meine schoenen Kinder

また天気が不安定なようです。
天気と一緒に気分も不安定。
気候に左右されるようになってきた私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ついに!補助輪なし!!

2010-07-22 18:52:00 | マメ(♀4歳)のこと
マメ、補助輪なしで自転車に乗りました!

以前、一度外してみたことはあったんですが、身長100センチだったマメ、16インチの自転車はつまさきがつく程度、足がつく前にバランスを崩して倒れてしまってました。

105センチ(現在103センチ)くらいになったらいけるかな~と思っていたんですが、最近になってまた補助輪を外したいと言い出して…。

夫が休みの日曜日。
マメは夫に直談判。
とうとう補助輪を外して乗ることになりました。

練習すること30分弱。
ふと外を見てみたら、ヨロヨロしながらも1人で自転車に乗るマメの姿が!

いや~早いですね。
マメはやってみたい気持ちが強かったから余計なのかもしれませんが、それにしても今まで補助輪をガーガー言わせながら走ってた人とは思えません。

我が家の前は私たちの住むコーポと隣のマンションとの駐車場になっています。

車にぶつけたら大変だけど、今乗れたこの感覚を覚えてもらいたいので、家族5人と自転車を車に乗せて(バモスすごい!!)公園に連れていきました。
最初から連れていけば良かったんだろうけど、こんなに早く乗れるとも思わなかったし、日曜日だし、家でのんびりしたいという気もありまして…。

夫は髪を切りに行く予定にしていたので、公園で降ろしてもらい、マメは自転車、双子はボールで遊んだりして過ごしました。

 マメが写っていませんが、走り回ってます(汗)

障害物のない広い公園でマメはさらに感覚をつかみスイスイ乗って楽しんでました。

雨上がりの公園は少し露が残っていて靴もスボンも汚しながら双子も楽しんでました。

私も何気ない草花に癒しをもらいました。
    
 マメいわく、お水の宝石だそうです♪素敵な表現。

夏休みの間は、自転車を私の実家においておき、遊びに行った時に乗るようにしました。
さすがに乗れるようになったとはいえ、駐車場で乗せるのはまだ勇気がいるので。

それでもマメ、Uターンも得意げ、ただ走るだけなのに、すごく楽しそうです♪
コメント

年少最後の日。

2010-03-19 23:29:09 | マメ(♀4歳)のこと
今日、マメの幼稚園は今年度最後の日でした。

年中になるということをぼんやりとだけど理解しているマメ。
3月に入った辺りから、先生や今のクラスと離れることが漠然と不安というか淋しい気持ちになっているようでした。

幼稚園では、事あるごとに先生に甘え、いつもなら何でもないようなことでも手を借りようとする、助けを求めることが多くなったと先生から聞きました。

家では特に変わった様子もなく、幼稚園に行くのも嫌がることもないし、帰ってきてからも普段どおりだったので、幼稚園でそういう状態であったことは全く分かりませんでした。

そして、今日、年少最後の日です。
担任の先生にいっぱいぎゅ~ってしておいでって送り出したのがいけなかったのか、幼稚園ではいつも以上に先生に甘えてべったりしていたようです。

夕方、担任の先生が「最後にマメの様子をお伝えできたらと・・・」と言って電話をくれました。

マメの近頃の様子から、もうすぐ年中になる、先生と離れる、同じクラスのお友達の中でも別のクラスになる子もいる・・・こういったことを、ちゃんと理解しているんだな~と思いましたと先生。

不安な気持ちや淋しい気持ち、そういったことを自分なりに表に出せている証拠だと思います。

思い起こせば、去年の4月。
喜んで行った幼稚園だったのに、2日目から登園拒否を始めたマメ。
それでも泣きながら通った幼稚園。
担任の先生にかなりの信頼を寄せることができたからこそ、毎日楽しんで通えたんだと思います。
優しい先生に見守られながら、1年間頑張りました。

幼稚園から帰宅したマメに、「先生とぎゅ~ってしてきた?」と尋ねると、「うん。でもね、泣きそうやったんやけどね、マメね、頑張ったんよ」と。

2年保育でもいいと思っていた私でしたが、双子を抱え、マメにだけかまえない、思いっきり遊べる場所、遊べる機会を与えてあげられないかも・・・マメにストレスがかかるのは良くない、そんな思いで3年保育にしました。

