おやじボクサー(もう53歳・・・・・・の、ため息)のブログ。     ココロは3.11で停まったままの眼前の『津波』

スキー重傷事故→全身麻酔手術2回→足首に20cmボルト2本挿入+金属板補強→車椅子→リハビリを経て1年後に自分の足で立つ

自家消費率のお話(自宅の「電気」) 2020年3月度  @ おやじボクサー

2020年03月26日 23時04分37秒 | 東北大震災 <<2011年3月11日>>

季節季節で、

太陽の位置や角度、

「日照時間」も変わりつつ。

 

 

良いのか悪いのか、

あまり考えないようにしつつ。

時々、

帰宅後に液晶データを眺めてみたり。

 

 

 

世間一般での認知度も、

新築時に自動的に設置されている物件比率も、

現実的に増えて来てますね。

 

 

屋根の瓦の代替えとしても?

強化ガラスのほうがズバ抜けて頑強だし、

屋根の耐久性の点でも圧倒的に強靭だし。

 

 

万が一の?

雨漏り等々ですら、

「瓦」や「スレート」と比べても天と地ほどの差があるので。

建築の文化事態をも代えて行きそうです。

 

 

巷を見渡しても、

屋根に太陽光発電の「パネル」、

設置している様子を見掛けるのも珍しくない。

 

 

「電気」を売る・売らないを別としたってね。

得したか損しかって別の次元でもね。

確実な事は?

電気を生産出来るってこと。

 

 

野畑に建っている太陽光発電パネルも、

ビルの屋上に建っている太陽光発電も、

もう見慣れた景観だと感じる。

携帯電話の充電用の小型の太陽光充電器もね。

 

 

 

とにかく。

賛否両論あろうがあるまいが!

脱・化石燃料に向かっているのは事実。

向かっている先が正しいのかどうかは??

太陽光発電が最終的なツールなのかどうか?

そこは定かでないけれど、

事実は事実。

 

 

 

灯油を燃焼したり、

ガスを燃焼させる、

と、

言った空気を燃やすスタイルから?

今では世の中が、

大分変わって来たんじゃないかな。

オール電化をキッカケにね。

 

 

 

こういう事に触れると、

逐一「否定」して来るショボい暇人もいるのだけれど。

喰わず嫌いは?

食べてみないと?

答えはわかないんじゃない。

 

 

特段、

投資として考えない人も多いし。

当たり前の住宅環境として太陽光発電ってね。

 

 

 

昔って?

割と耳にしていたnewsで多かったのが、

(冬季)一酸化中毒で亡くなってしまう事故、

ストーブ点けたまま寝てしまっての事故、

火災の原因然り。

子供の頃って?

割と珍しくないnewsだった。

危険だね、

「火」って。

 

 

 

少なくても、

冬季の暖房に掛かるウエイトだって?

部屋の暖房費用だって?

手間だって、

お風呂の重要性って?

一番コストが大きい部分でしょう。

燃料代金がね。

 

 

利用する人数が多ければ尚更。

冬季の『光熱費』って言ったら?

夏季の倍以上だもん。

 

 

料理が好きな人は?

そこに消費する燃料だって?

必然的に多いし。

 

 

 

昔。

大好きだったアウトドア。

特に、

夜の時間帯、

そんな空間が幻想的で大好きだった。

 

 

直接火を起こす事や、

直火の魅力(料理)?

ランタンの灯り。

大好きだった。

眼に映す淡い風景もね。

対面の表情も愛おしかった。

 

 

例え難いものでもあるのだけれど・・・・・・・・・、

消えゆく灯りの中で、

過ごす時間も尊い時間にさえ思えたんだ。

あの頃。

 

 

そー言った?

「炎」の恵みって?

その時に味わった「食事」も?

どれほど簡易な物でも、

格別だったな。

 

 

 

きっと。

それって。

どんな時代になっても、

今後も愛され続けていく生き方(手法)の一種なんだと思う。

 

 

いつか遠い未来に、

燃料形態が全て変わっていて。

もう燃焼させる事象が、

この世から全く無くなって。

 

下手したら・・・・?

遠い未来では?

「空気」を燃やす事で重い課税の一種が?

訪れるのかも、、、、

そんな時代が来るのかな。

 

 

環境面や生態系を含めての事だけどね、

この地球上で、

直接「火」を起こす生き物って?

目的をもって使用するのって?

人間だけだから。

 

 

 

 

だけれど。

自宅のオール電化。

+太陽光発電での自給生活。

 

 

発電した「電気」の買い取りや、

天候次第等々、

確定された未来の保証って無いけれど。

 

現時点では?

国からの10年間の買い取り保証だけ。

 

 

建物さえ崩れなければ?

