meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とうとう

2007-11-26 21:43:23 | 双子の妊娠経過(検診)
入院になってしまいました…。
33週1日、今まで通っていた産院での最後の検診に行き尿検査&血圧測定。今回も問題なし。体重は前回より400g減。前日の午前中、吐いたからかな?吐き気自体はこの時期見られることなので心配はいらないようなんだけど…。

モニターを付けて赤ちゃんの心拍を確認。20分ほどのチェックの間もよく動いてたし心拍も問題なし。
診察室でエコーで、い~くんの心拍に変化が!
診察後の説明で今からすぐに転院先の病院に行くように指示されました。

結局、転院先の総合病院にそのまま入院することになりました。
コメント (3)

検診10回目(33週1日)9ヶ月

2007-11-24 14:26:51 | 双子の妊娠経過(検診)
とうとう今の産院での最後の検診です。
今までの経過を知ってる先生&助産師さんに聞いておかなくては!と夫と二人質問事項をまとめ行ってきました。

尿検査・血圧測定は
今日は貧血検査もあります・・・。さらば鉄剤と言いたい。
処方された鉄剤はもちろん、食事も鉄分のあるものを心がけ、一緒にビタミンCをとり、鉄分の入ったウエハースをおやつにしたり、Eお母さんや鉄スキムも飲んでました。さてさて、どうなの!?


今回の双子の成長ぶりは・・・

        第1子(い~くん)  第2子(に~くん)
BPD(頭の横幅)  7.8cm(+0.5)    7.4cm(+0.4) 
FL(大腿骨)    5.7cm(+0.5)    5.3cm(+1.1) 
FW(推定体重)   1518g(+266)    1070g (+187)

総合病院へは来週いってみるつもりです。
転院先での方針も確認しておきたいし、こちらも心づもりができるので。

と思っていたら、そのまま総合病院へ転院→入院となりました。

にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント

初!保育園

2007-11-20 13:59:55 | マメ(♀4歳)のこと
昨日、初めてマメを保育園に預けました
以前から出産に合わせて預けようと思っていて、それまでに慣らしで何度か預けるつもりだったんです。

双子が産まれてからじゃ、赤ちゃんがいるから自分は親と引き離されるんだ!と思ってもかわいそうだし(実際はどう感じるのか分からないけど)、どちらにしても、私がまだ保育園でのこと、マメのことだけを受け止められる間に、保育園は楽しい場所だって事を分かってもらえたらいいかな~と思って

でも、本当は、週2~3で短時間ずつ預けて慣らしていきたかったんですが、うちの近所の保育園は待機児童が常に20~30人いて、その子たちが一時保育に預けられているので、マメのようにリフレッシュ目的(出産での預かりもちゃんとした理由なんですが、産まれる前なのでリフレッシュになるそうです)での預かりは現実的には不可能に近い激戦区

今回なんとか入れたのも、この日ならどうにか入れるでしょう・・・ということで日にちを指定できたわけではなかったんです。
よく待機児童の問題を耳にしていましたが、やっと分かりました。
どうにかしないといけないと思います。政治家の皆様どうぞよろしくお願いします

さて、本題。
いざ保育園に到着すると、私と離れることを察したのか、マメは「行かない!」と私の手をふりほどき脱走
追いかけて抱っこで連れて行くと、先生があっさり私の腕からマメを抱き上げると部屋へ連れて行ってしまいました
私も名残惜しんでいる暇もなく、またそうしているわけにもいかず、平静を装って保育園を後にしたわけですが、あんなに泣くんなら預けるんじゃなかった・・・とか、みんな最初はそうなんだから大丈夫とか、いろいろ考えながらそれでも考えないようにしながらお迎えの時間まで過ごしました。これも子離れの練習と考えて

郵便局での用事を済ませ、延ばし延ばしにしていた衣替え(遅すぎ)をし、部屋を片付け掃除を済ませるとあっという間に時間になりました。保育園に迎えに行くと、マメは入り口に背を向けてブロックで一生懸命遊んでました。先生が私とマメの間に(視界に入らないように?)入って、保育園での様子を説明してくれました。