今思えば、これで良かったなと思います。
同年代の子が集まる中でいろんなことを学び経験したマメ。
十分に遊び、満足した顔で作品を手に帰ってくるマメ。
運動会やおゆうぎ会、行事のたびに、たくましく成長した姿を見られることが本当に楽しくて嬉しかったです。

マメも年少が終わる淋しさもありますが、年中になる期待もあるようで、すでに購入してある年中用の名札を手にしてはニヤけています(一応自分の希望のクラスになれたので)。

何はともあれ、無事に1年を終えました。
BSおかあさんといっしょの収録の日に幼稚園をお休みした以外は、元気に登園できました。

また年少さんが加わった幼稚園生活で、マメが成長する姿を見られるのが今から楽しみです。
コメント

子どもポシェット

2010-02-28 23:44:22 | マメ(♀4歳)のこと
なんと!
思い切って子どもポシェットを作りました。

前からなんとな~く作りたいなって思っていたんですが、この前行ったハンドメイドのイベントに刺激され、とうとう実行しました。

マメの好きなハート柄、裏地は花柄で。




でも完成してひっくり返したらタブがポロッ。

なんで???

どうやら、タブを縫い付ける時にズレてしまったらしく、ちゃんと縫えてなかったんです。
めんどくさがらずにしつけをしておけばよかったんですが、幅2センチほどだったので、このままいっちゃえ~って。
この性格が問題ありですね。

まぁ、なんとかはさみなおして縫い付けたんですが、他にも課題がたくさん。
バイアスもファスナーも初めてつけたので、要領がイマイチ。
できあがってみて、なるほどな~ということがいっぱいありました。
今後の参考にします。

しかし、やっぱり形になるっていいですね。
何ともいえない達成感があります。
作ったポシェットを見ると(出来の良し悪しはおいといて)、何ともいえない満足感。



マメも気に入ってくれて、外出時にはポシェット提げて・・・と女の子らしい。
さらに、昨晩なんか、寝かしつけ時に、「バッグ作ってくれてありがとう。かわいくって素敵で、マメ気に入ったんよ。」なんて泣かせるセリフまで(涙)

マメ~もっと上手く作れるように頑張るからね~。
(気長に)待っていてね~(涙)
コメント (2)

おゆうぎ会

2010-02-13 23:35:10 | マメ(♀4歳)のこと
2月11日はマメのおゆうぎ会でした。
9:30から開始ですが、マメの登園は8:50までに。
場所取りも兼ねて8:00に家を出ました。
おゆうぎ室に入ったら、あらら、予想してたのと違う。
入園式は長椅子だったので、それで見るのかと思っていた私。はい、完全に思い込み。
みんなレジャーシートなどを敷いて座っています。
あらま~どうしましょう。
とりあえず、ひざ掛け用に持参していたブランケット2枚で何とか場所を確保。

私とマメを幼稚園で降ろして、双子を預けに実家に向かう夫にすぐさま電話。
開始までに戻ってきてもらうはずでしたが、双子を預けてすぐに幼稚園に戻ってもらうことにしました。

場所も確保して、夫と開始を待つこと1時間。

マメの最初の出番は3番目。
年少園児の歌です。

年少3クラスの園児が3列ずつ縦に並んでいて、マメはちょうど真ん中の一番上の段にいました。
大きく口を開けて歌ったり、時々手振りを加えながら一生懸命でした。
全3曲を熱唱。
まさに熱唱です。
・・・叫び声に近いかも(笑)

歌い方も年中、年長と上がるごとに上手になってます。
年少さんでは、(緊張して?)歌えなかったり、あくびをしたりしていた子ども達も、年長さんではまったくいなくて、ピシッと揃って歌う姿が見られました。
成長を感じますね~。
マメが年長のときに双子は年少。
我が子でこの差を見ることができそうです。

次のマメの出番はしばらく後のダンス。
クラスの男の子と女の子に分かれてそれぞれが違うダンスを披露。
チアガールになった女の子達のダンスはかわいかったです。

マメは(親ばかですが)、クラスで一番上手だったのでは?!
動きも大きくてはっきりしていたし、楽しそうでした。
ただ、せっかちな性格がそうさせるのか、少し、気持ち少し早め早めに次の動きをするのがマメらしいと言えばマメらしく・・・。
移動の時には、お友達の場所を指定したりして、ステージ上でも世話を焼いておりました。

