赤沢だけどスチュアートブログ

赤沢だけどスチュアートブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平澤が笠井

2016-12-03 20:19:11 | 日記
コラーゲンの最も有名である効能は肌の効果です。コラーゲンをとることによって、体の中にあるコラーゲンの代謝が活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。体内のコラーゲンが足りなくなることでお肌の老化が著しくなるので可能な限り、若々しい肌を維持するため積極的な摂取が必要です。スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まないということが最も大切です。刺激の強い成分(保存料など)はかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、配合成分について、充分注意しましょう。また、安いからといって安易に選ばず自分の肌にあったものを選びましょう。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても言えることです。本当に美白したいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。喫煙してしまうと、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが破壊されます。肌がかさつくなら、低刺激の洗顔料を選択して手を抜かず泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、ポイントとしては優しく洗うことです。さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿をしましょう。化粧水のみにせず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて用いるようにしてください。冬になると空気が乾いてくるので、それによって肌の水分も奪われます。潤いが肌に足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを起こさないためにも保湿と保水を念入りなお手入れを心掛けてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液がうまく流れなくなります。血行が良くないと肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。そして、肌トラブルを起こしてしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血行が良くなれば、代謝がうまく働き、健康的な肌となります。肌荒れが生じた場合には、セラミドを食事に取り入れてください。セラミドという物質は角質層の細胞の間で様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞同士を糊のように結合させています。表皮を健康な状態に維持するバリアのような働きもするため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。普段は肌があまり乾燥しない人でも冬になると乾燥してしまうこともあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を合わせてつけると良いでしょう。寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。そうやって、きちんと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬の肌の手入れのポイントです。洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌の補水を行います。美容液を使用するのは化粧水の後です。続いて、乳液、クリームと続きますが、これで肌にしっかり水分を与えてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。肌の調子を整える事に必要なことは洗顔です。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、荒れた肌になってしまうでしょう。それから、余分なものを落とすことは自分なりの方法ではなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 玄人と藤崎 | トップ | よちをでオオジシギ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事