meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3歳

2008-07-23 22:58:48 | マメ(♀4歳)のこと
7月16日はマメの誕生日でした。

2歳の誕生日の記事には、壮絶な2年間でした・・・って書いた覚えがあります。

それから1年。
本当に成長した1年でした。
何でも自分でできる(やりたがる)し、聞き分けもよくなったし、お友達との“貸してどうぞ”もスムーズなことが多くなりました。

なにより、双子の弟が生まれてからのお姉ちゃん振りには目を見張るものがありました。
自分が中心だった生活の中に、赤ちゃんが、ましてや2人もやってきて戸惑いもためらいもあっただろうと思います。
でも、上手に受け止め、受け入れてくれました。
双子が家に帰ってくるまでに2ヶ月ほどあったから、それが良かったのかもしれません。
今は、弟達の世話は積極的にしてくれるし、気が利くし、今では私の方がマメを頼って生活しているくらいです。

親ばかだな~って思います。
マメが本当にかわいいです。
双子が産まれて、マメの愛おしさが増したように思います。
私たちがこうあって欲しいと望んだとおりに成長してくれてて、のびのびと元気に子どもらしい子どもに育ってくれてます。

今日、散歩に行きました。
自宅から少し行くと、たんぼや畑が広がっているんですが、ふと畑を見るといろんな野菜がなっているのが見えました。
スーパーの野菜売り場で見るんじゃない、自然の姿を教えるいい機会だな~と思ったので、マメに「ほら、ナスだよ。あっちはキュウリ」と教えると、ぶら下がるナスを見て、
「触ってもいい?」と聞いてきます。

「(いいよって言ってあげたかったんですが)ん~、見るだけね」というと、しばらくしゃがみこんでナスを見つめてました。


あ~かわいいな~と単純に喜んでしまう私です。

積み木で何かを作る姿、白い紙に顔とも形とも分からないような絵を描く姿、ちぎったり貼ったり真剣に作業する姿、楽しくてたまらなくてはなうたを歌いながら走り回る姿。

どれも日常の一部分です。
毎日その姿を間近で見ることができて本当に幸せだな~と感じます。

もちろん、自我もちゃんと芽生えてるので、イラッとすることもあります。
反抗期も入ってきているのか扱いづらいこともあります。

でも、私にとっても幸せな時なんだろうな~って思います。
一人で3人の世話をするのは大変ですが、子ども達といるとやっぱり楽しいし、嬉しいし頑張れます。

マメの場合、壮絶な2年があったからこそ、しみじみそう思うような気もしますが(笑)

双子の世話をして、(最低限の)家事をして、マメが思うように充分な相手をしてあげれてないことはよく分かっているんですけど・・・、このかわいい盛りは手元に置いておきたい!私のわがままです。

大変だけど、思いっきり大変な方が心にも体にも残る!!
子育ては大変なくらいがちょうどいい!!

そう思うようにしています。

でも、不思議です、子育ての大変さは、振り返ると笑い話になるんです。
その時は本当に大変だったのに、今の姿を見ると嘘みたい、信じられません。
親も子も成長してるんですよね。

反抗期の3歳のスタートです。
また壮絶かもしれません(笑)
双子もいるし、テンテコマイかも。

でもやっぱり、meine schoenen Kinder、私のかわいい子ども達。
一番近くで見守っていきたいと思います。
コメント (2)

離乳食スタート

2008-07-19 01:13:37 | 双子(♂1歳)のこと
7月18日 生後7ヶ月(修正月齢6ヶ月)

ようやく離乳食をスタートしました。
主治医の先生からは先月末くらいから始めてもいいと言われてましたが、引っ張りに引っ張ってこの日に・・・。

ずいぶん前から、食事の時に箸の動きを追いかけたり、食べ物を見てよだれを垂らしたり、お皿に手を伸ばしてあやうくひっくり返しそうになったりしてた二人。
マメがあんまり食べないことへのトラウマからかなかなか踏み切れないでいた私です。

