meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガーデニング再開!

2008-11-25 23:06:32 | つれづれ
私の趣味の一つにガーデニングがあります

双子を妊娠・出産・育児し、そんな余裕はどこへやら・・・殺風景な庭でしたが、とうとう再開しました

賃貸ですが、少し庭が付いている我が家のアパート
マメや近所の子たちの土いじりにもちょうどいいサイズの庭で、両サイドのデッドスペースが私のガーデニングスポット

ピンコロレンガでなんとなくな花壇を作っていましたが、この1年ほぼ何も植えられることなく淋しい風景でした

これから双子が歩き出したら、またそんな余裕はなくなるかもしれない!
この時期、ガーデニングには適した季節!
そろそろ私の気持ちがウズウズし始めた!
そんな条件がそろって、とうとう再開です。

苗やさんで花を調達し、花壇のレンガを(一部)修正し、成長を想像しながらマメと一緒に植えつけました。

        

また植えつけて数日なので、株自体も小さめですが、これから春にかけて、しっかり根を張り、花壇いっぱいになる予定です
大きくなることを想定して少しゆったりめに植えつけてます
真ん中に黄色のパンジーも追加で植えました。
そして、反対側の角にもピンク系のパンジーを植えました。

その角にはすでに2年前に植えたユリオプスデージーが咲いています。
植えつけた時には草花だったのに、今ではすっかり木です
沿道に植えてあったのを見かけてから、寒い時期に黄色い花をたくさんつけてくれるこの花が好きです。

これからちょこちょこ庭とプランターにお花を増やしていく予定です。
あと、ハンギングも

朝起きて、カーテンを開け、庭の花を見ると嬉しくて、一日が幸せな気分でスタートできます

↓ クリスマスバージョン?①   
   

先日も、実母と姉家族と再び苗やさんに行き、クリスマスバージョン②を作りました。
母がとりあえずは植える予定のない苗もくれたので、ハンギングもできました

基本的にはパンジーを多く使ってます。
本当は、ビオラの方が好きなんですが、ビオラは花数が多くなります。
となると、花ガラを摘むのが大変になるので、今年はパンジーをチョイス。

すでに花壇にはチューリップとムスカリの球根を植えてあるので、春になったらそれらの花とのコラボが今から楽しみです
コメント (4)

修正10ヶ月健診

2008-11-24 00:41:50 | 双子(♂1歳)のこと
20日、に~くんの修正10ヶ月のフォロー健診に行ってきました。
実は本当は13日の予定だったんですが、私が勘違いをしていて受診せずにいたら、病院から連絡があり、20日に変更してもらったという経緯があります。
連絡がなかったら、全然予約もしていない日に、のこのこ出かけて行くところでした。
危なかった~

さて、病院へ行く車の中で朝寝したに~くん、そのまま抱っこで外来窓口へ。
受付を済ませるとすぐに採血に呼ばれ、眠ったまま処置室へ行きました

せっかく眠ったのに、夢の中から一気に現実(しかも痛い)へ連れ戻されるのはかわいそうだな・・・と思っていると、少し向こうから呼ばれ、そのまま計測。
チクッと針が刺さったときに泣いたもののすぐにご機嫌になったそうです。
良かった

看護師さんと談笑しながら計測し、再び待合いで待っていると、すぐに小児外科に呼ばれました。

今日はソケイヘルニアの経過も診てもらう日です。
どうも前回の先生とは担当が変わり、前回の受診(4月)から期間が空いたことに先生自体が驚いていました
そんなに放っておかない的な話しぶりでしたが、その辺は先生によっても考え方が違うんでしょうね。
以前の話では、1歳くらいまでは様子をみて、気になるようならそれまでに再度受診、という話でした。

なので、私の中でも主治医(新生児科)の先生も、今日のフォロー健診で診てもらう予定でした。

受診の結果、結局、来年の3月頃に手術をしようという話になりました
もう立って歩く時期になっているから、ヘルニアが戻る可能性はほとんどない。このままにしておいてもいいことがない。ということです。