マメの晴れ舞台を見に来てくれた夫の両親も、張り切るマメの姿を楽しんでくれたようです。
双子は私の実家でお留守番のため両親が預かってくれて、後でビデオ鑑賞しました。

マメの出番の時は、ビデオを撮ったり写真を撮ったり、マメを見たりと忙しく感慨にふけってる暇もないんですが、他の園児のおゆうぎは、素直に楽しむことができます。
そのせいか、一生懸命な姿を見ると、自分の子どもじゃなくても私ダメです。
涙腺緩みっぱなしです。

最後の年長さんの歌なんか、感動で鼻をすすってしまいました。

子ども達のかわいい姿いいですね。
この年代ってやっぱり無条件にかわいいです。
うまくいっても失敗してもかわいい、何をしても許される素敵な力を持ってます。

1ヶ月ほどの期間しかないのに、子ども達におゆうぎを教えてくださる先生方、すごいですね。
子ども達からは練習はイヤだとか、つまらないだとかって話は全く聞きませんでした。
楽しく練習できたからこそ、素敵な本番が迎えられたんでしょうね。

劇団や合唱団のような完璧なものはすばらしいとは思いますが、楽しんで過ごしている毎日の延長にあるおゆうぎ会、それが良く分かるものでした。

かわいらしくて楽しい、いいおゆうぎ会でした。

運動会に引き続き、前日よく眠れなかった私(午前3時過ぎに寝ました)。
これでゆっくり眠れます(笑)。

マメの年少生活も残り1ヶ月余り。
楽しんで過ごしてもらいたいなと思います。
コメント

補助輪なしにチャレンジ!

2010-01-11 13:42:32 | マメ(♀4歳)のこと
4歳の誕生日に自転車をもらったマメ。

最近、急に補助輪なしで乗ってみたいと言い出しました。

当時96センチ程度だったマメに16インチの自転車を与えたんですが、サドルを下げ、ハンドルの角度を調節しても少し高い感じでした。

現在100センチですが、それでもつま先がつく程度。
少し大きい自転車を与えてしまったのも悪いんですが、長く乗って欲しいという親の欲もありまして・・・。
安全面を考えると14インチがベストだったんでしょうけど。

補助輪有りの状態では、少々の坂道や段差なんかも上手くバランスをとって乗ることができるようになってはいましたが、補助輪のガラガラ~という音をそこら中に響き渡らしてのこと。

その状態では補助輪を外すのはムリだと思って、もう少し大きくなったらと先延ばしにしていたんですが、どうしても練習したいというので、日曜日の昨日、夫に補助輪を外してもらいいざ練習!

こぎ出しに力を入れて!とか進み出したら反対の足もペダルに乗せて!とか、ハンドルを切ってバランスとってとか、側で私があれこれ言うのにもめげず、マメは必死。
結局は自分で感覚をつかんでバランスをとって乗るしかないんですが、一生懸命にコツをつかもうと頑張ってました。

進み始めると安定するので、私たちの介助もなくス~っと走っていくんですが、止まる時が大変。
ブレーキをかける力が弱いし、足がまだ完全につかないので、バランスを崩して自転車ごと倒れてしまうんです。
でもなぜかハンドルは決して放そうとしない。
だからか、自転車のカゴとかハンドルとかに守られて、すりむいたりとかの怪我はありませんでした。

足がちゃんとつけば、すんなり乗れるようになるんじゃないかと思います。
まだ2~3センチは伸びなければダメでしょうね~。
たぶん年中に上がる頃かな~。もう少し後かな。

1時間ほど補助輪なしに挑戦して、この日の練習は終了。
まだ補助輪なしで乗るには難しいということで、再び夫が補助輪をつけたんですが、今日また補助輪なしで乗るといいます。

実家に来ていたので、父に言ってみたんですが道具がないと・・・。
残念、今日は練習できませんでした。

実はマメ、補助輪なしの自転車に乗れるようになりたいのには訳があって、私も後で夫から聞いたのですが、実は一輪車に乗りたいようなのです。
それを夫に言うと、まずは自転車補助輪なしで乗れないと一輪車には乗れないって言われたんだそうです。

なるほど・・・それで補助輪なしね。
自転車大好きなマメ。
補助輪なしで自転車に乗れるようになるのはいつでしょう。

今回は乗れるようにはならなかったけど、積極的に練習しようとする姿勢が嬉しかった私です。
自発的に生まれた気持ちは大事にしてあげたいですよね(←と言いつつなかなかさせなかったけど・・・)。


