meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

双子のおむつ事情

2008-01-30 10:21:32 | 双子(♂1歳)のこと
い~くんとに~くん、二人ともまだ3000g未満です。

普通、新生児用の紙おむつは2800g以上(だったかな?)を目安に作られているので、二人ともぶかぶかです。
病院では、新生児より小さいサイズという紙おむつ(グーン)を使っていたのを見て、早速ネットで検索。

すると、アカチャンホンポの通販で買える(メリーズ)ことが分かりました。
布おむつとの併用なので、試しに少し控えめに3パック購入。1パック40枚入りなので、120枚ということになります。



写真一番左が“新生児より小さいサイズ”真ん中が“新生児用”右のはマメのビッグサイズ(マメ勝手にごめん)です。

い~くんが退院して約1週間。ほぼ1パックなくなりました。
布おむつも使ってますが、夜や来客時、マメが持ってきてくれた時は紙を使用していてこのペースです。どうなんでしょう?
でも、この新生児より小さいサイズでまだぶかぶかです。
お腹周りも1のところを飛び越えて真ん中で両方のテープが重なります。

布おむつにしたら、サイズ50のカバーがこれまたぶかぶか。
もっとも使用期間が少ないはずの50のカバーがいつまで使えるのかな・・・。
カバーに関していえば、自分で持っていたり、人からもらったりしたもの(未使用もあり)がたくさんあって、双子に使っても充分な数があるので助かります。

布の折り方も二つ折りにしたんじゃ大きすぎて(当たり前)、三つ折り。
畳みながら、小ささを改めて感じます。
まぁ、2~3ヶ月は、たいていの赤ちゃんは三つ折りくらいですが・・・。

ちなみに、に~くんが保育器に入っていた時、新生児より小さいサイズのおむつよりさらに小さいおむつをしてました。
手のひらにすっぽりと収まるサイズでした。


今は新生児より小さいサイズにサイズアップしてます。さすがにこのおむつは手が隠れます。

それにしても、そんなサイズのおむつがあるなんてすごいです。
コメント (5)

2008-01-29 12:03:59 | マメ(♀4歳)のこと
双子が産まれて、マメは一度に二人の弟ができました。

弟という言葉は理解できるらしく、「○○ちゃんの弟」を一日に何度も口にします。

い~くんが泣き出した・・・
「○○ちゃんの弟、泣かないで」
と言いながら寝ているい~くんをポンポン、頭をなでなで。
隣の部屋にいるときに泣き声が聞こえたら、真っ先に飛んでいって様子を見ます。

抱っこもするし(危ない)、オムツ替えも率先してやろうとします。(ちょっと困る(^_^;))
オムツも持ってきてくれるし、おしりふきもバッチリ。
私たちもマメなりの“弟をかわいがる気持ち”を大事にしてあげたいと思っています。

今のところは、特に目立った赤ちゃん返りはありません。
い~くんが退院して約1週間。
目新しさがなくなったのか、今日はおばあちゃん(私の母)と買い物に行きました。
昨日までは私と留守番するって言い張ってたのに。

ともあれ、い~くんが退院しても、マメのことを優先してするようにしています。
ただ、気を付けているのは、望みを聞いてあげるのと、わがままにさせるのは違うということ。
あれもいい、これもいいと好き放題にさせないように気を付けています。
やっぱりいけないことはいけない、しなきゃいけないことはするようにと、その都度いい聞かせてます。

しかし、家の中ばっかりはつまらないだろうな~(私は平気です(^_^;))。
幸い、い~くんは一度寝たら、周りでどんな大きな音がしてようが3時間近くは寝てくれます。
なので、今度お天気のいい日、マメを公園に連れて行ってあげようと思ってます。

しかし、マメ。
弟はもう一人いるのだよ・・・。
コメント (4)

い~くん退院

2008-01-25 17:18:51 | 双子(♂1歳)のこと
1月24日

い~くんが退院しました
約2ヶ月間の入院、当初はもう少し早いかな~と思っていましたが、あっという間の2ヶ月でした。

1525gで産まれた、い~くんですが、退院時は2616gにまで成長
顔も体もすっかり赤ちゃんらしくなってます

退院前に、主治医の先生から産まれてから退院までの経過の説明がありました。
双胎間輸血症候群(TTTS)では、受血児(い~くんでした)の方が産まれてからの状態は良くないそうです。
現に、い~くんは出生後、心臓の動きが悪く、おしっこの出も悪く、安定するまでしばらくかかるだろうと言われてました。
が、2~3日で適応できたようで、その後は特に問題もなく順調に成長できました。