最初はやっぱりしばらく泣いていたそうです
それでも、机を出し、自分のポジションが決まり、粘土等を出してもらうと落ち着いてみんなと一緒に遊びだし、みんなと散歩に出かけた時は、その日一緒に預けられてた従兄と手をつないで歩いたそうです。
歌を歌う時間では、真っ赤な秋を一番大きな声で歌っていたらしいし、充分保育園での時間を満喫したようです。

一通り話し終えたとき、甥っ子が先に私を見つけ駆け寄ってきて半泣き状態その様子を察したのかマメがこちらを向いてキョトンとしてましたが、ふっと我に返り泣きながら寄ってきました。
ぎゅうぅっと抱きしめてから荷物をもらって部屋を出ました。

保育園からの帰り道、マメは保育園での出来事をいっぱい話してくれました。
心なしか言葉のボキャブラリーが増えている気がしました。
保育園に着いてすぐは泣いていたこと、粘土で遊んだこと、散歩に行ったこと、歌を歌ったこと、みんなでお片付けをしたこと等たくさん話してくれました。
そして、お散歩に行ったときに、途中の休憩でアメをもらったと言いました。
実はマメにはまだアメを食べさせたことがありません・・・
でも、「先生がね、どうぞってくれたのよ」と嬉しそうに話すマメを見たら、「良かったね~美味しかった~?」と言ってしまいましたそして、「ありがとうって言ったのよ」と。

保育園での昼食は味見程度しかしてないということだったので、帰って二人で昼食をとり、午後からたくさんマメと遊びました。
保育園は楽しかったらしく、また行くと宣言してくれました。
しかも明日!!明日はムリだからまた先生にお話ししておくねと言い聞かせ、保育園初日は無事に終わりました。

楽しそうに話す様子、迎えに行ったときの集中して遊ぶ姿を見たら、ホッとしました。次はいつ預けよう・・・。私自身、働いているわけではないので、事前の予約が取りにくく、その都度きいて欲しいと言われてます。
あと2~3回は預けてみたいなと思っている私です。
また楽しかったって言ってもらえたらいいな~

にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント (4)

動物園

2007-11-14 16:27:12 | マメ(♀4歳)のこと
ホワイトタイガーがやってきた!というので、マメと甥っ子を連れて一緒に行ってきました。

駐車場から動物園の入り口までには、いろんな動物の足跡(原寸大)がはめ込まれていて、何の動物の足跡なのか推理しながら歩けて、楽しく気分を盛り上げます


↑写真は カバ の足跡。

平日、しかも開園同時に入場したので、園内の人はまばら・・・。
遠足で来たんだろう園児の姿や数組の親子連れしかいません。
子どもたちが走り回っても迷子になる心配がなく、のびのび見て回ることができました



↑ 天気も良くてキリンもゆ~ったり歩いている姿は気持ちよさそう。



↑インドゾウのところで、母がエサを買い、ゾウの所に投げ込むとゾウは足元に落ちたサツマイモを上手に鼻で拾って口に運びます
さらに、鼻を高く上げて次を催促。芸達者です。
今度は妹が投げると、ゾウを通り越し奥の方へ・・・
いくら待ってもエサが来ないので、ゾウもあきらめて向こうを向き歩いていこうとすると、その先には妹が投げたニンジンが!!!
すかさず鼻で拾って口へ・・・でも、後ろ向きだったのでその姿をちゃんと見ることができず、妹は残念がってました

さぁ、次は今日の主役、ホワイトタイガー
時間は10時45分頃だったかな?
公開は11時~14時と聞いていたので(実際は終日公開になってました)、タイガーヒルの前にある休憩所で少し(だいぶ!?)早いお弁当
おにぎりをほおばり、一息ついて、11時になったところで、室内展示場へ・・・。

いますいます、ホワイトタイガー。
落ち着きなくオリの中を歩き回っています。
マメは興味深くホワイトタイガーを眺め、甥っ子は怖がって母と妹の足にしがみつき、私はと言えば、目の前のホワイトタイガーを写真&動画におさめることに夢中
しばらく観察して次のコーナーへ向かい、進路を進めていると、園内放送で、ホワイトタイガーが屋外展示されるとのこと!!
急いで元の場所へ戻って観察してきました。