 少し乗れるようになって満足したのかポーズをとるマメ。ちなみに変顔してます(笑)
コメント

4歳マメの複雑なお年頃。

2009-12-18 22:42:13 | マメ(♀4歳)のこと
昨日はマメのスイミングの日。
双子を実家に預け、マメを幼稚園に迎えに行き、プールへ向かったまでは良かったんです。
少し遅れて更衣室に入ったら、前のレッスンが終わった子ども達が着替えをしてて、更衣室内はごったがえしてました。

その雰囲気にビックリしてしまったのか、駐車場では「早くプール行きたいな」なんてつぶやいていたマメだったのに、プールに上がる階段を登った途端、振り返って涙顔。
私が手を差し伸べたら、一気に泣いてしまいました。
すぐに、自ら階段を登ろうとするも、また泣き出して動けず…。

ちょうど妹が見に来てくれて、マメの手を引いて連れていってくれました。

私だけだったら、泣いてるし、今日のレッスンは休ませてたかも。

プール内に入ったマメは、最初しばらくは泣いてましたが、レッスンが始まるとやっぱり楽しいのか笑顔で頑張ってました。

時々、観覧席を見上げてまた泣きそうになってたけど、30分を過ぎる頃には、見上げることもなく、参加できてました。

ちょうどこの時間、プール監視の時間帯の妹がマメの近くを通るたびにマメも妹の顔を見ては泣いたりしてました。
やっぱり知らないところに突然1人で入るのは不安なんでしょうね。

どういう心境だったんだろう。

最近、また接し方が難しくなってきています。
優しいかと思えば、急に怒り出したり、わがまま言ったりして困らせたり・・・。

この年頃特有のものだとは思うんですが、そうじゃないかもしれないので、注意しておかないとな~と感じています。

今日のマメタイムは、クリスマスオーナメント作り。
赤い帽子と、マメの希望でハートのオーナメントを作りました。

  
↑左がマメと一緒に作ったもの。右はマメを寝かしつけてから調子に乗って作ったもの。

刺繍(と言うほどでもないけど)は私がして、綿詰めをマメにしてもらいました。
出来上がったハートのオーナメントを握り締め、「これは飾りたくないな(自分で持っておきたい)」と。
もちろん、それでもOKなので、「うん、いいよ」と返事しました。

簡単なオーナメントだけど、気に入ってくれて、楽しい時間が過ごせたようなので良かったです。

ちなみに今日は、双子のスイミング2回目。
この話はまた別の機会に(できるかな?(汗))・・・。
コメント (3)

体操教室でミーハーな私。

2009-11-25 09:14:38 | マメ(♀4歳)のこと
日曜日(22日)、元オリンピック体操選手、田中光さんの体操教室に参加してきました。

県の主催のイベントの中の一つで、私たちが参加したのは親子で参加するもの。
夫とマメのペアでも良かったんですが、何としても私が行きたかった。

理由は、田中光さん。
オリンピックに出ていた当時、好きな選手でした(何か最近、こんなネタ多い)。
実は篠山紀信の撮った写真集も持ってたりして…。

当日、午後からも予定があったので、駐車場で混雑したら困ると自転車で行くことに。
片道40分くらいです。
なんかいいウォーミングアップになりました。

会場の運動公園の体育館に着いて待っていたら、田中光さんが現れて。
キャー
もちろん記念写真を撮りました。



多くが、親が“子どもと先生”を写すなかで、私はちゃっかり自分も収まりました。
さらに、「写真集、持ってます」なんて余計な一言(言わなきゃ良かった(汗))も付け加えたりして・・・。
田中さんは「あ、そうですか。ありがとうございます」と。

そんなこんなでテンション上がりっぱなしで始まった体操教室。

ステージに立つ先生の真似をしながら、音楽に合わせて動く動く。
先生オリジナルの体操を次から次へと。
これがもう楽しかった~。
1時間だったんですが、あっという間。
楽しく動ける内容で、心地よい疲労感が残る程度。

大学で幼児教育に携わっていたり、自身の体操教室を主宰しているだけあって、教え方もとっても上手。

私は、田中さんをじっくり見る!という当初の目的も忘れ、踊る(手足をバタつかせる!?)、動く、掛け声掛ける、で楽しく過ごしていました。
いやいやそれが大事でしょう(笑)

