香墨工房

書で表現する季節だより(花だより)

味わい

2017年04月20日 | よもやま話
書道は、墨の濃淡が、味わいになります。
なので”にじみ”や”かすれ”を生かすため
墨をどれだけ含ませるかを考えます。

一字書は、最初に墨を含ませて一気に書き上げます。
半紙作品でも5文字ぐらいなら一度も墨つぎをせず
書けます。


墨が、多かったようで最後まで かすれず
書けてしまいました。
”故園花自発”
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永(王羲之) | トップ | 元に戻す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事