時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

人と本能

2014年07月31日 | 時事寸言
悪に生きる時代と云うのでしょうか、
人の社会の全般的な様相ですが全世界的にと言う程に思えます。

俺俺詐欺にしても其の数を増やし被害も日増しに多くなる様で、
正常、正当な組織や企業も形態はまともに見えても、

中身は詐欺寸前での企業活動は殆どで金銭を楽に得る為には、
詐欺的行為は効率が良く倫理や正義感、正しさや美しさの欠けた、
其の思考は身体的にも霊魂的にも現代人の特徴と言えるかも知れません。

どの分野どれを執っても例外なく悪に近く在りますが、
其の個人の性癖や人格から観て殆と言えるほど浸透している様で、

人は悪に根ざした生き物で学習に依って善や正しさを知り、
人の和が保てると云われていますが本能に生きる事は容易く、

何の利益もない善や正しさ誰も好んで学習する訳もなく、
国民の為の国家の教育に問題は有りますが時間経過と歴史的に、

其の質は劣化して人本来の本能に従い生きる事は容易い事ですから、
正しさに善にと進み始めたとしても定着安定するまでの時間は、
其の容易でない事を見せ付けます。

何故なら、人の本能を確り持って母から生まれでますが、
其の初期の教育は母親の躾に依って左右され其の質は重大です。

其の躾に依って公の初期教育は行われた結果は、
将来の義務教育に重大な影響が観られますし其の母親の躾は、

此の義務教育と社会規範の有無や周囲に人の質に依って違い、
其の子の成長は左右されて仕舞いますが経済的な影響は社会に出て、

汚される其の人間性は躾に影響大と思えますし、
金銭取得は悪に近いほど有利ですから母親と成る人の其の質は、

重大な要素を持つと思われますし現在の社会状況も其の影響と思われ、
人の質の低下は日増しに悪化するばかりと思えます。

現在、母親と成る人の人としての教育や質は最悪とまでは云わずとも、
良い訳は在りませんが母に成る迄の経過は重大な意味と成っています。

其の循環に依って在る現在の子供や社会現象は、
次期母に成る人に与える影響は良い理由も無く悪の循環は激しく成ります。

最悪は社会を知らぬ優秀な人達に依って改悪されてゆく社会ですが、
此の人達に一番大事な部分を委ねて人、人、人、其れは国民。

陰に隠ってシロアリと成り現状は御覧の通りですし修復不可能で、
次期を迎え循環する結果も御覧の通りです。

結果、少子化も進み人の社会の消滅も観得ますが自分の利益確保を優先して、
進む社会は女性の劣化とセックスレス、男性不在も手伝い少子化です。

隠れた犯罪としてはセックスが又、原因で女性が殺されますが、
条件に悪条件は増しに益し人の社会の崩壊は直ぐ其処まできています。

あらゆる悪が蔓延る地球上ですが邪魔に成る善や正しさは姿を消し、

在りましたね、旧約聖書に、
白髪の老人が現れ白光一閃、街ぐるみ消し去る話が、

もう戻せない処迄で来ていると思えますが、
テレビは其れを助長するかの様に。
コメント

人の心は

2014年07月30日 | 時事寸言
ロシアも中国もイスラム諸国も又、イスラエルもヨーロッパ諸国も、
ユーラシア大陸に在ると思われますが今、此の大陸では、
人の命も人の建造物も破壊されて消滅しています。

夫々の国が国益を求め排他的な状態に在りますが、
釈迦が云う全ての欲を捨てなさいは此の人達には理解外か、

死傷者と廃墟は広がりますが女子供は弱者ですが唯、逃げ惑うだけで、
壊し屋は其処に何を見ているのでしょうか。

又、人を殺し物を壊す連中ですが何を目的にしているのか、
理解に苦しみますが其々リーダー、権力者は安全な場所で、

利益を貪る事と思えますが其の手先で踊らされているとも知らず、
命がけの毎日ですが何も得るものは在りません。

人の人生、其の意義は唯一人の人の為でも役に立った時、
其の人生は意義を持つと云うのですが其のたった一人の人に、

役立つたと思える事は簡単な事と思われますが真に役立ったかは、
不明に近い事ですから物質的や金銭的では無い事も理解出来ますが、
真に役立つと言う事は意義深い事と思われます。

皆さんお好きな心に役立つ事でしょうか、
では、その心とはの定義は既に出来ていて、
其の心にどの様に役立ったのしょうか。

辞書上では色々在りますが姿形を持たない存在と思え、
人の身体には存在せずココルと云う鳥の心臓に似てココルが訛り、
心と成ったそうですが人の身体の何処にもない無い事も事実です。

では霊魂部分に存在するのかと言う事ですが、
此方も姿形は在りませんから何処に存在するのかは解りません。

然し、人は其の心を自分の言葉、言論に多用していますし、
あらゆる表現に多用して其の表現を真実と想わせる様ですが、
詐欺師や議員・権力者連中の飾り言葉と思えて成ません。