なんとか二人には食べることに興味を持ってもらいたい(もちろんマメにも)、そう思ってます。

マメの時は野菜スープからでしたが、今回はいきなりおかゆ(10倍がゆ)から。
祖父母が作った新潟産コシヒカリ(どうしてもこれを一番に食べさせてあげたかった)を鍋でコトコト炊いて、朝寝の後の機嫌のいい時間に食べさせられるようにと準備しました。

炊けたおかゆをすり鉢ですり滑らかにして・・・そのままだとなんだかねっとりなので白湯で伸ばしましたけど。
ビデオをセット(固定)して、い~くんをいつもマメが座っている椅子に座らせクッションを背もたれにしスリングで固定、に~くんはハイローチェアに座らせ二人を並べました。
その状態で二人の映りを確認、二人の機嫌も確認して、さぁいざ!!

二人に食べさせるのはもちろんマメ(食育も兼ねて)です。
本人もやる気満々。
「ご飯ですよ~」
「やっと食べれますね~」
と二人に話しかけながら離乳食はスタートしました。

椅子に座らせた辺りから二人の視線はマメの前に置いてあるおかゆに釘付け。
マメはに~くん側に座っていたので、少し遠目のい~くんは身を乗り出すように、に~くん側に傾いてその時を待っています。

最初におかゆを食べたのはに~くん。
マメに突然口におかゆを運ばれ、ちょっと難しい顔をしましたが、上手に口を動かして食べて(飲んで?)ました。
続いてい~くん。
こちらは顔色一つ変えず、おかゆを食べて(飲んで)ます。
い~くんに食べさせてる間も、に~くんの視線はおかゆに注がれ、次の一さじを待ってます。
その姿に、もう一さじ、さらにもう一さじ、結局5さじくらい食べさせました。

まずは一さじからじゃなかったっけ?
たかがおかゆ、されどおかゆ、このおかゆにこれだけがっついてくれるなんて誰が想像したでしょう?

「まだ欲しいの?」
私が双子にそう話しかけたら、マメがすかさず、冷凍庫に入れたストックおかゆを取り出そうとしています。
世話焼きお姉ちゃんマメ、おかゆを欲しがる弟に、次のを用意してあげようとしたんでしょう。

「それは明日の分だからね、今日はもう終わりよ」
と説明するとマメはおかゆを冷凍庫に戻し、
「今日はもうおしまい、また明日ね、ね、いい?」
と弟をなだめてました。

本日の離乳食タイムが終わるというのがなんとなく分かったんでしょう、い~くんもに~くんも泣き始めました。

そっそんなに?!

母は嬉しいです。
明日からもおかゆ、頑張って(マメが)食べさせます。
明日はもっと食べさせていいの?
ん~、分からない。
2人目なのに、困りました。

とりあえず明日は今日と同じくらいにしときましょう。
土曜日だし、連休になるし。
しばらくはこの程度で様子を見てみます。

今はまだおかゆだけだけど、進んでくると大変そうです。
でも、食べてくれるんなら、母は頑張ります!!
コメント (2)

じんましん

2008-07-11 13:01:23 | マメ(♀4歳)のこと
水曜日の夜中、マメが足やお腹がかゆいと言いながら目を覚ましました。
完全に起きることはないもののかゆくて眠れない様子。
かゆみ止めを塗ってしばらくかゆみと戦ってなんとか寝ましたが、翌朝見てみるとなにやら右足の裏側にブツブツができてます。



夜中にかゆがっていた所を確認してみたら、足ほどではないものの、ブツブツが。
蚊?
 夕方の外遊びの時虫除け塗るの忘れたかも( ̄□ ̄;)!!
ダニ?
 1週間くらい布団干ししてない( ̄□ ̄;)!!