最後はみんながいるフロアの真ん中で、バック転やバック中、床の上で足を上げてクルクル~っと回ったりと、デモンストレーションしてくれました。
めっちゃ近いし

いや~、素晴らしいです
「もうだいぶできなくなってるんですけどね~」と言いながらも、笑顔でこなす田中さんは素敵です。

マメも時々、疲れた~と床に寝そべったりしながら(苦笑)、私も、お子さんのサポートをしながらという田中さんの言葉で慌ててマメを思い出したりしながら(いかんやん)、楽しく過ごせた1時間でした。

しばらくはミーハー気分が抜けそうにありません

しかし、田中さん、10年以上前より素敵でしたよ。
充実した時間を過ごしたんだろうな~という気がします。

私も10年後、そうあるために、がんばろう~っと。
コメント (2)

マメ タイム

2009-10-25 14:43:22 | マメ(♀4歳)のこと
我が家には、マメタイム(マメのための時間)というのがあります。

普段、マメだけにかまってあげられない分、マメタイムは特別。
ただ、双子が早く寝て、マメが寝る時間(21時)になるまでのごく限られた時間。
しかもいつもあるとは限らない。

最近は、双子がなかなか寝なかったので、マメタイムもご無沙汰でした。

なので、泣こうがわめこうが部屋を暗くし、みんなでベッドに・・・という日を過ごし、1時間以上かけて寝かし付けに成功し、リズムが戻ってきたのか、また20時頃に寝るようになりました。

つまり、マメタイムも戻ってきたわけです。

マメも、弟たちが寝るまで静かにしていれば、自分の時間がやってくるとわかっているので、寝かし付けにも協力的。
一緒にベッドに入り、自分まで眠くなり、「今日はマメタイムなくていいよ・・・。」と寝てしまったこともあります。

マメタイムにすることは、お絵かきだったり、かるただったりといろいろですが、先日はハロウィンのオーナメント作りを一緒にしました。

型紙を渡し、フェルトの上に置いて留め、型を取ります。
それを裁ちばさみを使って切るんですが、マメにはなかなか細かいところもあって難しそう。
結局、夫が手伝って切り抜きました。
そのあと夫に目と口を切ってもらい、ボンドで一生懸命に貼り付けてました。

一生懸命にする姿はホントにかわいい。
マメも一緒にできて嬉しそう。

マメと一緒に過ごす時間を大切にしないといけないな~と常々思ってはいるんですが、実際は時間がないと余裕もなくてムリ。
こうやって、完全にマメだけに向き合える時間というのは、私たちにとってもマメにとってもいい時間だな~と感じています。

マメの情緒が安定していると、双子にもいい影響があるし、私たちも穏やか。

甘やかすとはちょっと違いますが、マメのこともちゃんと大事に思っているよってことを、言葉と同時に現すことって大事なんだろうと思っています。

体調を崩して実家にお世話になっている今、ちゃんとしたマメタイムはありませんが、寝かし付けの数十分、お風呂に入る時間など、私と二人になると、マメは「今、マメタイムだね♪」と言って喜んでくれてます。

ありがとうね、マメ。
よし、早く体調を整えて、前みたいにしっかりマメタイム作るぞ~。
コメント (2)

運動会~本編~

2009-10-11 00:34:59 | マメ(♀4歳)のこと
いよいよ始まりました。
まさに秋晴れのいい天気
遠くに城山も見えていい眺め



↑園児代表による開会宣言。

この後、園歌を歌い、体操をして競技開始。
この体操がまたかわいかった~
♪世界を回せ~ お腹ポンポン~♪

マメ最初の競技は、玉入れ。
おおかみに扮した先生がカゴを背負い、逃げ回るおおかみを追い掛けて、そのカゴに玉を入れていく競技。
園児は歌に合わせてそれぞれ入場。
散歩に行こうというフレーズに合わせて、おおかみに声をかけます。
その後、目を覚まし、身じたくを整えたおおかみに追い掛けられた園児は逃げ回ります。
マメの逃げ足の速いことといったら・・・
おおかみを追い抜いて、別のクラスのおおかみに突撃

逃げてばかりじゃいけないと、今度はカゴに玉を入れて、おおかみをやっつけます。
マメは欲張ってたくさん玉を拾ってくるも、たくさん拾いすぎて時間となり集めた玉を全部その場に落としてました