1歳まで待って・・・ということだったので、もう覚悟はしていましたが、やはりちょっとショックですね

手術となると2泊3日の入院。
マメのこと、い~くんのこと、夫のこと、考えることはいろいろあります。
マメの入園も4月に控えているので、3月中に手術をするのがいいと思います。
でも、に~くんのためにはしておいた方がいい手術。

この次のフォロー健診(1月)の時に、小児外科で手術の日程を決めることになりました。

発達外来の方では、血液検査の結果、まだ貧血が出ていましたが、少し回復していました。
正直にインクレミンがあまり飲ませられていないことを話すと、飲まずに回復していっているなら問題ないとのことで、残っている薬をボチボチ飲ましながら様子をみるということになりました。

今回は気になることをメモにしていったので、それに対して先生が説明をしてくれました。

RSウイルスに対する免疫注射シナジスの接種時期については、もう、い~くん、に~くん、共に接種しないということです。
在胎33週で生まれた彼らですが、RSウイルスの流行時期に6ヶ月未満だったので、前シーズンは接種したそうで、今は順調に成長している(喘息等の病気がない他)ので、接種しないそうです。

シナジスは高価な薬なので、接種する基準(?)が厳しいらしく、今後、技術が進歩して大量生産が可能になれば、もっと打てる範囲が広がるかもしれないということでした。

ちなみに自費でも打てるけど、そうなると今の体重から計算すると1回に22万円ほどかかるということでした
なので、ワンシーズン100万です。と先生。

そんな高価な注射を前シーズンは3回もしてくれたんですね
体重がまだ2000gくらいだったので、そこまではしなかったでしょうけど、自費ではとても打たせてあげられないでしょう

しかし、RSウイルスに感染する可能性はこれからもあるわけで、2歳くらいまでは、かかると大変だといわれました。
かかってしまうと、免疫のない二人、入院することになるようなので、暖かくなる春まで手洗いうがい、予防に気をつけていこうと思います

元気にこの冬を乗り切れますように
 


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

コメント

未就園児くらぶ

2008-11-17 22:52:27 | マメ(♀4歳)のこと
先月から、幼稚園の未就園児くらぶに参加してます

来年度、入園する子供と親が一緒に幼稚園に慣れるための子育て支援事業の一環なんですが、先月から私たち親子を含め3組の新しいお友達が参加しました

この幼稚園では月1回、このくらぶが開催されていて、10月の活動は園内にある展望台でお弁当を食べよう!という日でした。

山の斜面を利用して作られた幼稚園なので、園舎の裏は山。
ジグザグに作られた遊歩道を上っていくと市内はもちろん、海まで見える展望台があります。
この日は少し曇り模様のお天気でしたが、それでも見渡す景色は良かったです。

まずは園舎の中の遊戯室でその月の誕生会をして歌を歌ったり手遊び歌で遊んだりした後、私たちの自己紹介。

その後、上述の展望台へそれぞれ移動。
途中にある木の遊具で遊びながら上がって来るもよし、一気に上って展望台を楽しむもよし、う~ん、自由です
一度、展望台で簡単な説明を受けた後、30分くらい自由に遊んでからお弁当タイムになりました。

前にも書いたことがありますが、食の細いマメ。
それに食べムラも・・・。
お弁当をどれほど食べるのか。
作っても残されては悲しいし、でも外で食べると張り切って食べそうだし。

とりあえず、この日は少ないかなという程度で作ってみました。

お弁当箱は、アンパンマンのデザート容器。
そうデザート容器ですから、小さいです。

それでも食べるのか心配しましたが、みんなと外で食べるのは楽しかったらしく、ペロッと食べてくれました
いや~嬉しかったです




↓どんどん先を行くマメ


↓展望台付近から園舎を望む           展望台からの眺め↓
  

こんな開放的な場所で3年間を過ごせるのって、私からすればとても贅沢~。
充実した時間を過ごしてもらいたいです。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
コメント