人では其の集まりも弱肉強食は自然の摂理ですが、
其の弱者を補う法や正しさや正義は姿を消しつつ在り、

野性的な人の社会に成ったと云えますが、
自分の野望や我欲を推し進めると弱者は耐えられる事もなく、

唯隠忍在るのみですが中国やアメリカ、ロシア等大国は、
国益と称して推し進める欲望の手は弱者には耐えられません。

プラトンの国家篇では自国の国土スペースが足り無く成ると、
自国の塀から他国を覗き空きスペースの空きを見て手を伸ばす事で、
戦争と成ると記されていますが大国成ればこそで弱小国悲哀です。

詰まり、リーダーや権力者が良からぬ欲望で人を滅ぼす事に成りますが、
野生動物では身体や力の大は小を蹴散らし奪い取ったりは常の事で、

何ら珍しい事では在りませんが弱者に譲る強者の姿は美しく観得ますが、
アメリカも既に其の姿は消え失せ始め周知の事では在りますが、

次の地球のリーダー国は薄汚くも中国かロシアと言う事ですが、
何方もリーダー国には相応しくなく汚らしいゴロツキの様ですが、
後に続くイスラム諸国のリーダー候補国と言うならお先真っ暗。

人の社会は滅亡と言う事ですがアメリカも第二次世界大戦で、
日本を負かし中国や韓国、ユーラシア大陸の諸国を救い出し、

今は其の救い出した国々から粗略にされての現状ですが、
リーダーの移り変わりも自然の摂理日本の昔言葉には、

栄枯盛衰三十年と云われますが三十年よりは長く持ったと言えますから、
アメリカの奮起で正義のリーダーは国益を問わず、

地球の人のリーダー国として奮起する事で汚い強欲の中国やロシア、
リーダー国の質が問われていますが衰えるかアメリカと、

強欲に蔓延る中國・ロシアの勃興を抑え正義を見せるべきですが、
今の大統領では其の人に非ず?、奮起してもですが、

其の大統領の奮起は強い、正義のアメリカですが、
期待出来る事を祈りますがアメリカのアメリカ国民の為の国益と

云う時、其の正義は消え失せて仕舞いますが、
地球の人の社会の為には正義の正しい国家とリーダシップが、
期待されていますが如何に。
コメント

そんなん知らん

2014年07月29日 | 時事寸言
友達で在っても信頼は無いに等しく人の野生化は進む様です。

プラトンの著書には友情や友人を定義してる部分が在りますが、
私はその説に賛同する者の一人で現在其の意義に於いて友人と云える人は、
在りませんがネット上では友人、友人と焚き付けて居ます。

昨日はその友人同士15歳は残虐な殺し様で友人を殺して仕舞いましたが、
幼児の頃から自転車の前籠で母親の諸行を観て育ちますから、

親の質に依っては正しさは受け取る事は不可能と思えますが、
最近の若年層を観る限り恐ろしく成って仕舞い野生化して社会に在ります。

社会全体が此の一色に染まり本能の赴く儘我欲の達成に夢中で、
社会は昔、樹上を降りての人の社会とは裏腹の在って無い社会。

野生に在っての生活は自給自足を全て自分がしないと生存は無理ですが、
社会に在って其の必要は無く唯、我欲の追及は本能ですから、

社会や他人は眼中に無いと云う現況は自然や地球が人の抹殺を試みる如く、
天災人災総動員で人減らしをしている様に其の裏では国益、国益と、

どの国のリーダーも夢中ですが益在れば損在るが如く、
我欲追求は盲目と化し地球上殺人や破壊行為の無いが如く、
躾や教育は其の気休め的薬と思われますが欠乏状態で処置は在りません。

初期の社会は一人一業の協同平等協助の小さなファミリーでしたが、
其の意義が拡大して現在、一人一業は拡大して企業を意義しますが、

現在地球上の企業商店は其意義を失い我欲を集めて其の集約で、
社会上に害は在っても何の意義も見出せないと云う悪の存在。

其処に幼児期からの悪の躾は極みに達し自然からも見放され、
今、地球上は自然総出の人減らしと社会抹殺、進みつつ在りますが、

交差点を渡る人の様子は蜘蛛の子より劣り社会規範も何も無い状態ですから、
此の人達に社会の意義や社会規範は存在しませんから、
唯、我欲の追及在るのみで唯、其の為のみに生きているだけと観得ますが、

御当人は至極快適でそんなん知らん。
どうでも良いやん。
コメント

そんなん知らん

2014年07月29日 | 時事寸言
友達で在っても信頼は無いに等しく人の野生化は進む様です。

プラトンの著書には友情や友人を定義してる部分が在りますが、
私はその説に賛同する者の一人で現在其の意義に於いて友人と云える人は、
在りませんがネット上では友人、友人と焚き付けて居ます。

昨日はその友人同士15歳は残虐な殺し様で友人を殺して仕舞いましたが、
幼児の頃から自転車の前籠で母親の諸行を観て育ちますから、

親の質に依っては正しさは受け取る事は不可能と思えますが、
最近の若年層を観る限り恐ろしく成って仕舞い野生化して社会に在ります。

社会全体が此の一色に染まり本能の赴く儘我欲の達成に夢中で、
社会は昔、樹上を降りての人の社会とは裏腹の在って無い社会。

野生に在っての生活は自給自足を全て自分がしないと生存は無理ですが、
社会に在って其の必要は無く唯、我欲の追及は本能ですから、

社会や他人は眼中に無いと云う現況は自然や地球が人の抹殺を試みる如く、
天災人災総動員で人減らしをしている様に其の裏では国益、国益と、

どの国のリーダーも夢中ですが益在れば損在るが如く、
我欲追求は盲目と化し地球上殺人や破壊行為の無いが如く、
躾や教育は其の気休め的薬と思われますが欠乏状態で処置は在りません。