↑さすが、室内で見るよりいいです。
なんか雰囲気出てます。なぜだか理由は分からないけど、さっきまでいた普通のトラたちはオリの中へ入れられて、ホワイトタイガーのみになってました。

その後、猿山で猿を観察したり、レッサーパンダの親子を見たり、洗いたての水の少ないプールで高速で泳ぐペンギンを見たり・・・ゆっくり見て回ることができて、親子共々大満足

マメも家に帰ってからも、「動物園に行ったのよ~」と喜んでました
私が双子出産での入院中や産まれてからのしばらくの気晴らしに、また連れて行ってあげて欲しいと夫に頼んでおきました

家族5人(多いな)で一緒に行ける日が楽しみです


にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント

検診9回目(30週6日)8ヶ月②

2007-11-09 20:39:17 | 双子の妊娠経過(検診)
2週間ぶりの検診に行ってきました。
正確には2週間経ってないんですが、夫の仕事の都合で、2日早めの検診です。

診察前の尿検査・血圧測定、ともに問題なし
しかし、問題の体重は・・・前回よりも1.2キロ増
いや~恐ろしい、まだ先はあるというのに、着々と増えていく私の体重
10キロ増ではおさまらないんじゃないかという危機感が襲いました

気を取り直して、
今回の双子の成長ぶりは・・・

     第1子(い~くん)   第2子(に~くん)
BPD  7.8cm(+0.5)    7.4cm(+0.4) (頭の横幅)
FL   5.7cm(+0.5)    5.3cm(+1.1) (大腿骨)
FW   1518g(+266)    1070g (+187) (推定体重)

どうもお腹の中ではい~くんが幅をきかせているようです。
い~くんは単胎なみの大きさで成長していて、に~くんは控えめに成長。
さらに、に~くんは逆子です
夫が直るんでしょうか?と質問すると、
先生「いや~、難しいでしょうねぇ。ただ、大きい子から先に出ますから、ひっかかったりしなければ、下からでも大丈夫でしょうけど・・・。逆子が直るのは難しいと思います・・・。」ということでした

う~ん、これはどうしましょう。
い~くんが普通分娩で産まれても、に~くん出産が途中で帝王切開になったとしたら・・・。
それを考えると、初めから帝王切開で産んであげたほうがいいのか、悩むところです。
転院先の先生と相談しなきゃいけません。

子宮底長34センチ、腹囲91センチとともにマメの時を越え、未知の領域へ突入です

張り止めのウテメリンは引き続き服用、鉄剤はいま残っている分があるので、追加で1週間分が処方されました。
今回するはずだった貧血検査、次回に延びました私的にはもう鉄とはおさらばできるはずだったのに
いやしかし、い~くん、特にに~くんの成長にかかっているのであれば、飲まないわけにはいきません。頑張るぞ~

次回の検診は2週間後。
今の産院での最後の検診になります。
なんとなく淋しいような・・・


にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント (4)

ブログ名の由来

2007-11-04 21:03:34 | つれづれ
ブログ名の meine schoenen Kinder(マイネ シェーネン キンダー)は、ドイツ語で“私の可愛い子どもたち”という意味です。

マメも、今お腹の中で大きくなっている双子たちも、みんな私の可愛い子どもたちです

マメの妊娠中、まったりゆったりマタニティライフを過ごせた私は、夫との間にできた我が子のことを思い、毎日の胎動に喜びを感じていました

分娩時にトラブルがあって、出産後すぐにNICUに連れて行かれたマメを抱っこできたのは数日後
少し遅れて退院したマメの世話をし始めたのは生後10日ほど経っていました。

いざ新生児の世話を始めてみて、喜びも大変さも何もかもいっぺんにやってきました
夜中の授乳も3時間おき。
昼間に至ってはかなりの頻回授乳だったので、10分経たないうちに授乳ということもしばしば・・・。

