Death & Live

いわゆる日記とは違うようで。死に様や心の疲労について、つれづれなるままに書き綴るだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『アーサーとミニモイの不思議な国』

2007-09-24 20:09:33 | 映画 「あ段」
『アーサーとミニモイの不思議な国』  2006年
原題 : ARTHUR ET LES MINIMOYS
監督 : Luc Besson

子どもだけに観せておくのはもったいない。

大人も充分楽しめるファンタジー。

3Dは見慣れてしまったかも知れないけれど、
そこはハリウッド映画ではありませんので、
キャラもヨーロッパの絵本に出て来るような、
ちょっとキモカワイイ感じですかね。

まぁ、こう言っておきながら、
元々こーゆー映画にはあんまり興味なかったのですが、
敬愛するRobert De Niro様と、
成長を見守っている(気分の) Freddie Highmore君
が出てますから、観る気になったワケでして。

はぁ、面白いんですね、この手の映画も。
フランス映画だからですかね?

色使いも鮮やかで、
スヌープ・ドッグの雰囲気もよろしくて、
何でも殺して解決する米映画とは全然違います。

どこか、さわやかで、風を感じる、かな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 映画 『ファンタスティク・フ... | トップ | 千段万段の心 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mezzotint)
2007-10-24 23:58:12
zooquieさん
今晩は
こちらこそ、TBのみで失礼しております。
おっしゃるように、ハリウッドにはない味の
ある作品でした。リュック・ベッソン作品は
「Taxi4」を観たくらいで・・・ほとんど未見
です。あ!そうそう「メルキアデス・エストラーダ
の3度の埋葬」も彼ですね。この作品は大好きな作品
のひとつです色々なジャンルに挑戦する
ベッソンはやはり凄いなと・・・・。
また宜しくお願いします

mezzotintさんへ (zooquie)
2007-10-25 20:50:10
コメントありがとうございます。

フランス映画×リュック・ベッソン×英語圏俳優×3Dアニメ=けっこういいんじゃん!
って感じですかね。

ベッソンは確かに色々なことをするのが好きなのかもしれませんね。

続編もあるらしいので、
今から楽しみです。

コメントを投稿

映画 「あ段」」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

「アーサーとミニモイの不思議な国」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
実は他の作品を見るつもりで映画館に足を運んだものの、上映時間を完璧に間違えていてその日に観る事は叶わなかった。「折角来たのだから、他の作品を観よう。」と思い、上映されている作品の中から選んだのが「アーサーとミニモイの不思議な国」。この作品の知識は全く無...
★「アーサーとミニモイの不思議な国」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「チネチッタ川崎」で2本。 その1本目は、久々にリュック・ベッソンが監督をしたという本作。 実写と3Dアニメで作ったという本作は、何度か予告編を観てたので、ちょっと期待あり。 冒険ファンタジーは、ひらりん結構好きだからね。
アーサーとミニモイの不思議な国 2007/10/08~10/14 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組)
アーサーとミニモイの不思議な国についての最近の情報です。
アーサーとミニモイの不思議な国★字幕版&吹替え版 (銅版画制作の日々)
 「ア~サ~~」と呼ぶおばあちゃん   10月2日に字幕版、8日に吹替え版で鑑賞。場所はどちらも、MOVX京都。吹替え版は支援の仕事での鑑賞でした。二度も鑑賞できてラッキー 主演は「プロヴァンスのおくりもの」、「チャーリーとチョコレート工場」などで活躍...