どんな震災が起こっても、

大規模な停電が起こっても(計画停電も含めて)

自宅での自家発電だけは?

発電効率も劣化して行くだろうけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

とりあえずは?

自宅の日中だけは電気は使用可能。

 

 

じゃぁ?

何が本当に便利なのか?

安全なのか?

生きて行く中で「万が一」を削除してくれるのか?

 

 

少なくても、

国が決めた法律では、

電気を買い取ってくれる仕組みの期間。

 

 

 

それをビジネスとして捉えている企業も山ほど存在してて。

 

 

そして、

自宅へ設置している普及率も右肩上がり・・・・・・・・・・。

設置していない家庭には?

逆に負担金が強制的に自動課税されていて。

(この仕組みも国が決めた事とは言え、有無を言わさない事実で凄い取り決めなんだけど)

 

 

そこは、

儲かる儲からないを置いて於いても、

「火災」の可能性?

発生は大幅に削減できるから。

 

『火災保険』がめちゃくちゃ安価になるし。

恵まれる点が大きいのも事実。

 

 

年齢がどんどん高齢化して行く世の中で考えても、

少なくても?

従来の「火」に頼った生活基盤よりは?

小さい子供が自宅に留守番をしてても、

お年寄りがキッチンを使っても、

安心・安全です。

 

 

特に、

子供が火を使用した間違いは防げるし、

焦がす事も、

火災のトラブルも削減出来る、

空炊きの危険も大幅に消えたし。

 

 

キッチンの清掃なんて?

ここ一番大きい点かも。

別世界の容易さ。清潔さ。

簡単。

楽ちん。

平です。

一拭きで済むもの。

 

 

等々、

改めて身に染みています。

 

 

 

お風呂に関しては?

熱湯のタンクの容量があるので、

一般的にタンクって470Lです。

 

 

やっぱシャワーが使用率が多い家族は?

体・髪の毛・更にリンス(爆

特に女性は?

男性よりもシャワー使用率が多いかも。

無駄にシャワーを浴びていると?

確かに心地良いけれどね。

 

 

必然的にお湯の消費量が凄いっっ

んだもの。

そう言う数値の実績も、

今までなら気にしていなかった事が?

現実に液晶で表示されます。

 

 

何度か、

我が家でも。

最後の僕の番では・・・・?

タンクの熱湯の量が消費し切っていて。

 

 

お湯切れしてて、

お風呂内の残っているお湯で、

我慢した事も数回(´;ω;`)ウゥゥ

(寒い季節には地獄です(笑))

 

 

何故にこれほど?

「お湯」の消費量が多いのか?

ってなぞです。

タンクは?

一日で満タンに補充されるのに(高温95℃以上で470L分に)

 

 

男の僕なんかは・・・・・・・・・・・・・?

体を洗いつつ、

顔も洗って(笑)

そのまま流さずに、

次は?

頭も洗って(「手」は当然洗ってますよ←ここ強調!)

 

 

最後で。

一気(一辺に)に、

全てを流しますから。めんどーですみませんっ

 

 

 

見えない部分でも、

節約しないと‥‥‥‥…「お湯」が足りなくなるし。

 

 

オール電化が節約になるんじゃ無くて、

使用方法が?

「節約」になっているのです。

 

 

一番電気を消費するお湯の「消費」を?

節約するから?

経費が抑えられるのかも。

 

 

結果。

こう言った事に変わるから? 変えて行くから?

その意味も含めて?

節約に成り立つと思ってる。

 

 

 

強引なエコかも。

 

 

 

と感じてます。

 

 

 

やっぱ。

何と言ってもね、

冬季のお風呂=ガス代金って?

凄かった。我が家は。

ガス代金だけでも何万円/月

だったので。。。

 

 

 

 

by おやじボクサー

 

 

 

 

天候の良い一日は?

「一日」の発電量だけで、

その日の、

家の全ての「電気代金」がチャラです。

光熱費「0」円の生活/日

 

 

季節季節(日照時間も変動して行くし)での良い例ではの、話。

 

 

ただ。

確実に言える事は?

 

 

これまでの1年間+数ヶ月間。

キッチンの清掃に関わる手間暇って?

眼に見えないメリットですが。

掃除って?

キッチンって大変でしょう?

特に世の奥様。

男なんて?

キッチンの掃除なんて?

見て見ぬ振りだし。。。。

 

 

おっそろしく(笑)

綺麗なままで容易に現在に至ってます。

掃除もとにかくめちゃ楽です‼

 

 

これで。

いつか?

IHクッキングヒーターが壊れたら?

寿命も来ることだろうし、

また大きな出費が来るんだろうな~

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« またもや・・・STARBACKSさん... | トップ | 失恋?『しゃもじ』さんで超... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東北大震災 <<2011年3月11日>>」カテゴリの最新記事