それでも、大変さよりも、やっぱりかわいさの方が勝ってるんですよね。
当たり前だけど、我が子はかわいい。本当にかわいい。
今でこそ、意思の疎通がなんとなくできるようになって、赤ちゃんの時のような大変さはありませんが、それはそれでどこまで分かっているのか判断が難しいところがあって、歯がゆいときもあります

私は、親って、子育てしてみて始めてなれるんだな~と実感しています。
産んだだけでは親にはなれない。
どれだけ我が子と関わって(時間のことではなく)いくかで親って育っていくのかな~と思います。

お腹にいる双子たち。
マメの時とは違うマタニティライフを過ごしているので、またあの時とは違う気持ちです
二人もお腹に入ってるし、胎動もマメの時とは全く違う。
本当、不思議だな~と思うし、2回目の妊娠で、ともすれば“こんなもん”となりがちな(たぶん単胎だったらそうなったような・・・)マタニティライフを充実して過ごせているような気がします。
双子であるが故にいろいろ調べたり考えたり。
不安や心配もありますが、こうしてお腹の子どもたちのことをより考えるきっかけを作ってくれた偶然に感謝です

産まれてきたら、もっとかわいいと思えるんだろうな~と今から本当に楽しみです
それに、双子を妊娠してから、マメのことはもっと愛おしくなりました
最近は少し赤ちゃん返りのような行動も見られます。
今まで親の愛を独占していたのに、2歳にして環境が変わることの大変さを味あわなければならないのですから当然です。
それに、赤ちゃん返りは、その環境の変化を察することができている証拠だというのを何かで見ました。
マメも自分の身の回りの変化に対応しようとしているんですよね。
マメも頑張ってます。親になるのも簡単ではありませんが、お姉ちゃんになるのも大変です。
できるだけ、フォローしてあげたいと思います。


親ばかでしょうそんなかわいい子どもたちの様子をブログにしようと思いました。
そんなわけで、ブログ名は meine schoenen Kinder です


にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント (5)

第8回 親子くらぶ

2007-11-02 20:57:06 | マメ(♀4歳)のこと
8回目の親子くらぶに参加してきました。
とうとう最終回です

少し小雨が降っていましたが、参加者は多くいました。
やっぱり最後だからでしょう、みんな頑張って来たんだと思います

最後の親子くらぶは、簡単おやつ作り。
白玉団子を作りました。子どもたちも一緒に丸めて、バットに並べていきます。マメは小麦粉粘土と勘違いしてるのか、机の上でコネコネ・・・やめてぇぇぇぇ
全部できたら、今度は沸騰したお鍋の中へチャポン。
あんまり上から放り込むとお湯がはねて火傷するし、かといって近づきすぎる危ない、親はヒヤヒヤもんです
でも、何でもやりたい子どもたち、目はキラキラ輝いていました
エプロン姿も決まってます
次々に浮いてくる白玉団子をすくい上げ、氷水の中で冷やします。

冷ます間に、お鍋やボールを片付けて、真っ白になった手を洗いに行きました。

冷めたら、それぞれが器に白玉団子を取り、缶詰のミカン・桃を加え、さらに、ホイップクリームにチョコをトッピング

マメはミカンとクリーム好きその二つを積極的に食べてました。
いやいや、白玉団子食べてよ・・・
結局、白玉団子はすべて私のお腹へと入ったわけです
思いの外、たくさんあった白玉団子にお腹がいっぱいになった私。お昼ご飯が食べられません

みんなでおやつを食べて、紙芝居を読んでもらい、親子くらぶは終了しました。

せっかくこうして集まれたので、これで終わりになってしまうのは淋しいからと、ある人が今後もみんなで集まれたらいいねと、これからのお付き合いを提案してくれました
仲良くなれた人もいるし、住んでいるところも子どもたちの月齢も近い人たちと、これからもいい関係でいられたら楽しいなと思います。子どもたちも大きくなるにつれて、それぞれが仲良く遊べるようになると思うし

私の場合、双子出産を控えているので、どこまで参加できるか分からないけど、今後もいろんな形で付き合っていけたらな~と思います。

本当、いい機会だったな~親子くらぶ


にほんブログ村 マタニティーブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
コメント (3)