meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タケノコ掘り

2009-04-23 17:59:37 | マメ(♀4歳)のこと
マメの通う幼稚園。
園舎の裏が山です。

そしてタケノコが採れます。
入園式の時にもらった案内で、希望者はタケノコ掘りができるとあり、すでに行った友達の話も聞いて、私たちも行ってみることに!!

4/17 幼稚園イヤイヤだったマメに、なんとか幼稚園に楽しんでいってもらいたい、一緒に行きたいというマメの希望も叶えられるかと行くことにしました。

一度実家に行き双子を預け、午前保育で帰るマメを自宅前のバス停まで迎えに行って、お昼を食べてい~くんを母に預け、に~くんをおんぶし、マメを後ろに乗せて自転車で幼稚園へ。

この日は参加者が多かったようで、10組以上の親子がいたかな。
お父さんが参加しているところもいました。

草の陰からちょこっと顔をのぞかせるタケノコを探してクワを待ちます。
バスの運転手兼用務員のおじさんが気を利かせてクワを持ってきてくれました。

幼い頃にタケノコ掘りを経験している私。
なんとなく要領は分かります。
おじさんのアドバイスをもらいながら、思い切って「えい!!」
見事根っこの方から掘ることができました。

2本目は傾斜の厳しいところのタケノコだったので、に~くんを背負った私には角度が難しく、おじさんにバトンタッチ。

3本目はマメと一緒に掘りました。

↓ちょっとへっぴり腰なマメ(笑)


採ったど~~



↓これ園庭(山)です。


いつでもこんなところで自由に遊んでいいなんて、私からすればパラダイス。
きっとマメも満喫してくれるはず。



まだ4月中は午前保育が続くので、外で思いっきり遊ぶ時間はないようですが、5月になって午後保育が始まれば、充分満喫できるでしょう。

新緑も気持ちいい季節。
いろんなものを体全部で感じて欲しいな~と思います。
コメント (2)

保育参観

2009-04-23 16:38:14 | マメ(♀4歳)のこと
4/23 マメの幼稚園の保育参観に行ってきました。

この日は、年少は各保育室でこいのぼり作り。
私が教室にはいるとみんな自分の席にきちんと座り先生の説明を聞いていました。

それぞれが自分の好きな画用紙をもらい、その画用紙に先生が用意してくれた色とりどりの三角や丸、四角や半月型を思い思いに貼っていくというもの。

マメは青い画用紙をチョイスしていました。
のり付け台にするチラシをもらい、みんなこいのぼり作り開始。
初めて使うだろう、のりの扱いにみんな苦労しています。
マメものりは使ったことがありますが、普段はスティックタイプののりなので、指先につけて使うタイプのこののりには苦労していました。
マメと向かい側に座っている男の子は、一つ模様を貼る度に塗れタオルで指を拭い、同じテーブルには他に男の子と女の子がそれぞれ1人いましたが、ほぼ二人がタオルをやり取りしてました。


できた画用紙を両面テープで貼り輪っかにして、目を貼り付けます。
そして、しっぽの所をカットするのは親の作業。

マメの貼った模様をバランス良く全面に出せるように目の位置を考えます。
しっぽを切ったら、反対側の模様の一部が切れちゃいました。
ごめんね~マメ。

できたこいのぼりは先生が壁に飾ってくれます。



その後、保護者の自己紹介と役員決めがありました。
各クラス3人ずつ役員が選出されるのですが、立候補者が3名いて、すんなり決まりました。

私は、役員になると、忙しくなるのは当然ですが、先生方や保護者の方たちとも親しくなれるし、何より、参観日以外で子どもたちの様子がわかるというメリットがあると思います。
下の子がいても、先生達も面倒見てくれるし大丈夫と役員経験者のお母さんが言っていてましたが、なんせ双子。連れて行くのも大変。

双子を預けたりすることも考えたら、もう少し双子が大きくなってからのほうが助かる・・・。
なので、正直今回は役員にはならないほうがいいのかなと思っていました。

立候補してくれたお母さん方には感謝して、手伝えることはできるだけしようと思います。
コメント

入園後・・・

2009-04-20 13:23:25 | マメ(♀4歳)のこと
4/13 通園初日。
バスの時間に間に合うように起きて、朝食、歯磨き、着替えと時間内に済ませ、8時に家を出てバスを待ちました。

