、とアメリカ大陸での感染の勢いが強く、それが近隣諸国を巻き込んでの被害につながった。
ドイツのように医学の進んでいる国の死亡者が上位10位にはいったが、国内でのコロナ退治の治療のタイミングが送れ、先進国を巻き込んだ。いずれも医学の進んでいるとみられる国々だが、感染対策に遅れをとった。所得水準の低い東南アでの感染国が少ないのには意外性がある。

本日の東京市場での人気株は精密(オリンパス、HOYA),情報通信(NTTドコモ、ソフトバンク)、医薬品(武田、中外製薬)、電気(ソニー、キーエンス)、機械(コマツ、ダイキン)、化学(信越化学,花王)であったが、業績の好調な業種のなかで優良銘柄を選択した。先行きこれらの業種での人気株の循環物色の動きが継続していくだろう。
コメント

飛沫感染を簡単に予防する

2020-07-19 15:33:26 | 投資戦略
「新型コロナウイルス」がメデイアでは盛んに取り上げられる。コロナウイルスには風邪の原因になるウイルス、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」「中東呼吸器症候(MERS)」などが含まれる。
このウイルスは自分自身でふえることはできないが、粘膜などの細胞に付着して侵入して増加する。
手洗いでウイルスを流すことができ、石鹸でコロナウイルスの幕を壊すことができる。消毒用アルコールはその膜を壊せる。咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクをもつ。
「飛沫感染」(くしゃみ、咳など)を通して鼻から吸い込んでも感染する。この新型コロナはプラスチックの表面では最大72時間、ボール紙では最大24時間生存する。この新型コロナは症状を明らかに自覚する前から感染が広がるという悪玉である。無意識に手洗いをする習慣を身につけることが、ウイルスの侵入に大きな効果があることは、頭に入れておこう。症状が出るまえから感染がひろがるという増殖力がある。これまでマスクは自分が感染してから使用してきたが、その役目の大きいことを頭にいれておこう。
特に新型コロナウイルスには強力な感染を拡大する力のあることは頭にしっかりしまっておきたい。なんでもない習慣が風邪を防ぐ大きな防衛力になる。
最近のメデイアが解説する健康問題にはすぐに役立つことが増えてきた。
コメント