続!テコサの~王国!!

テコサ王国の国王、トモネコが作る素組みで雑なミリタリーモデルの数々・・・作った者が勝ちなのさ!でも最近作ってないな~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再びストック紹介~三菱F1!

2009-04-24 22:53:21 | WW2後ジェットの時代
 そういえば、朝、仕事に行く時、40位の女性が黒のポルシェ・ボクスターを運転してました。カッコイイです。これがベンツなら全然反応しないんだけど、ボクスターってとこが素晴らしい!ぜひお友達になりたいもんです(笑)。そんな機会は絶対にありませんけど。
 明日は仕事になりました。天気予報では雨なのに・・・しごとになるのでしょうか?

 それにしても、画像の箱絵は恐ろしく勇ましい程に低空侵入爆撃です。アリイの144三菱F1。
 どこぞの他国の基地に強襲でしょうか?それとも占領された基地の奪回でしょうか?

 かっこは悪くないが、性能は今一つとの話ししかきかない三菱F1です。練習機から作った戦闘機が、そんなに高性能のわけはないというお話でした。武装以外はT2に劣るとこも多々あるとか・・・
 三菱F1が性能劣るんじゃなくて、T2が高性能だったと考えましょう。でもアメリカ以外で単独、戦闘機開発運用できる国って凄いことだと思います。フランスとかスフェーデンとか。

 で、キットの方は、バリは多いけどチャント三菱F1に見えます。300円でここまで再現出来ていたら十分、合格じゃないでしょうか?それよりも箱絵の重武装の方が気になります。主翼のはじにはサイドワインダーらしきものも付いているし。


 ところで、手持ちの航空ファンの何冊かに三菱F1の特集記事があるので、珍しく資料を眺めて模型制作~♪とか言う事が出来そうです。眺めるだけで追加工作とはしませんけど・・・

 眺めると、単座にしないで複座のままの方がカッコ良かったような気がしてきました。電子機器とか何処に置くかは解りませんけど。

 でも、このキット、ちゃんと作るとなると結構、手のかかる作りになってます。ちゃんと作らなければアッというまですけど、近いうちに作るかもしれません。
ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 一か月以上ぶり?制作開始ヤ... | トップ | ベスト四号戦車!タミヤ35... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まいど~です (どんど)
2009-04-26 01:36:52
駐機されているシルエットの機体はバックファイアの様なので、ここはソ連邦領内
増加タンク無しで爆弾搭載した時の航続距離はわからないのですが
そんなに遠くまでいけないかも・・と思うと
日本海に近いあたり・・・
実際に起こらなくて良かったよかったデス

F-1,私の方は塗装で停まっていますがキット自体は良かったような気がします
翼端のミサイルランチャーが無いのはちょっと残念ですね

日本初の超音速機の開発を成功させる事が第一で、
生産量を増やすために支援戦闘機として採用したってところじゃないか
と、攻撃機らしくない小さい翼を見て思うのですが・・・どうでしょうねぇ
ドラマが広がります (テコサのトモネコ)
2009-04-26 14:48:52
 毎度のコメントありがとうございます。
 箱絵からドラマが広がりますね~^^。

 実際にこんなことが起こってたソ連の飛行機にF1は勝てなかったと思いますが、架空戦記的に面白い設定じゃなかろうかと。

 模型の方は、写真で見るよりチッコクて意外な感じがしています。きっと自体のデキが悪くないなら触りだけでも作ろうかな?

 七十七機程、生産されたF1、支援戦闘機と採用されたのに数が少ないな~って言うのが正直なところですが、日本初の超音速機の開発が目標の機体では、妥当な数なんでしょうか?
 F2以降の開発の話が聞こえてきませんが、どんなもんなんでしょう?

 なんか話がまとまらない返コメですいません(´-∀-`;)

コメントを投稿

WW2後ジェットの時代」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事