meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪遊び

2009-03-23 15:51:30 | こどもたちのこと
3/21 祖父母宅から車で15分ほどの所にあるスキー場に行ってきました。

父はさすがに子どもの頃から雪に親しんでいるだけあってスイスイ滑ります。
夫は何年か前に少しスノーボードをしたことがあるくらいで、もうずっとしてませんでした。
でも、せっかく天然雪のスキー場に来たんだからと、母と私で半ば強制的にスノーボードさせました。

とりあえず、マメとソリ遊びを楽しんで♪

なかなかスピードが出ます~~~。


↑い~くん(手前)、に~くん(奥)も雪の感触を楽しみます。

その後は、私と交代し、しばらくソリ遊びをして、夫も何度かボードで滑り降りた後、みんなで山頂まで登ってみることに・・・。
山頂にあるハウスで休憩して母と私はコーヒーを飲む予定で。
い~くんとに~くんは母と私でそれぞれおんぶ。一緒に山頂へ。
こんなことするから夜泣きするんだよ・・・と自己嫌悪。



子どものように喜ぶ夫とマメ。


↑超初心者かと思っていたら、意外とスイスイ滑り降りてきた夫(ごめん・・・)。


↑見事に雪をかぶった山々。

それぞれが楽しんだ1日。
この日は天気がここ数日で一番良くて、上着がいらないくらい、むしろ暑いくらいの天気でした。
私も楽しかったし、意外とソリが面白かったです。

もちろん、双子はその夜、夜泣きしました・・・トホホ。
コメント

水族館と休息

2009-03-23 09:54:14 | こどもたちのこと
3/20

両親と祖父母は従兄の結婚式へと行き、夫とマメは隣の市にある水族館へ。
私と双子は連日の興奮状態から少し落ち着いた生活に戻すためお留守番。

やっぱり昼間に興奮したり大泣きしたりした日は夜泣きします。
子どもたちもかわいそうだし、私も寝不足になるし、隣の部屋で寝ている祖父母も寝られないだろうし、家の中でゆったりと遊ぶことにしたんです。

まずはテーブルを端の方に寄せ、入り口の引き戸の前にはストーブと毛布でバリケード。
台所への引き戸は少し重たいので双子には開けられないので大丈夫。
こうして広いスペースを確保したあと、新聞紙を丸めたりちぎったり、ブロックで遊んだりして過ごしました。

お昼ご飯を済ませて、いつものように抱っことおんぶで寝かしつけ・・・。
すんなり寝てくれ、しばし私も休息~。

双子が昼寝から覚めてしばらくして、祖父母と両親、そして夫とマメが帰ってきました。

水族館は、マメはそれほど魚に興味がなかったのか、魚を見るというよりも、順路を示した魚の形の光プレートだとかに興味を持っていたようで・・・。
何か記念になるものをと思って売店に寄ったら、マメがチョイスしたのはアンパンマンシロフォン。
夫はちょっと悩んだそうなんですが、楽しい旅行にしてもらいたいと思ったのと、水族館でそれ?!という話ができるのもいいかと思い、それにしたそうです。

3歳の子に、特別な場所だからとか旅行だからとかって難しいと思います。
それよりも、いつも通りで、感じたまま思ったまま行動したりできることの方が大切です。
ここでこうして欲しいとかって親の都合ですもんね。

それでもペンギンは喜んでみていたそうです。

コメント

初!家族旅行

2009-03-20 13:03:35 | こどもたちのこと
今、初めての家族旅行で新潟に来ています。

私の父の実家が新潟で、祖父母や叔父叔母、いとこたちが住んでます。
今回、叔母のところの従兄が結婚し、その結婚披露宴に出席する両親にくっついて私たちもやってきました。
ちなみに私たちは出席しません(汗)

大阪まで船に乗り船中泊。私たちが泊まった部屋は、部屋に入ると右側に洗面台、左側にクローゼットその奥に2段ベッドが向かい合って2つあり、その奥に畳2枚分くらいのスペースがありました。