8:06 バスが来て、同じ場所で乗ることになったクラスのお友達と一緒に、仲良く笑顔で手を振り行きました。

お迎えの時も笑顔で帰宅。

その後、園での様子をいろいろ聞いたら、泣いているお友達がいて、一緒に泣いちゃった・・・と。
初日だもんね、しょうがないよね。

その日、園での様子をと担任の先生から電話がありました。
マメの話したとおり、泣いている子がいて、その姿を見ていたら急に不安定になって激しく泣き出したとか・・・。
「行かないって言ったのに~」とか「お母さんに会いたい」とか言いながら泣いていたそうです。

そして、その夜、マメが一言「明日は幼稚園行かない」と。

えぇ~そうなの?
笑顔で行って笑顔で帰ってきたのに。
こんなこともあるかもしれないとは思っていたものの、マメに限って・・・という思いも確かにあって、予想していたようなしていなかったような。

さぁ、どう対応しよう。
ちょっと焦ったけれど、その時は、「明日は違う遊びをするかもしれないよ」と言うと、「ん~行ってみる」との返事。
ふぅ。子ども特有の気まぐれかな。と軽く考え翌日も送り出しました。


翌日もお迎え時は笑顔で帰宅。
楽しかった?と聞くと、「うん、楽しかったよ。でも明日は行かない」。

なぜ???

やっぱり淋しいようです。
いままでずっと一緒にいて、離れている時間といえば、私の母と買い物に行ったり、夫と一緒に出かけたりすることくらい。
ほぼ同じ空間で同じ時間を過ごしていた3年半。
それが急に離れての生活になるんだから不安にもなるでしょう。
ましてや、双子を出産したときに、急に離れて会えなくなった期間があるので、一度不安になるともうどうしようもなくなるのかもしれません。

そして、とうとう、3日目の夜。
「明日は行かない」いつもより強めです。
「そっかぁ。行きたくないんだね。うんうん、淋しいもんね」
と言うと、「一緒がいいよ~。行きたくないよ~」と泣きながらそのまま私に抱っこされて寝てしまいました。

朝になり、「今日は行かない」を連呼。
とりあえずお着替えしてバスの所まで行ってみよう。
行きませんってバスのおじちゃんに言わないといけないし、と言って着替えをして、少し早めに外に出て三輪車で遊んだりしてバスを待ちました。

バスが見えると逃げたしたマメ。
とりあえず追いかける私。
抱っこしてバスの所まで連れて行くも行かないと泣き続けました。

先生「このままお預かりしてもいいですか?」と。
私 「どんなでしょうか?」
先生「バスに乗ってしまえば大丈夫だと思います」

この先生、先生歴18年のベテラン先生だとか。
何度もこういう場面を経験しているでしょう。
その先生が言うのだからと、今日は休ませますと言いかけた私でしたが、マメを先生に託すことにができました。

この日の見送りは本当に辛かったです。
家にいても、幼稚園でどんな風に過ごしているのか気になって何も手に着かず、11:57分に到着のバスですが、11:00頃には外に出て、双子をベビーカーに乗せたままウロウロしてました。

時間になり、バスがやってくると、笑顔で手を振るマメがいます。
先生、同じクラスのお友達にさよならして、誰もいなくなった後、私は道ばたでマメを抱きしめ泣いてしまいました。

笑顔で帰ってきてくれたことが本当に嬉しくて、マメのポケットのハンカチを借りて涙を拭いていたら、マメが「もう泣かんでいいよ」とホッペにちゅっとしてくれました。

親の私がなぐさめられました。
心配していたのは私の方だったのに、娘に心配されて・・・。

でも安心しました。

今日(20日)もちょっと「行かない」って言ったものの、前ほど強い口調ではなく、着替えもすんなり。
バスにも自ら乗っていきました。

もう大丈夫かな。

マメと離れているのは私も淋しいです。
でも、こうやって、親も子も成長していくんですね。
コメント (2)

風邪の猛威

2009-04-18 17:04:10 | つれづれ
私と双子、すっかり風邪にやられてしまいました。

双子が月曜日くらいから鼻水が出始め、体調の悪かった私は、しっかりその風邪をもらってしまいました。
週の中頃にはそろって咳も出始め、とうとう昨日の夕方に私は声が出なくなりました。

というわけで、今朝は子どもたち3人を伴って小児科へ。
毎度ながら私も一緒に受診です。
喉の腫れは、い~くんが一番ひどいらしく、味覚の落ちた私は症状が進んだ状態だと言われました。

鼻もつまるから、双子は機嫌が悪いし、夜も何度か起きるし、新しい生活の始まったマメのフォローもしなきゃいけないし、その他もろもろ。
それに加え、春の天気の不安定なこと。