しかしダニだったらマメしかブツブツできてないのはおかしいし(となんとかダニじゃないと言い訳(^o^;)
慌ててシーツをはがし洗濯、敷き布団も干しました。

翌日の夕方になっても症状がかわらないので、今日、朝イチ小児科に連れて行って来ました。
金曜日は妹が休みの日、8時すぎに来てもらい双子を頼んでマメを小児科へ。

診察の結果、毛虫のとげによるじんましんだろうとのことでした(ダニじゃなかった(^o^;)。
体がほてるとかゆくなるから炎天下の外遊びの禁止、長湯をしないようにと指示を受け、塗り薬、飲み薬ともらって帰ってきました。

毎日、外で近所のお友達とかなり自由に遊んでるマメ。
どこでも座るし、草も葉っぱも触りまくってます。
触れたり感じたり、五感をフルに使って遊んでほしいとの思いから、自由にさせてましたが、遊ばせる場所の選定は親がしっかりしてあげないと元も子もないですね。

1週分の薬を飲んでまだ治らないようなら再受診です。
一番ひどい足の裏、かゆそうだし早く良くなるといいな。
コメント (4)

最近の成長ぶり

2008-07-04 01:12:48 | 双子(♂1歳)のこと
最近、ブログの更新がなかなかできません・・・。
ブログの訪問は時々してますが、コメントすることもできず、読み逃げになってます。ごめんなさい。

成長の節目なのか、い~くんもに~くんも生活のリズムが少し狂っていて、昼寝のタイミングも夜寝るタイミングもずれてます。
今までは、二人同時に寝てる時間があったのに、い~くんが昼寝から覚める頃にようやくに~くんが寝る・・・またその逆ということが多く、日中は、常にどちらかの寝かし付けをしつつ、マメと遊んで(外もあり)ます。

なので連日の長時間の寝かしつけに疲れ、夜は、一緒にそのまま寝てしまうか、寝かしつけに成功しても疲れがたまってて、やっぱりもう寝るか・・・となり、パソコンに向かうことがほとんどなく・・・。

しかし、そんな中でも、双子は確実に成長してます。

というわけで、最近の成長ぶりを少し振り返ってみたいと思います。

6月15日、い~くん、右下の前歯が生えました。
6月19日、またまたい~くん、左下の前歯が生えました。
6月27日、に~くん、左右下の前歯が生えました。
さらに、6月15日には、二人そろってズリバイを開始。
今では部屋のあちこちへ体を器用に動かし移動しています。

い~くんは、お腹を軸にしてグルグル回転し、ゴロンと寝転びまたうつ伏せに、その場でまた回転しゴロン。
これをくり返し確実に移動しています。
体が重いからかな?ハイハイとは違いますが、彼なりに工夫して動いています。
でも、悲しいかな目の前のものが取れない。
彼の移動手段、グルグルゴロンでは、目の前にあるものは取れないんです。
手を伸ばしては取れずに最後は泣いて怒って主張しています。
見かねたマメが時々、手が届くところに取ってあげたりしています。
頑張れ、い~くん。

に~くんは、もっぱらほふく前進。
左右の手はグーのまま腕を前後に置いて体をグッと引き寄せる。
これがなかなか早い。
目の前に欲しいものがあれば、あっという間にたどり着きます。
体が軽いからかな?

性格は、い~くんが一つのことにじっくり楽しむタイプ(あんまり遠くまでいけないからか!?)、に~くんは、いろんなことに興味津々タイプ(あちこち動けるから?)。
これからどんどんいろんな特徴が出てくるんでしょうけど。
見てて面白いです。

しかし、二人があちこち動き始めたので、マメのおもちゃのうち、小さいものや二人が触ったら危なそうなものは片付けなきゃいけません。
分かっていても、なかなか時間がなく、こちらも疲れていて思うようにできてないのが現状です。
それに、家具の角にもガードをつけてあげなきゃいけないし、そのための両面テープ(取れないように思い切ってボンド!?)も必要だし、しなきゃいけないことも山積みなのに、最初に書いたように、最近の二人のリズムのズレにちょっとお疲れモードな私たちです。
暑さのせいもあるかな~。

今日(3日)も21時過ぎ、に~くんをスリングで寝かしつけ、ベッドに寝かし着地に成功したもののしばらくして起きてしまった!!
添い乳するも寝ない!
なんとか寝かさなきゃ、ズレたリズムが戻らない!!と思い、寝返りしようとする体を戻しつつ、胸をトントンしながら歌うこと数十分。
・・・寝ました。
最初はゆっくり子守唄を歌っていましたが、一向に寝ようとしないので、マメにそうしたように、少しアップテンポな曲に変更、トントンもそれに合わせ早めにすると、あら不思議、寝ましたよ。
いつもなら、寝なかった・・・とベッドから連れ戻したりしてましたが、これではイカンと腹をくくったのが良かったのかな。