周りを気にしなくていいし、自由に動け回れるしで、子供たちは楽しそうでした。

港に着くまでに少し寝てしまったマメでしたが23時頃に就寝。
しかし、い~くんもに~くんも寝ない。
なんとか寝かし付けれたのが夜中の1時、やれやれと私も寝たんですが、2時半、い~くんがギャンギャン泣いて、再び寝かし付けて4時頃、今度は時間差で二人が起きて…。
またも二人をなんとか寝かし付けました。
来るまでに車中でかなり泣かせてしまったので、それが夜泣きにつながったんだと思います。

翌朝6時過ぎ、大阪を出発し、一路新潟の祖父母宅へ。いつもなら昼過ぎには着いている距離ですが、今回は我が家のチビたちが一緒。
一回の休憩を長く取り、降りた先で遊ばせました。
でもやっぱり長距離は大変。またもギャンギャン泣きます。機嫌のいい間に距離を稼ぐため休憩は子供たちしだい。

ようやく祖父母の家に着いたのは夕方4時くらいでした。

寝ていた子供たちを起こすと、初めて会う曾祖父母に人見知りと場所見知り。
なので、少し坂を登ったところで飼われている牛を見に行きました。
しばらく外の空気を吸って体を動かしたのでいつもの元気が帰ってきました。

早めの夕食&入浴で20時くらいには寝れるようになっていたものの、それから親戚やいとこがやってきたりで、またまた興奮。

それでもマメが寝たのは22時頃。
ボーイズは母と私でおんぶしたら、意外とすんなり寝てくれました。

しかし、23時半にに~くん。それからは朝まで交互に起きました。
力一杯のげぞってギャンギャン泣いて抱っこも難しいしなだめるのも一苦労。

日中たくさん泣いたり、興奮したりしたので、なかなか寝れなさそうでかわいそうです。
私も寝不足になるし、みんな泣き声で眠れなくなるし、い~くん、に~くんは今日はどこへも出かけず落ち着いて過ごして、夜はしっかり寝てもらおうと思います。

マメは夫と水族館に行きました。
マメ初の水族館です。
楽しんでるかな~。

お土産話が楽しみです♪
コメント (3)

に~くん退院( ソケイヘルニア)

2009-03-19 23:03:28 | つれづれ
3/14 に~くん退院の日です。

朝、7時起床。
今日も朝まで寝ました。
昨日、日中ほとんど寝ていたので夜はどうかと思っていましたが、いつも通りに寝て、朝まで寝てくれました。
夜中にギャンギャン泣いて困るという心配は気苦労に終わりました。

熱も36.6度と平熱。
7:30朝食もペロッと平らげ、またもや私のおにぎりを少し食べました。

9時に処置室で傷口のガーゼ交換と退院前の診察。
少し足の付け根のところが腫れてるというか膨らんでますが、今日が一番腫れるくらいであとは徐々に引いていくそうです。
切った袋が縮んでいく時に一緒に精巣が引き上げられて起こる精巣挙上。に~くんの場合、かなりの確率で可能性があると言われてましたが、今はそれほどでもありません。
万が一、精巣挙上になった場合は、手でつまんで下に引っ張る…ということです。ちょっと恥ずかしいです。

今のところ、先生が思っていたよりも腫れは少ないようです。

次回、18日に外来で手術後の経過を診てもらいます。

昼頃に実家に帰り、お昼寝が終わる頃を見計らって保育園に、い~くんを迎えに行きましたが、まだ寝ていました。
起こすのはかわいそうでしたが、先生が静かに起こしてきてくれ3日間の様子を聞き、い~くんを連れて帰ろうとするも、肝心のい~くんが先生に抱かれたまま私の方に来ない…。

きっと3日間なにも言わずに放っておいた私を怒っているんでしょう。
実家に帰っても母に寄っていき抱っこ。
夫が帰ってくればパパ抱っこ。

ようやく私に抱っこって寄って来るようになったのは16日の夜です。

何も分からないと思って、い~くんに何も言わずにいたのがいけなかったんだと思います。
たぶん、い~くん、怒ってたんだと思います。

ホントにホントに反省しました。
これからは3人に同じように、そしてそれぞれに合わせて接していくつもりです。あぁ分かってはいたつもりで分かってなかった近ごろの私。それに気付かせてくれて、い~くんに感謝です。
ありがとう、meine Schoenen Kinder.
コメント

