香墨工房

書で表現する季節だより(花だより)

形を変える

2017年05月03日 | よもやま話
漢字かな交じりを書く時に気を付けているのは、
同じ字を書かないということ。
桜の季節は、過ぎてしまいましたが、
例文として”桜、桜 咲く桜”と
全て違った”ひらがな”にして書きました。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペン習字 | トップ | かなの基本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事