い~くんの方は夫がおんぶしてユラユラしているうちに寝たようです。

久しぶりに訪れた夜のリラックスタイム。
夫と二人コーヒーを飲みながら(夜は授乳間隔が空くので、寝かしつけ後のコーヒーは解禁しています)、お菓子を食べていろいろ話ができました。

マメの時は、朝は遅くても7時半には起こし、夜は21時に寝てないとスリングに入れて(最終手段)、近所を散歩して寝かしつけたりしてました。生活リズムをつけることに必死でした。21時頃から出る(らしい)成長ホルモンをものすごく気にしてまして。
そのおかげか、マメは今、7時前後に起きて、20時半頃に就寝です。

やっぱり朝が遅いとその分ずれ込んじゃいますね・・・。
離乳食も始める時期だし、双子もそろそろキチンと生活リズムを整えてあげないとな~。
朝は極力寝てて欲しいけど、頑張ってみるかな。

コメント (2)

双子サークル

2008-07-04 00:18:02 | こどもたちのこと
6/27 自主サークルの双子の会に参加してきました
メンバーは新規加入の私たちを含め13組。
その日の参加は双子ちゃん3組と三つ子ちゃん1組。
その日来ていた人の中には、もうすでに双子ちゃんは幼稚園に通ってて、お母さんだけの参加という人も2人いました。

私は、予想以上に準備に手間取り、時間に少し遅れての参加になりましたが、会自体はそんなに堅苦しいものでもなく、子供たちはそれぞれが自由に遊び、親たちは色々話をしたりのんびり過ごしてました。

そんな様子を見ていると、双子たちってママにべったりって子がいない…参加してたのは1歳と2歳の双子ちゃん、そしてもうすぐ3歳になる三つ子ちゃんでしたが、どの子も思い思いに遊んでます。

マメは双子じゃないけど、比較的小さい頃から積極的で物怖じしない子でしたが、お友達の多くは、ママと一緒じゃないと…という子がほとんどというような気がします。
特に一人目の子は。

多胎の子って、生まれたときから親以外の人間と関わってるから、そういう意味では、二番目、三番目の子がそうなるみたいに、たくましくなるのかな~なんてふと考えました。

今日、欠席だった人もいたので、他の双子ちゃんもそうなのか気になるところです。

双子の会にはマメも連れて行ったんですが、親だけ参加のママが相手をしてくれ、新聞紙をちぎって遊んだり、おままごとをしたりしてました。

メンバーもみんな気さくな人たちで、初参加の私とも親しく話をしてくれて、お互いの出産の経緯や育児の話をして、私も感心したり驚いたり楽しく過ごしました。

い~くん、に~くんも、一番小さい双子とあって、みんなが代わる代わる抱っこしてくれてご満悦の様子
「ついこのあいだなのに、懐かしい~」なんて言いながら抱っこしてくれてました。
本当、その気持ちよく分かります。
なかなか双子育児ってじっくりできないように思います。
マメの子育てを経験しているので、双子たちには、じっくりゆっくり向き合ってあげられないのを申し訳なく思いながら、でも仕方ないとも思う日々。

どこかで聞いたんですが、上の子にしっかり向き合って子育てしてれば、子どもは子ども(きょうだい)が育ててくれる・・・と。
なるほどな~。
確かに、赤ちゃんだからって下の子を構いすぎると、突然ひとり放り出された上の子は、ストレスの矛先を下の子に向けるか、自分へと向かわせるのかもしれません。
親としては、上の子も下の子も大事な我が子、バランスをとりながら、上手に育児していかなくてはならないんですね。
なるほど、親も成長するわけです

でも、双子の会に参加して一番楽しんでいたのは、マメです
夫が帰ってきたら早速、「今日、お友達と遊んで楽しかった」って報告してました

双子の会は月1回の開催。
次回は来月末です。
今度もぜひ参加して多胎育児のあれこれを教わったりしながら、楽しみたいと思います
コメント (2)