に~くん手術( ソケイヘルニア)

2009-03-13 22:39:26 | つれづれ
とうとう手術の日です。

朝まで起きずに寝て、6時半に起床。
ちょうど看護師さんが様子を見に来て、満面の笑みで朝のご挨拶。
しかしその後すぐに浣腸されてしまうのです(涙)

それからはもう機嫌が悪くて、ちょっと何かで気を引いても数秒で愚図りだし、ずっと抱っこしてました。
しばらくしてブリリ~と出ました(笑)
看護師さんにチェックしてもらうと、ウンチの状態も量も問題なく、手術の時間を待ちます。

8:30頃、体を拭いてもらい、青い手術着に着替えました。
8:50看護師さんと一緒に手術室へ。
9時からの手術の患者さんが手術室前で並んでます。13の手術室があるんだとか。結構あるんですねぇ、びっくり。
列の最後だったに~くん。担当の先生が側に来ても知らんぷり。私にピタッとくっついて離れません。
しばらくして順番がきて、手術室の看護師さんに預けるとすんなり抱っこされて入っていきました。

大泣きされたらますます心配になるところですが、ホッとしました。
でも小さくなる後ろ姿を見ていると涙がこぼれそうでした。

手術終了などの連絡は病棟に入るので、病室で待っているように言われたので、手術が終わるまで病室にいることにしました。

遅めの朝食をとり、荷物の整理をしたり、雑誌に目を通したり、入院の記録を付けたりして過ごしてたら、10:30頃、先生に抱っこされてに~くんが帰ってきました。

目が覚めて泣くに~くんを先生が抱っこしてきてくれたようです。

左手に点滴と酸素を測る機械が付いてます。酸素マスクもありますが、できたら付ける程度でかまわないとのことでした。

手術は無事に成功、詳しい話はまた後ほどということで、まずは看護師さんが部屋で過ごすために、点滴の機械や酸素の機械を整えてくれました。

立って抱っこじゃないと愚図るので、ベッドから下りて抱っこしてたらウトウトし始め、しばらくしたら寝ました。

11:30頃、先生が手術の詳細の説明に来てくれました。
傷口は2.7センチほど。
に~くんのヘルニア、大きいとは聞いていましたが、長さが8センチもあったそうです。
全部取ると時間もかかるし本人も痛いから、根本の方で切って縛り、残りはそのまま中に残してあるそうです。
中に残しても、今は触るともう一枚なかに皮がある感じでブヨブヨするのが分かるけど、次第に小さくなりいずれは触っても分からなくなるらしいです。
分からなくなるといわれても、それって小さくなって体に吸収されるってこと?よく分かりませんが、また改めて聞いてみようと思います。


その後はちょうど1時間おきに目を覚ますものの抱っこするとまた眠りに付く…を繰り返し、14時にお茶を30ml飲み、吐くこともなかったので30分後さらに50ml飲みました。

昨日の夜に飲んだのが最後だったので、喉も乾いてたんでしょう。あっと言う間に飲み干しました。

14:30に看護師さんが来て、何か食べてもいいというので、大好きなヨーグルトを食べ、さらにボーロを食べました。

これも問題なく完食したので、点滴も外れました。
これで自由になりました。
朝昼と抜いてペコペコだったんでしょう。
さらにサツマイモ蒸しパンも食べました。

17時頃、先生が止血具合を見に来て、ちゃんと止血できていることを確認し、傷口に当てていたガーゼを外してくれました。
これで、明日、退院できるだろうとのこと。
良かったね、に~くん。

18時。
さすがに夕飯はいつものようには食べられず、4割程度でごちそうさま。

夕食の後は病棟内をお散歩したり、部屋の中でお絵描きしたりして過ごしました。

20時過ぎ、今日も夫とマメが面会に来てくれました。途中でホットコーヒーを買ってきてくれて、束の間の団欒です。

マメはおばあちゃん(私の母)に買ってもらったと嬉しそうにアンパンマンの傘を見せてくれました。
気になっていた顔のできもの。
昨日赤くなっていたところは薄くなっていましたが、目の周りが腫れぼったいというか、クマができる部分が少し赤くなっているような気がします。
顔も全体的に粉っぽいというかハタケ(←この言葉は全国区なのかな?)ができてる感じ。
早く治るといいんだけど…。