あっという間

2008-11-16 00:35:46 | こどもたちのこと
気が付けば11月も半ば
今年も残すところあとひと月半となっています

前回の更新から約1ヶ月。
どうしてこうも時の経つのは早いのでしょう・・・。
年取るはずです

しかし、パソコンつけてもメールチェックとブログ駆け足訪問がやっとで、携帯で時間のある時にちょこちょこ記事を書いても投稿するにいたらず・・・。
あれよあれよと時間ばかり過ぎてしまいました

その間に、我が家の子どもたちもそれぞれ成長して、

マメは先月から幼稚園の未就園児クラブに参加してて(親子くらぶ)、先月と今月とすでに2回通いました
本人もすごく楽しんでて、月イチの活動では物足りない様子。

普段の生活では、やっぱりじっと座って食べることができず、しょっちゅう怒ってます
あと、自分が何か言った後、「○○って言って」と台詞を指定してきます。
返事をする前に、そう言われるので、イラッとする時もありますが、たいてい言われたとおりにしています。これってどんな意味なんでしょう?
心理的にはどういうことなのか気になるところです。

そして、い~くん。
11月1日に数歩歩き、今は2メートルくらいの距離ならヨチヨチと歩いてくるようになりました
満面の笑みで両手でバランスを取りながら歩いてくる姿はもうかわいい
親ばかですが、この姿を見られるって最高に幸せなことだと思います。
しかし、月齢では11ヶ月です(修正10ヶ月)です。
もう少しゆっくりめの成長でいいのにな・・・しっかりハイハイして体を作ってから歩いてもいいのにと思いながら、やっぱり成長は嬉しいものです

に~くんはというと、こちらは少し筋力が弱いようで、最近ようやくしばらく立っていられるようになりました。
先日、10ヶ月健診の再健診に行った時に、筋肉を締めるという漢方を処方されました。こちらはヘルニア対策で処方されたのですが、歩くの(成長)が遅い子などにも使う漢方という事で、無理に飲む必要はないけれど、飲めるようなら3ヶ月くらいは服用したほうがいいとのことでした。
しかし、に~くん、薬はおろか、離乳食に関しても好き嫌いがはっきりしていて、自分の好きじゃないものなら、口をへの字にして顔全体を後ろに反らして拒否
薬なんて飲めたもんじゃない。
たとえ無理やり飲まそうとしても、飲み込まずダラ~っと全部洋服に飲ませておしまい
どうしたらいいんでしょう・・・。
貧血予防の鉄剤、インクレミン、最近飲ませれてません

離乳食は二人ともよく食べます。
いや~、マメは(今でも)食べない子なので、食べる子っていうのは、こういうことなのか~と嬉しいやら将来が不安やら。
しかし、ご飯の時間は、顔中、いや、体中、いや、そこら中グチャグチャ
しかもタイミングが悪ければ、二人してギャンギャン叫びだす。
こうなったらもう口にご飯を運ぼうが受け付けてくれません。
毎回かなり戦闘モードでかかる必要があります

今はすでになんとなく3回食に進めていて、日中は特に欲しがることがなければ授乳はせず、欲しがったら、二人同時に飲んでいただいてます。
い~くんのミルクも飲まない日もあって、離乳食+母乳でまかなえるようになってきました。

私は壁とかクッションとかにもたれて服をめくるだけ、あとはそれぞれが勝手に飲んでくれてます
でも、途中で、二人がごぞごぞ動き出すので困り者。
じっとして飲めないのか!!
痛いじゃないか!!
我が家の子供たちは、食事中にじっとしていられないようです

それに、最近、夜中に二人が同時に起きるようになりました
これまでは起きても時間差があったのに、同時に起きるので、私の両側に二人を寝かせ授乳します。そう寝たまま。
私のおっぱい、卒乳後はあわれな姿になるでしょう
時々、早く卒乳したいと思うようになりました


今日は夫が飲み会に行ってます。
いつもおんぶしたまま洗い物してくれたり、子ども達をお風呂に入れてくれたり、何でも文句一つ言わずする夫です
仕事で疲れているのに、嫌な顔せずやってます
今日は少しでもリフレッシュしてこれるといいんですけど

さぁ、私は何をしようかな~

ちなみに明日の朝は、全粒粉入りの食パンです
コメント (2)