初期の社会は一人一業の協同平等協助の小さなファミリーでしたが、
其の意義が拡大して現在、一人一業は拡大して企業を意義しますが、

現在地球上の企業商店は其意義を失い我欲を集めて其の集約で、
社会上に害は在っても何の意義も見出せないと云う悪の存在。

其処に幼児期からの悪の躾は極みに達し自然からも見放され、
今、地球上は自然総出の人減らしと社会抹殺、進みつつ在りますが、

交差点を渡る人の様子は蜘蛛の子より劣り社会規範も何も無い状態ですから、
此の人達に社会の意義や社会規範は存在しませんから、
唯、我欲の追及在るのみで唯、其の為のみに生きているだけと観得ますが、

御当人は至極快適でそんなん知らん。
どうでも良いやん。
コメント

人の誇りは

2014年07月28日 | 時事寸言
テレビは熱中症の警告ばかりしていますが一方では子供への犯罪を、
若者二人が小学二年生の女児に声掛け、複数人での犯罪増えるかと放映、

航空機の墜落や船の転覆、電車の衝突脱線、地震や津波・豪雨の被害、
異常気象と異常な人に依る事故死は増え続けますが、

自然災害は別として人の質の醸す事故ですから、
人自体が質の向上をしない限り増え続ける事と思われ、
其の発端も見えない現在ではお先真っ暗です。

自然や地球が人を見限りあまりの低質に人減らしを試みて、
自然災害や異常気象は其の為ではないかと思われますが、

地震津波は人の避け得ない事とは云え人の人生の処し方に依存して、
人の本能の欲に起因する結果ですが其の欲の捨てられない事も事実です。

釈迦は苦楽の両方を修行して得る処無しと中道を言いますが、
凡人には理解し難く現在に至りますが釈迦の居るインドは、

インドの哲学者の言では初期の世界リーダー国と位置づけられましたが、
其のリーダーの樹はイギリスに渡り其の諸行は任に非ず、

日本に取って代わられ様としましたがアメリカの参戦は、
破竹の進撃でイギリの植民地からの救出は日本に変わっただけで、

アメリカの非人道的原子爆弾は日本に敗戦を齎し、
中國や韓国ユーラシアの諸国はアメリカの戦勝で救い出され、

現在に至りますが中には其の恩を仇で返す国も在り、
現在は又、混沌へと移り変わりそうですが、

其のアメリカの終戦処理の隙を見てロシアは北方領土にこっそり進行して、
北海道もとロシアのチャリンコ根性はアメリカの気付く処と成りまして、
千島列島や樺太、北方四島の領土占領です。

然しロシアとの間には当時未だ不可侵条約期間中ですが一方的に破り、
チャリンコ根性を発揮しますがウクライナとの紛争を観ても、
其の特性は今も健在、油断の成らない国と言えます。

因みに日本では昔からチボ・チャリンコと、隠語が在り、
御存知でしようがチボは掏摸、チャリンコは置き引きこそ泥の意義で、

現在人は自転車をチャリンコと言い愛用していますが、
其の乗り方から見てもピッタリの命名と思います。

其の乗り方はこそ泥では無く堂々としている処は哀れですが、
人の中身は言動に如実に現れる様に日本人の殆ど全てと思えるほどの蔓延で、

日本人の本性とも云えますが、日本列島に元から居た人達は、
誇り高く平和主義で太陽を求めて移動した人達はユーラシア大陸の人々、
此の人達とは争わず住んで居た平地を明け渡し山奥へ、

従って、原住民は山奥え移住しての渡来人ですが、
天皇制も其処に其の人達で今現在ですが八切止夫さんは此れを言い、

新聞各紙にボイコットされ著作物は売れないと言う事で、
其の著作物はアメリカで保存されているという結果ですが、

知らないのは庶民国民、知ろうともしない人達ですが、
流石アメリカ、違うゆえの、大国、世界のリーダー国と云えます。

日本では敗戦後に山窩族、日本の真の原住民は現社会の中枢に、
在ると思えますが知る人ぞ知る表立つ事は在りません。

其の人達の平和主義や慎ましやかな誇り高い気質は健在か否かは、
定かでは在りませんが建材で在って欲しいと願う者の一人ですが、

韓国、当時朝鮮国ですが、中国系は当時の将軍、日本列島に在って、
定住して日本統治の歴史ですが知り得る限りの資料では、古事記以来、

日本人とは混血の坩堝と云われて現在ですし其の様子を彷彿とさせますが、
調べ、知るほどの人も無いのが現状です。

古事記以来の日本の歴史は其の様な事情の上に築かれますが、
知らなくて良いのかも知れません。

其の分、人の誇りは投げ捨てて在るのかも知れませんが、
持ちたいのは自分のルーツと其の誇りかも知れません。

自分のルーツは。
コメント

記事訂正

2014年07月25日 | 時事寸言
音声FILEが乗りませんでしたがバイオリン練習とPCM録音記事は、
文字だけでしたがgooもgoogleのブログも駄目でした。