帰りも昨日と同じく愚図ることなく帰っていきました。明日の朝、迎えに来てくれるの待ってるからね。

21:30頃、今日もおんぶでに~くん就寝。
今日はよく頑張ったね。
明日は退院。相棒のい~くんも待っているよ。
コメント

に~くん入院( ソケイヘルニア)

2009-03-12 22:57:25 | つれづれ
今日、に~くん、ソケイヘルニアの手術のため入院しました。

朝7時起床
 ↓3人とも寝呆けまなこなまま車に乗せられ実家へ7時半 仲良く朝食&着替え
8時半 マメとい~くん保育園へ
10時過ぎ に~くん、いよいよ出発
10:40 診察&入院手続き
11時 病室へ
その後、病棟・病室の説明を受け、計測。この時に一緒に来てくれていた母が帰宅しました。

に~くんの担当は男性看護師さん。別に男の人だからと言うわけではないでしょうが、説明も処置もどこか頼りなさげ…しかし、みんなこうやって経験を重ねていい看護師さんになるんだよね、がんばれ若者よ!

夜中にギャンギャン泣き出して同室の人に迷惑をかけるのが嫌だったので、個室にしてもらいました。
先生や看護師さんは、小児病棟はお互い様ですよ~って言うけど、やっぱり気を使うし、やっと寝た我が子が他の子の泣き声で起きてしまうのって正直イヤだと思います。
マメの時に大部屋を経験していますが、ホントになかなか寝ない子だったので、他の子が泣きだしたり、扉の開閉の音にビクビクした記憶があります。
それに個室だったら、マメやい~くんも面会に来られるし。

再び病室に戻ってきたら12時。もうお昼ご飯の時間。
しばらくしたら看護助手さんが配膳してくれました。
普段はもう私たちと同じ食事を食べてるに~くんですが、今日は離乳食後期メニュー。 お粥にすべてマッシュされたおかずたち。量はまぁまぁあります。
さすがのに~くんもこんなには…と思っていましたが、なんのこれしき、ペロッと平らげてしまいました。さらに私が自分用に持ってきていたおにぎりも食べちゃいました。
いや~分かってはいたけど、よく食べます。

13:30いつものようにおんぶすると、しばらくア~ア~言ってたと思ったらほどなくあくびをしてすんなり寝ました。

その後、小児外科の先生の回診。病状、手術の説明は終わっているので、特にすることなく、さらにしばらくして麻酔科の先生が説明に来てくれました。

手術室に入ったらすぐにガスで眠り、その後、点滴による全身麻酔をするそうです。
さらに手術中に確実に呼吸ができるように気管に管を入れるということでした。この管を入れたことで、手術後しばらく声が出しにくいかもということでした。

麻酔科の先生が、お昼寝中のに~くんを見て、「カルテを見て小さいなと思いましたが、今見た感じ、しっかり大きくなってますね」って。
7940gのに~くん。小さくて体力のない子だと手術に耐えられないとかあるみたいですが、に~くんはここまでしっかり大きくなっているので大丈夫でしょうと。
全身麻酔による合併症だとか危険性だとか説明があればあるほど不安にもなります。天秤に掛けるわけではないけど、腸が出ているときに腹膜が閉じてしまった時のことを考えれば、必要な手術。
先生たちを信じてお任せするしかありません。

その後、15:30入浴。
その少し前に義母の面会。入浴中は部屋で待っていてもらいました。
に~くんにお菓子やヨーグルトの差し入れ、私には夕食のお弁当を持ってきてくれて…ホントにいつもありがとうございます。