退院前のMRIの検査で脳の検査をし、TTTSの影響自体は脳に出ていないとのことで退院OKになりました
発達自体は少しゆっくり目に見ていく必要があるようです。
そうりゃそう、予定日より2ヶ月近く早く産まれた二人です。
これからもらうはずだった栄養や免疫はストップし、発育自体も自分の力で補っていく必要があるのですから・・・。
ゆっくりでも確かに成長していってくれればそれでいいと思います。
他にも細かい点はいくつかありますが、ともあれ無事、元気に大きくなって退院することができました

い~くんのお迎えは実母・妹・マメ・甥っ子で賑やかに行ってきました。
病院へ向かう車中でも、
「○○ちゃん(マメ本人のこと)の弟、迎えに行くの」と話すマメ。
NICUから出たら一番にマメに抱っこさせてあげました。
少し照れながらも大事そうに抱っこしてくれたマメの姿、なんだかとっても嬉しかったです

これから始まるい~くんとの生活
そしてに~くんとの生活。
に~くんもこの日2006gになってました。退院目安の2300gまであと少し。
1ヶ月まではかからないだろうと思います。

双子が揃うとどうなるでしょう。楽しみです
っていうか、楽しんでいられるのかな
コメント (3)

同時授乳

2008-01-22 22:43:52 | 双子(♂1歳)のこと
以前、に~くんがコットに移った時、同時授乳について看護師さんに聞いてみたら、に~くんがまだ小さいのでもう少し大きくなってからの方がいいとの返事でした。

で、そろそろどうなのかな~と先日、授乳に行った時、に~くんに授乳しながら聞いてみたら、
「やってみますか?」と・・・
私は、今日いますぐという意味ではなく、なんとなく聞いてみたんですが、今からしてみようということになりました
おぉ!!とうとうです。
「zwillingさんのところは二人とも吸い付きがいいからね~」と看護師さん。
期待できます

しかし、に~くんはほぼ授乳が終わっていて、珍しく飲みながら寝てました
とりあえず、い~くんのオムツを替え、体重を量り、右側にい~くんを抱っこして授乳
そして、に~くんを看護師さんが左側に抱っこさせてくれ、おっぱいに吸い付かせます。

おぉ!同時授乳完成です
二人で吸い付いてます
右を見ても左を見ても赤ちゃんがおっぱい飲んでます。
不思議な光景です、面白いです

現在、搾乳は搾乳機で一度に両方しているんですが、それと似た感覚(当たり前か)
でも、二人の飲むタイミングが違うのでなんとなくこそばゆいというか何と言うか・・・、ついニヤけてしまいました

しかしこれ、途中でおっぱいから口が外れてしまった時が大変です。
私は両手がふさがってるし、腕と自分の体を器用に動かして、口元へおっぱいを運びます。
吸い付け~

吸い付いた・・・とホッとしたら今度はもう一人の口が外れてる
今度はもう一人の方が外れないように気を付けながら、再度、腕と体を駆使して口元へ・・・
吸い付け~

吸い付いた
これを授乳の度にするのね

それにしても、二人分の母乳が出るのか今さらながら心配になってきました。
現在、一度の搾乳で100~150mlです。
今までの授乳で一番飲んだ時、い~くんが122g、に~くんが64g飲みました。

食べなきゃ
もっと食べて飲まなきゃ

頑張るぞ~
コメント (6)

魔の2歳児?!

2008-01-11 16:25:05 | マメ(♀4歳)のこと
双子を出産してから1ヶ月実家でお世話になりました。
と言っても、双子は入院中でしたけど・・・。

私の1ヶ月検診を終え、通常の生活もOKとのことで、正月あけに自宅に戻ることにしました。自宅も家賃払ってますし
何より、マメの生活リズムを取り戻すためもありました。

ここ数ヶ月は、妊娠中&産後ということでほとんど外遊びもさせてあげられず、かといって家の中では充分に遊ぶこともできず・・・マメも体力余りまくりで、ストレスたまっていたと思います。

そのせいか、最近、性格が乱暴になりました
気に入らないことがあるとすぐに怒るし
一時おさまっていた噛み付き(従兄へ)も復活、二人で仲良く遊んでいても急に豹変するのでヒヤヒヤものです

おしゃべりも上手になったので、言い訳やら口答えやらを生意気にするようになりました
言葉にすると感情がストレートに伝わるので、イラッとすることがあります。
「やだも~ん
この言葉を聞くことが多いです