記事の‌意義からすると意義のない投稿でした。

バロック時代は超エリートがする音楽でしたが、
現在は大衆の物と成りましたが質の低下は否めません。

何事も大衆化する事で学問も芸術も地べたに引き落とされて、
目も当てられませんが何方も相当な修行が求まられますから、
寝間着の儘では仕様の無い事かも知れません。

MIDI-FILEにすると楽譜も音楽に蘇りますが楽譜を音楽化する事は、
楽器を持って演奏するのと何ら変わる事はなく楽器演奏の技術がなくとも、
楽譜解釈が可能で在れば再現可能と成ります。

藤沢楽器店付属教室教材としてのHPも店舗閉鎖に依って終了しましたが、
従って、MIDI入力も終了したと言う事ですが楽器演奏が出来なく成ると、
MIDI入力で音楽的クリエイトを楽しむ事に成ります。
コメント

バイオリン練習とPCM録音

2014年07月24日 | 時事寸言
普通の小さな木造家屋の部屋ですが楽器はヘフナーのミュートバイオリンで、
近所迷惑を考慮して駒には金属製のミュートを付けての練習録音です。

弓も杉籐の最低品で何度も毛替えを自分でしていますし、
演奏技術もプロでは在りませんから最低と思われますが、

自分で直さねばと思う処は音の頭が少し引摺り気味で不鮮明かと思い、
音頭が不鮮明ですがメッサデボーチェにも程遠く直さねば成ません。

また、音尻ですが消え入る様にと思いながらも弦の上での、
弓を持つ状態が中途半端で弦に預けず持っていますから完全に力が抜けて、

弦の上で無重力に近く脱力もそうですが止まって弓を弦に、
預けた状態に成っていませんから引きずった感じと成って仕舞います。

一音一音の透明感が欲しいのですが今弾いている音のさなかに、
次の音に気が行って現在の音が疎かに成っています。

老齢の為でトリルが数少なく指が衰えているからか疎らに聞こえますし、
ビブラートも矢張り歳のせいか矢張り疎らな感じです。

音圧も在るべき処に少し不足めですが音の質は松脂音が少なく、
良好かなと思えますが自分の自画自賛気味ですが、
練習を重ね無ければ成ません。

未完成のカール・フレッシュ奏法での練習結果ですが、
弓の毛は全幅使いますし弓は倒して使いませんが、
PやPPでは倒して弾きませが殆どは全幅で第一指の圧力加減です。

バイオリン修行もフランス・ベルギー派の奏法が習えましたが、
弓を弾くと白い松脂の粉が舞い上がる程付けての練習は、
今思うとうんざりしますがヒュッと空滑りしてか音が成ません。

其の恐怖は松脂を沢山付ける結果と成りますが、
其れでも成る時は成りますから防ぎ様が無いと言う事ですし、
神の悪戯と注意の仕様が無いと云われて為す術はなかったのですが、

松脂を殆ど付けないにも関わらず未だ一度も経験しませんが、
其の理由は解らないとしか言えません。

旧来、従来からの奏法では神の悪戯と理由を問いませんが、
カール・フレッシュ奏法に転向して以来一度も経験しませんが、

一音一音完全に無音が入り一音一音クッキリとする事を願い、
レガートと云えどもですが松脂のザラツキ音や音型を確立して、
其れでいてレガートを目指しますが中々難しい事も事実です。

名人成らぬ愚鈍の凡人で在れば努力のみしか在りませんが、
添付した練習PCM録音ではバロック時代の演奏習慣に則しての演奏は、
中々、満足の行く練習に成ません。

扨、三次元、身体上での音楽行為は上手く弾く事でしょうが、
音学の中身は少し次元が違いまして姿形にない世界へと誘われますが、

音と音の繫がる旋律部分は哲学的とも云えますが人を形而上に誘い、
人を無形の状態で感性に訴えリラックスさせると言うのですが、

森林浴で人をリラックス状態に誘う効果と良く似ているので、
形在る存在から形のない存在への移行は人にリラックス感を与え、
暫し無形の世界へ旅する喜びは格別の時と思えます。

然し、昔人の音学した記録の楽譜は人の世界の物の存在ですが、
昔人の音学表現ですから尊敬と感謝で接する事に成りますが、

此れが無ければ自作自演を試みる事に成りますが、
再現芸術としての楽譜再現は非常に有り難い事と思われます。

今日も妻の買い物の荷物持ちにショップに行きましたが、
寝言か独り言でも判然としない現代人好みの彼等が云う音楽だそうで、

聴くに耐えない戯言に何か節の様な物が付き何とも言えない音が、
スピーカーから流れているのですが、ヘンデルや。バッハの音学とは、
全く違う世界に居る思いで早く退出したいと思いました。

其れがお金に成りスマートホーンなどで一曲いくらだそうで、
此れが音楽産業とか脱法ハーブや麻薬に浸りながらの音楽と見受けますが、
何も彼もがぶち壊されて在る姿は哀れを誘います。

昔は学問として其れ専用の修行をしての表現でしたが、
絵画も音楽も芸術的表現は皆無と成って居る様ですが、

ユーラシア大陸での殺戮破壊は此れも大掛かりなぶち壊しで、
人の質の程度やステージでの問題ですが宗教戦争とも観得、
宗教の存在を何と観るのか破壊の動物、人の世界は矢張り破壊。