↓ 最初の競技を終え、控え室に戻るマメ(先頭)

この姿勢、真面目な性格が伺えます(笑)

この後、かけっこに出場。
年少さんのかけっこは、よ~いドンで走り出したらすぐにゴールくらいの距離しかないので、あっという間に終了。
瞬きしたら見逃してしまいそうでした

次の種目はダンス。
小さなウシに扮したマメ。
こちらに手を振りながら余裕のダンス。
家でもよく踊ってくれていたように、本番もバッチリ上手に踊れていました

午前中のマメの競技は以上で終了。
ダンスの後、控え室にマメを迎えに行き、午前の種目が終了するまで一緒に観覧しました。

双子はすでにジッとしていられず、母と私で一人ずつ担当し、園庭の隅を追い掛け回していました

午後からのマメの競技は親子ゲームのみだったので、お弁当を食べた後、双子は両親に連れて帰ってもらい、午後からは私一人で観覧しました。

午後からも親子ゲームまでの間は保護者席で過ごすはずのマメ。
しかし、仲良しのお友達と遊びに行ったまま帰ってこず・・・。
まったく私一人で観覧しました。
ちょっと淋しいわ~マメ
でも、こうやって徐々に親離れしていくんでしょう。
そのスピードというかタイミングを合わせて、親も子離れしていかないといけないんでしょうね。
なんかしみじみです

年長さんの組み体操も見事で、ワンポーズ決まる毎に大きな拍手
あと2年もすればあんな風になるんですね~。
マメが年長のときに双子は年少。
不思議な気分です。でも楽しみ

運動会終了後は、マメと自転車で楽しく帰りました

しかしマメ、幼稚園に通い始めて半年、あんなにしっかり団体行動ができるようになってるなんて・・・。
すごい成長です。
しかもマメ、前を行くお友達の世話まで焼いて

お遊戯会までにまたどれだけ成長しているでしょう。
とっても楽しみです

あぁ、運動会、終わった。
ホッとした分、気も抜けちゃった。
コメント (2)

運動会(当日朝~開始まで)

2009-10-10 09:23:15 | マメ(♀4歳)のこと
とうとうやってきました運動会。
心配していた朝は5時の目覚ましで5:10頃起きました。夫は私の目覚ましで起きたようで、先に起きてご飯を炊いていてくれました(我が家は圧力鍋で炊くので、予約炊飯とかできないので)。
前日の夜に準備した材料を手際よく…できたらいいんですが、手が遅い私はいくら時間があっても足りないくらい。
夫はせっせとおにぎり作ってくれました。ありがとう、ホント助かりました。
その夫を6:35に送り出し、ほどなくマメ起床。
しばらくして、に~くん笑顔で起床。
二人でお弁当の残りを美味しそうに食べてました。

(お弁当の写真も後でアップします。) ← 写真アップしました。

ちなみに中身はおにぎり三種類(のり、ゆかり、野菜ふりかけ)、りんご形チキンナゲット、野菜肉巻き、アスパラのり巻き、カラフルピーマン炒め、ワカメ入り卵焼き、里芋の煮っころがし。それに、ぶどうと梨のデザートです。
足りるのか多いのか今年は分かりません。すべて来年の参考になりますね。



支度をして実家へ。
双子をお願いして8:15の開門に合わせて実家を出ました。
8:10頃着いて順番待ち。
50組くらいでしょうか。思ったより並んでなくて一安心。
斜面を利用した園庭、園舎なので、保護者席もさながらスタジアムの観覧席。段々になっていて前の人の背中が気になるということもありません。
私の前にも5組の家族が座っていますが、まったく問題なし。
トラック全体も見渡せるし、なかなかいい席をゲットできたなと思っていますが、さていかがなものでしょうか。

マメは9時に一度お遊戯室へ。年少さんにとっては初めての運動会。
いろんな緊張を担任の先生が時間を掛けてほぐしてくれるようです。
何から何まで幼稚園の先生にはお世話になります。
親の私は自分が焦って、マメの緊張をあおっていたかも。
でも、幼稚園に着くなり、同じクラスの仲良しなお友達に会い、二人でキャーキャー言いながら楽しく遊んでいたようなので、大丈夫そうです。

さぁ、あと10分程で始まります。しばらくは私一人です。頑張るぞ~。
コメント