抱っこもおんぶもよくせがみます。
産後1ヶ月はさすがに控えてましたが、今はせがまれればそれに応えています。
帝王切開の場合、数ヶ月はムリをしない方がいいようなのですが、そんなこと言ってられません。
母の計らいで産後1ヶ月はムリをしないように甘えさせてもらいました。
もう充分でしょう。母にはすごく感謝です

自宅へ戻ってからは、午前中は児童館へ行ったり、散歩がてら歩いてスーパーへお買い物に行ったり、午後はお天気が良ければ外で三輪車で遊んだり、自転車でサイクリングに行ったり
なるべく体を使って遊ぶようにしていますマメも家の中でも走り回って遊んでます
少しはストレス解消になるといいんだけど

あと気になるのは食べることに関して・・・。
マメは食べむらがかなりあります
以前から多少はあったんですが、今はかなりです
さらに実家で過ごしていた間、家にいる時間が長い上になかなか構えないので、ついついお菓子を食べさせることが多かったんです。
すると、顔がまん丸になってしまいました
会う人会う人が、「マメちゃんふっくらしたね~」と声をかけます
これではイカンと思い、お菓子は以前のスタイル(ヨーグルトや手作りお菓子、栗やお芋)に戻し、時間を決めてあげることにしました。

こんなこと実家にいても当たり前にしなきゃいけなかったことなんですが、ついつい怠けてました

どちらにしてもマメごめんね母はものすごく反省しています
もう3児の母なんですからしっかりせねば


コメント (2)

コットへ

2008-01-04 21:11:38 | 双子(♂1歳)のこと
遅ればせながら

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします

さて、今年最初の記事は、おめでたい内容です(私的に)

い~くんが保育器を出てコットへ移ったのは、12月21日(生後24日目)でした。
そして、年が明けて1月2日(生後36日目)、に~くんも保育器から出てコットへ移ったのです。
なので、今は二人並んで寝ています

に~くんは数日前から哺乳瓶での哺乳も始まっていて、全部上手に自分で飲めているようでしたが、コットへ移るのは、もう少し大きくなってからだろうと看護師さんとも話していたのです。
先生からの指示に、看護師さんも、えっ?!今日!!とちょっと驚くくらいのスピード出世でした。

コットへ移れたということは、直母が可能ということです
その日の面会で早速に~くんにも授乳してきました

授乳の前に体重を量り、授乳後にも体重を量って、その差が飲んだ量になるんですが、
その日の授乳は泣いて授乳を待っていた、い~くんから・・・
途中で、に~くんが泣き始めましたがどうすることもできず・・・もうちょっと待っててね

で、二人が飲んだ量は、

い~くん 20g
に~くん 32g

い~くんは、前回74gも飲んだのに今回は規定量35ml(いつも哺乳瓶で飲ませてもらっている量)にも満たず、看護師さんに搾乳した母乳を足してもらいました。
一方に~くんは、ほぼ自分で飲めたのでOKです。
それまでは、い~くんオンリーの授乳だったので、両方のおっぱいを交互に授乳してましたが、この日からは片方ずつに・・・。
どんな授乳方法がベストなのかは、また母乳外来で聞いてみようと思います。
そして、同時授乳の方法も!!
両脇に二人を抱えての授乳。
双子ならではの授乳方法ですよ大変そうだけど、ある意味、楽しみです。
ただ、に~くんがもう少し大きくならないと難しいと看護師に言われました。
に~くん、頑張って大きくなろうね~


翌1月3日は、私の両親と姉家族が面会に来てくれました。
夫と私がい~くんとに~くんをそれぞれ抱っこし、ガラスに近づけます。
初の双子のツーショットが撮れました

さらに、NICUへの入り口付近の窓まで双子を抱っこしていき、中に入れないマメといとこたち(私の姪っ子と甥っ子)に双子を見せてあげることができました

あとでマメに聞いてみると、
「見えたよ~。かわいかった」って言ってくれました。
早くマメにも抱かせてあげたいな~と思う毎日です。

年末年始は夫もいたので、元日以外は毎日授乳に行くことができて嬉しかったです
隣同士のベッドなので、授乳が終わると、真ん中に座って代わる代わる二人を眺めています。
まだ体重差が500gくらいあって、に~くんの方が一回り小さいですが、よく似てきました。
早くも夫はどっちがどっちか見分けるのが微妙になっています
どうする!!夫よ~
コメント (5)