早く滅亡する事が地球にとって最適かも知れずと、
思う今日此の頃ですが音学も現在は不要のもので現在の人の社会では、

ナンセンスかも知れません。



コメント

あの世と此の世

2014年07月23日 | 時事寸言
略奪は野生の男の最も得意とする処ですが、
昔ならいざ知らず、人が宇宙へ行き来する時代に流行するとは、
人の先祖返りかも知れませんが先ずは無事を祝いましょう。

ユーラシア大陸では物も破壊、人の命も奪われ今、人の社会は、
最悪の状態ですが地球全土がユーラシア大陸と同じ状態は直ぐ其処まで。

人は自分の命も粗末にしますが益してや他人の命など何とも思いませんが、
人は霊魂主義では身体と霊魂に依って在ると言いますが、

現状では霊魂のコントロールが効かない状態で、
霊魂は直接身体を制御出来ませんが霊魂は物の世界に無い為ですし、

ソクラテスにはデーモンが出てきて差し止めると言いますが、
私などはソクラテスには程遠くデーモンも出ませんが、
民放のテレビ画面には厚化粧の物が車座に並びます。

ひょっとすると霊魂は不滅で増えも減りもしないと聞きますが、
然し、霊魂は人の社会や世界を見捨てて人は身体のみでの人生かも知れず、
人の質の低下は限度を超えた感じですが宗教が暴力に訴え派閥争い、

ユダヤ教とイスラム教、キリスト教とイスラム教、何処まで殺し合うのか、
知りませんが一方、宗教になくても人の本能は相手を排除しても、
自分の欲望は確保する様ですから何れにしても殺し合う生き物かも知れません。

霊魂主義・スピリッチャ・リズムは百数十年の歴史ですが、
プラトンの著作ではパイドン篇が存在しますから此方は、
二千数百年の歴史ですがソクラテスが語る此れから行く処と話し始めます。

霊魂不在成れば彼の世は無い訳ですからスピリッチャ・リズムは不要かも、
人の本能のみで自分の欲望に従い生きる訳ですが物事全て、

自分が欲する欲望は何が在っても貫徹すると言う事ですが、
其処に限度を超す事で人と人が戒めの約束事、法律ですが、

其の法律は今や守られる事のない約束事で司法関係者の独占部分、
初期の意義は既に無いのですが形骸だけでも在れば守るべきです。

霊魂不在の人には全く関係ない事ですから物の破壊も人の命を奪う事も、
本能の命ずる儘、欲望の貫徹と成ります。

此処から観ると現在社会情勢の全ては判然としますが、
自分の欲望だけの本能の人は唯、突き動かされる様に本能の指示に従います。

其の時、此の人の状態は損得、正不正の範疇に非ず自分の本能のみです。

犯罪は不考の儘、行われてゆきますが我が国法は犯意が無かったと、
罪に問えない問わなと云う国法の基で何の役にも立たない国法は在り、
人の社会は荒みゆく日本の現状は止めどが在りません。

子供達は其の中で育ち行きますが親を含めて人の成長に何を、
プラトンの国家篇では教育にページは沢山与えられて居ますが、

此の国の教育は教育の質の為ではなく金銭取得の職の為、
意義不在で経過証書取得の為の教育期間と思われます。

読めないかも知れませんが?、プラトンを少し読んでみて実践してみれば、
何か得られるかも知れませんが、金に成らない読書はなさそうです。

文学もチボー家の人々や戦争と平和など在りますが、
宗教書は避け哲学書をお読みに成ります様お勧め致しますが、

哲学書は創作ではなくドキュメント、真知への考察に、
名誉も財産も地位も得られないのですが、

文学は青空に浮かぶ雲と云われ、哲学書は真っ青な深い青空の様と、
表現する言葉も見掛けますが何方を好むかは其の人のステージに依るとも。
コメント

脱・MSは

2014年07月22日 | 時事寸言
ユニックスの書籍や文献が出て来ましたのでBSDに取り組みますが、
コマンド操作はMS-OSの様には便利よくブラックボックスではなく、
手間暇掛かりますが一からの取り組みです。