お風呂上がりにヨーグルトを食べて、17時前、玄関まで義母を見送り、18時のご飯も全部食べて、部屋中を歩き回ってたっぷり遊んで、21時半頃寝ました。

20時半頃、夫とマメが面会に来ました。
30分ちょっと部屋にいて帰りましたが、マメは以前とは違い一緒に帰ろうと愚図ったりしませんでした。
後で夫に聞いたら、帰りの車の中で、顔をくしゃくしゃにしながら静かに泣いていたそうです。

しっかり者で責任感の強いマメ。弟のためにも私たちに心配をかけないためにも気丈に振る舞っているんだと思います。

マメの両方の目尻の下が赤くなっていました。それに上唇をよく舐めているようで、唇が赤くなっていました。
もしかしたらストレスからかも…と夫婦で心配しています。
だとしたら明日はもっとひどくなってる?!
心配です。


明日の手術は9時から。
5時まではお茶や水なら飲んでもOKで、全身麻酔のため絶食で手術に臨みます。

うまくいきますように…。
コメント

その後…

2009-03-09 15:00:34 | 双子(♂1歳)のこと
双子が卒乳してから1週間。前回、記事にした4日までは毎日、朝まで寝てました。
それから2日おきに、夜中にギャンギャン泣き出して2時間くらい泣いてます。
まぁすごい大声で泣きますよ。マメの時には経験してない夜泣き、これがそう?!
朝まで寝ない日は夜中に2時間かけて寝かし付けなきゃならないなんて…余計に寝不足です。
そのせいかどうかは分からないけど、久しぶりに口内炎ができました。しかも3つ。左下唇の上の方(分かりにくいか〓)と左上唇の内側(?)に2つ。
この2つ、めでたくくっついて巨大な口内炎に成長しました(涙)
何をしてても痛いし、してなくても痛い。

昨日(今朝)は、に~くんが起きました。
なぜか立って抱っこしないと寝ない。これはい~くんの場合も同じ。なんとかトントンで寝かそうとしても、ウニャウニャ言ってる時はいいんですが、悲鳴みたいに泣きだした時には通用しません。

今日は朝から頭痛と眠気と闘ってます。
薬を飲み、マメがDVDを見ているそばで少し寝て、双子が昼寝している間にご飯の用意をしておこうかな。
コメント

卒乳完了!

2009-03-04 09:50:27 | 双子(♂1歳)のこと
2/25に開始した双子の卒乳計画。

無事に完了しました。
夜中だけの授乳にした2日間は夕方から胸がガチガチになって、子どもの発熱時の冷却シートを貼ったり保冷剤で冷やしたりしながらなんとかしのぎました。
今思えば、少し張ってきた時くらいにそうやってれば、もう少し抑えられたかな~と思います。

夜中の授乳をなくした27日の夜中(28日)、2:30頃まずい~くんがウニャウニャ…ほどなく、に~くんもウニャウニャ。
ウニャウニャ言っているだけならいいんですが、そのうちギャーギャー泣きだしました。

しばらく歌を歌いながらトントンするも泣き叫ぶだけで、まったく寝ず。
寝室は泣き声が響くので居間している和室へ移動。
夫と私でそれぞれ一人ずつ抱っこして寝かし付けようと頑張りました。

一人がウトウトし始めるともう一人がより大きな声で泣き出し、せっかく寝ようとしていた子が起きる。
これを何度か繰り返し、い~くんが4時頃、に~くんが4:40に寝ました。

に~くんは私が寝かし付けていたんですが、ようやく寝たに~くんを抱っこしたまま布団に入ったら、少ししたらまた泣き出して、今度はトントンしたら10分程で寝付きました。

翌日は、い~くんは朝まで寝て、に~くんは5:30頃にウニャウニャ言うも再び寝付きました。


それから今日まで二人とも朝まで寝てます。
寝る時間こそまだ定まらないけど、三人一緒に寝かし付けられる日も間近!?

私もしばらくぶりの連続睡眠。なんとなくスッキリ目覚められるような…。

おっぱいも最初の二日間だけで、あとは今のところ痛みも張りもなく過ごせてます。
ただ見せると欲しがったらいけないので、まだしばらくは双子との入浴は控える予定でいます。


ともあれ、なんとか無事に卒乳できたこと報告しま~す♪
コメント (2)