と、今週はいろいろあったからな~。
風邪の悪化も思い当たることばかりです。

この土日で良くならないと困るな~という感じ。
しっかり薬も飲んで、暖かくして、今日はゆっくり眠らせてもらおう。

健康が一番ですね。
しみじみ思います。
コメント

入園式

2009-04-10 17:27:16 | マメ(♀4歳)のこと
4/10 とうとうマメの入園式の日です

6時過ぎ、マメに起こされ夫起床
私は夜中に交代で起きた双子の寝かし付けがあって起きれず、ようやく6:40頃に起きました
起きた順番に朝食を食べ、身支度。
8:30に双子を保育園に預けに行きました
い~くんは何度か預けたことがあるので、分かっているのが少しグズっていましたが、に~くんはたくさんの子供たちの数にちょっと圧倒され気味。

時間もないので、そそくさと家に帰り車で実家へ。
一緒に参加したいという妹と一緒に父の車で幼稚園へ

幼稚園の玄関で記念写真をパチリ


教室に入り道具を片付けて

入園式をする遊戯室へ。

クラスに分かれて椅子が並べてありました
どこでも構わないとのことだったので、一番前の席に座らせました



式は約20分ほどでしたが、マメは目の前で話す人の方を見てお行儀よく座ってました。
この姿に夫も私も妹も少々びっくり

式の後、再び教室に戻り道これからのことをいくつか説明を受け、クラス毎に遊戯室で写真を撮り解散となりました。



この日は我が家にしてはハードスケジュールで、この後、両親と一緒に食事
双子は保育園に預けていたので、久しぶりにゆっくり食事をしたらとの母の計らいで。

その後、昼寝が済んだだろう時間を見計らって双子のお迎え。
そのまま入園の記念写真を撮りに写真館へ。
マメは制服での撮影ですが、双子は早速衣装選び。

着替えを済ませ、家族で写真を撮った後、姉弟での撮影。
これがなかなか・・・。

双子がじっとしていない
一人がおとなしく座れば一人が動き出し、動いた方を座らせている隙にもう一人が動き出す・・・。
スタッフの女の人と一緒になって機嫌をとって座らせじっとさせるのが大変

その後はマメ一人で何ポーズが撮影していました
私たちは双子の相手をするのでほとんどマメの撮影風景を見ることができませんでしたが、ずっと同じ写真館で撮っているので、マメの方が慣れたもの。
ちゃんと言われたとおりにポーズを撮りじっとしています。

写真選びの時間も双子はじっとしていなくてゆっくり選んでいる暇もなかったのですが、なんとか選び終え、予算も一応範囲内におさまったかな?という感じ。

その後、今度は夫の実家へ
普段制服を着ている姿を見せるのはなかなか難しいので、入園当日にできたら見せてあげたかったので、頑張って行ってきました。
さすがに義父は仕事のため帰宅時(20時過ぎ)までは制服で待つことはできませんでしたが、義母とは一緒に写真も撮れたので良かったかな。

張り切って過ごせた入園当日。

楽しい幼稚園生活を送ってくれたらいいなと思います
コメント (2)

春の庭

2009-04-01 17:25:21 | つれづれ
我が家の小さな庭の小さな花壇。

春になったらにぎやかになるようにと、チューリップやムスカリ、パンジーやアリッサムを植えていました。

今、チューリップが見頃、パンジーも日に日に花数が増えているような気がします。
チューリップの球根を植えた後、子供たちに踏み固められないようにアリッサムを植えていましたが、端の方の球根はやはり被害にあっていたのが芽がでませんでした…。
アリッサムも一つ虫にやられてしまいました。

花がらつみの手間を考えて今年はパンジーにし、株自体も少なくしましたが、やっぱりビオラにしてもう少し株も多い方が華やかだったな~と。

チューリップは花の縁が黄色いものにして花壇にある色を関連のあるものにしました。

毎年違うものにしてるんですが、チューリップは今年植えたものが一番好きかも…。
ムスカリがなぜが2株しか芽を出しませんでした・・・。
なぜでしょう???

花壇はこんな感じです。


(写真がまだつぼみの頃のものです。近いうちに差し替えます。)
かわいらしく咲いている花を見ると嬉しくて楽しくてたまりません。
もっともっと増やしたいな~。

賃貸でどこまでするのか、線引きが難しいです。

追記(4/4):他の花たちの写真もアップ♪


クリスマス前に植えた寄せ植え。
春になり、バコパも大きくなっていい感じかな?


かな~り昔、沿道に植えてあったユリオプスデージーを見て一目惚れ。
この家に住み始めた頃に植えて大事に育ててるものです♪

コメント