又、MS-DOSも勉強仕直しで diskpart 使うからですが、
解った様で実は解らない自分が見えてきます。

中身を理解して解らないのは自分にも定義出来ないと言う事で、
ブラックボックスを便利に使うだけと成ります。

実は其の状態では肝心の処が抜けていますから理解ではなく、
唯、使えていると思っているだけで次が出来ないと云う事です。

従いまして、ベイシックも理解仕直しと言う事ですが、
そんな暇はないのが現状で対々MS-OSで済ませて仕舞う事に成ります。

あまり使わず仕舞いでプログラミング・ソフトが在りますが、
再インストールして此れも勉強かも知れません。

MS-OSを購入してPCにインストールしますが認証と称して、
MSのお許しを頂く事に成りますが、

例えば、一度目はネットでお許し頂きますが、
元え戻した場合、詰まり削除して以前のOSに戻しますと、

MSでは記録されないのか二度目のインストールと成って、
認証、お許しは頂けませんから電話でお願いと成ります。

私は此の事で細い方を握らされている自分を其処に感じますが、
何度でも此の状態は続き腹立たしく成るのですが、

数台在る自作PCは一度に何台も同時に使いませんが、
音学入力用で在ったり、インターネット上の自分のHPだったりで、

一度に一台しか使いませんが自分用ですから二台にインストールして、
使いますが一台のみの契約にしても削除して再インストール時には、

認証、お赦しがないと言う事は削除しての再インストールは、
記録してなくお許しが頂けないと言う事に腹立たしさを感じます。

何様のつもりか客を何と思うかと、ユニックスに成りますが、
便利さに慣らされた自分を其処に発見して又、ユニックスをと思います。

リナックスも二・三使ってみましたがBSDにインストールし直す事が、
何時もの通例と成って仕舞います、お許しは無いからです。

インストーして最初のログインから立ち往生して仕舞いますが、
解説書籍が出て来ましたので再学習をしてみます。

結果、経過報告が出来ると良いのですが、
以前は出来ましたから今回もと思っています。

音楽、MIDI入力をしていると手間隙掛かる事は避けたく成りますが、
現在は入力をしていませんからBSD続けられると良いのですが。

脱、MSも理由の一つですから。
コメント

チェロの練習では

2014年07月21日 | 時事寸言
チェロの練習では、
バイオリンと違いビオラ程指使いは間違いませんが、
チェロも間違ってしまいます。

バイオリン属の楽器は指を寝かせたり立てたりと音程調節に役立ち
カール・フレッシュ奏法の弓とトルトウリエの楽器構え方は、
指の角度は大きく変える事が可能です。

私は低音があまり好きではない為、
高音のバイオリンを好みますがビオラは、

バッハのソロソナタを弾くと興奮しますが、
チェロでは未だ其れを感じる事は在りません。

若い時、カーネギーホールと云う映画を見た時、
カザルスの演奏姿を観ましたが堂々たる姿でした。

バイオリンに比べ何も彼も大きく扱いづらい楽器ですが、
折角売れ残った楽器ですが練習する事にしました。

スズキのチェロ教本ですが未だ5巻を練習していますが、
チェロの為に書かれた曲は矢張りバイオリンとは違って感じます。

最終目的はバッハの無伴奏ですが何処まで出来るか楽しみですが、
写真やビデオ撮影も有りますしブログでの文書表現も在り、
部門道具は違いますが、表現、時間配分に一苦労です。

転居の後片付けや光配線など、PCの不調も在って回復保存と、
時間を取られましたがHDDの修復に手間取っています。

diskpartでの修復ですが昔のMS-DOSなど思い出さねば成りませんし、
もう、てんやわんやの大騒ぎで未解決のHDDやメモリー、
ドライブ文字が原因ですが暫し立ち往生と成っています。
コメント

バイオリン練習は

2014年07月20日 | 時事寸言
バイオリンの練習ですが、
先人の作品、名曲は沢山在りますがヘンデルのソナタは美しく、

其の旋律から思索する考察は音を使った哲学とも云え、
言語言葉を使う事でも哲学ですが音を使う其の内容は、

音から音へと果てしなく私を誘いますが姿形を持たない音は、
形而上に私を誘い身体の存在を暫し忘れさせて呉れます。

人生での得た経験や体験を形而上に展開して其の真知を求める人生を、
音に変えての展開ですがヘンデルの作品でその旋律を奏で辿りつつ、

真知を求める其の道すがらヘンデルが意図した意義は私の思索に、

道を与え真知考察の示唆を与え自分の身体を置き忘れた儘、
果てしない思索の旅に出るのですが其の自分を忘れてヘンデルの旋律の中に、
在る自分に回帰する時、音学と称する其の時間は至福の時間と思えます。

楽器も弓も自作で姿形はストラドの足元にも及びませんが、
其の奏法自体もカール・フレッシュに従った奏法で世間ではない奏法で、
音も当然違いますが何人かの転換挑戦は出来ませでした。

相当な覚悟と努力無しには出来ないのですが根気強さも必要で、
得られた音は先ず、松脂を必要最小限ですから松脂の雑音は皆無ですし
音量は三倍は在ると思えますが録音してみると松脂のザラザラ音も皆無です。

弓は弦に乗せた儘で必要に応じて人差し指は圧力操作をしますが、
弓を持って彈く事は在りませんし毛幅も全幅使うのですが倒してピアニッシモ。

弓を手で持ちませんから楽器保持は肩に水平に近く保持しますが、
肩当ても必要ありませんし無駄な事や無駄な物は必要在りません。

人間工学や合理的な全ては無駄が在りませんが音量の大きさは格別です。

カール・フレッシュの書物上で御存知の此の奏法は実音を聴くまで信じ難く、
解らないと思われますが実際に聞く機会は無いかも知れません。

此の奏法に似た奏法はチェロに在りますがポール・トルトウリエの奏法で、
日本で言う内弟子的な方が日本人に居らっしゃいます。

楽器を平たく構えテールピンは屈折しています。

私はチェロを此の方法で練習していますが弓はカール・フレッシュ奏法で、
何方も同じ理論の基に在ると理解しています。

旧態然とした家元制に依る伝統奏法は松脂のお陰でバイオリン音かも知れませんが、
松脂を取り上げられたらバイオリンは演奏出来ません。

従来からの銘器の音も松脂音かも知れませんが其れと気付か無かったと言えます。
松脂の白い粉が飛ぶほど付けますがザラザラした音がバイオリン音です。

人は何も解らずとも信じ込む習性が有りますが、
此れがバイオリンの音として受け入れた時から松脂の音です。

然し修正する事は無く昔からの音がバイオリン音と言う事です。

バイオリンは教室でチェロは修行中と言う事ですが、
優先してチェロを練習しなければと思います。

表現部門ですが、私の場合は感性の研ぎ澄まし時間かも知れません。

楽譜を使わせて戴き乍、演奏では無くチェロで鑑賞。
コメント

無法無秩序

2014年07月19日 | 時事寸言
プラフマンとアートマン、ベーダ聖典には、
梵天、宇宙だそうで、アートマンは個我だそうですが、

宇宙をそっくり縮小したと書いて在りますが解り易い対象で、
自分自身を其の様に観る事は今現在、人の世界で見聞出来る様相と、

相当な乖離を感じますが人本来の食い眠り死ぬと云う行為の本能と、
倫理、正邪などの事柄を学び考察出来る人との差も又、大きいと思え、

テレビは、ニュースは、毎日の様に犯罪の多くを報道しますが、
此の内容は何とも云い様のない厭なニュースです。

コマーシャルを見る時スポーツを見る時も同じ想いですが、
人の言動は常軌を逸して其れが正常状態と思える光景時代は、
矢張り厭なものですが人が言動する姿内容ですから又、尚更です。

人の根底に脈打つ悪の部分ですが、
世に言う善良な庶民、国民ですが自転車に乗ると其の中身が表現されて、

ルール不在や無秩序は一つ例を上げますと進行方向を自転車で、
逆走する行為ですが平気で当然の様な顔で逆走する姿は、
私には出来ない不思議な行為ですし、

ルール違反を平気な顔で平然としてのける其の姿は異様に見えますが、
御当人は平然と其の数もほぼ全員と見えますが後ろや前籠に小さな幼児が、

此の年頃からルール違反を実践すると言う事は成長して其の成果は、
想像するに難くない光景ですが母親に仕込まれての成人は如何ばかり、

制服が変わっても詰まり警官でも中身は人の子ですから、
日常、する事は庶民と同じで法は何の為に在るのか解りません。

街を散歩すると此の光景は幾らでも見られますが、
法治国家と良く言いますが法痴国家が似合うかも知れません。

社会規範は此れを嫌い戒めますが老若男女子供まで、
例外なく違法行為を平然とする国家国民です。

損得勝負は本能の言動に合致しますから其処に法の存在は厭なもの、
便利で楽で効率が良ければ誰憚る事無く当然の行為。

人が自給自足を分担する事で始めた人の社会は、
互いの為ですがタブーを守り合いますが現在は其れが規模拡大で、
国家形成までと発展しましたが憲法や国法の元はタブー数箇条です。

ソクラテスの弁明篇を読めば解りますが正しさに生きる人が庶民の子女に、
其の意義を教え其の子は親の批判も在り始めると親のこけんに関わると、

法に訴えソクラテスを死刑にしますが此れが当時の社会と人ですから、
投獄されて死刑までをクリトン篇で、プラトンの著作ですが、
現在日本の社会では殆ど無秩序不正義野生動物に等しい人の社会です。

後から生まれて此の社会に参加するほど悪は悪を更新して、
治安も悪く身近に異常者を見る現状は物欲に徹した野生化した人の社会。

処置なしとは思えますが二十年先を観て正しさを教え改善を待つ以外、
年々改悪の人の社会は滅亡以外に無いかも知れません。
コメント

アナ・視線

2014年07月18日 | 時事寸言
テレビのニュースを観るのですが、
国営放送はコマーシャルが無いだけ低俗性や文化・人格破壊が無く、
然し乍、毒にも薬にも成らない内要のニュースです。

然し、放映手法は世界共通と思える誰にも特定しての語り掛けでは無く、
モニターを見てモニターに映る自分の姿に放映語りかけで国営も民放も、

世界各国が対話者不在で視線の合わない会話と成っていますが、
国営の場合は一台壱台のテレビモニターに料金を義務ずけして来ますが、

持ち主に視聴料は請求しても眼は合わさなくソッポのままで、
面白い図式と言えますが其のテレビの放映ではアナウンサー同士が、

複数出て来て話しますが此の場合は顔も見て目も合わせて居る様ですが、
撮影カメラのレンズを観る事で視聴者と目線の合う対話や会話が成立して、

視聴料の請求されても支払えますが対象外の扱いでは視聴料の支払いは、
其の意義が無く支払いたくないのですが放送法だそうで法廷に呼び出され、

訴えられると言う事ですが電波法では国民一人一人の所有権を言いますから、
承諾なしに無断使用しての視聴料請求とも言えますが法の正しさでは無く、

争うか争はないかの日本の法は尊重しますし遵守しますが関わり無い処でと、
思う今日此の頃では複雑な気持ちで一杯で正しさでは無いのですから。

従いまして日夜、ニュースを観ますが視聴料も払っていますが、
何故、失礼なアナウンサーの眼や視線顔を観なければ成らないのかと思い、
非常に腹立たしい限りですが背中を向けてテレビは観る物かも知れません。

頭は良くってエリート職業、行儀作法を知らない訳でも無く、
失礼な態度を自省も出来ないとしたら職業意義も無いが如くに、
アドバイス出来る知人友人も無ければ致し方が無いと云う事です。

民放の場合は其の、代償としてあの、低俗なコマーシャルを見せられる、
被害が在りますが少しましかも知れませんが良くもマーという感じで、
呆れますが世間の人は我慢強い事と思います。


壱番気に成るのは自分が自分を観て気に成らないと言う事ですが、
凡人には理解出来ない事柄の一つと云えます。
コメント

名演奏家も

2014年07月17日 | 時事寸言
カール・フレッシュのバイオリン奏法指導の原理は、
日本では高額な書籍ですが根強く売れている事も事実です。

然し、其の書物に在る奏法をしている演奏者を未だ見た事が無く、
此の書籍のどの部分が読まれ実践されているのかは不明です。

然し、バイオリニストのバイブルと迄で云われる所以は、
下巻の後半演奏の曲解説部分でしょうか?、

此の部分を目的とするなら日本のお花や舞踊等の又、
音大卒業生の巡回的、家元制、生涯教室と教師の必要は、

元音大教授に依って出来た家元制の様なものですが、
明治以来延々と全国津々浦々音大の在る所全てに網羅されて、

受け継がれていますが、内弟子に成っての入試対策や、
色々噂は聞きますが月謝も高額で仕来りも色々とか、
其の様な噂は聞きますが職業としての元入れですから確り確保。

此れだけではなさそうで一般でも似た様な事は聞きますが、
沢山、生徒を持ちながら自分も生涯教師持ちだそうで、

驚きますが曲の解釈や演奏手法は一体の事ですから教師、他人の解釈で?、
否、此の教師も生涯教師持ちかも知れませんが、

他人の解釈で演奏される演奏曲目は演奏技術だけ在れば良い訳ですから、
世の中の演奏されている各名曲は変な言い方をすれば、
入れ知恵された傀儡演奏かも知れませんね、

私は一定の学習が終わり自分で曲の解釈が出来、
其の上の演奏とばかり思っていましたが、

演奏者には生涯、教師に依る指導と確認が必要とは思いませんが、
聴衆の方たちは此の事実を御存知かと、否、其れでいいのだと思うのでしょうか。

私はつい最近其の事実に遭遇して驚いていますが、
聴衆の方は如何でしょうか、

楽器もストラドが必須で観衆は其れも目的と聞いては此れも吃驚。

音楽産業と云う言葉が在りますが全ては金で成り立っている訳で、
演奏家も職業とすればお金もなければ餓死して仕舞います。

此れで良いのかも知れませんね。

従って、習った様にしか教えられないと云うセリフが聞ける様です。

不思議な言葉、セリフですね。
コメント

医師に依って

2014年07月16日 | 時事寸言
一人の医者の手術に依って40後半の一人の男は命を取り留めましたが、
廃人同様の状態と成ってくも膜下出血予後は80前後の老夫婦が介護です。

日増しに失われゆく老夫婦の最後の人生は苛立ちと絶望感で満たされて、
三人の人生を奪いつつ在りますが誰に其の責めは求められないとしても、

くも膜下出血や脳障害は人の生存を否定しつつ、
人の社会に人の絶滅を齎す手法の一つとしてセックスレスや、

身体的での精子減少と云う男性と云い社会活動、つまり経済理由は、
女性を家庭から連れ出し少子化に邁進する現状は自然災害やユーラシア大陸での、

破壊行為や殺人行為で理由はどうあれ、地球上から人を抹殺しようとする、
自然の計らいは全て、此の方向に実行されつつ在ると思えるのですが、

女性を社会戦略だそうで社会活動にと奨励政策とする首相も在り、
世界的にアフリカを除き人減らしは成功しつつ在りますが、

其れと気付かぬ人の多く先程の医者に医療行為が生存人生中の人を、
社会から離脱させての人の行為は医者が少し社会や自分の仕事の意義を、

自覚する事で社会に居ながら社会離脱を止む無しとする患者は、
変わるのでは無いかと思えますが人の自分の人生を粗略に扱う事に依って、

人の人生や生存を奪って居ると思えるのですが、
此の医師免許は国家が与えたと言う事ですが全ての国民が、

国家公務員に其の任務や仕事を委任したとすると国家とは国民全てで、
自分自身と言う事ですから国家権力に委ねた其の内容は自分に起因しても在り、

天に唾する自分を其処に観ると云う事ですが一人々々の人が、
人生や分担した自給自足の仕事の意義を自覚する以外対処は不可能。

損得利害に其の職業を観たり選ぶとすれば意義を失って行く事に成りますが、
宇宙最高の原理と云うソクラテスも未だ神を知らないのかも知れませんが、

ソクラテスの弁明やクリトン篇は人と国家と法の事に、又、クリトン篇では、
国際的他国の事まで解りますが普通一般の人が此処まで思いを馳せる事は、

無いとしても国家や権力に従事する末端までとソクラテスは言いますが、
私有財産と家族を持たさない、持てないのですが、
今、権力に従事する人の全てに理解出来る人は皆無と思っています。

人が原初に樹上生活だった事を地上に降りて自給自足を分担し合った、
人としての最初の社会は今現在は其の真意を失い其の意義は皆無です。

突然、人の社会に出現して人生終わるまで何の意義も真意も理解できず、
生物としての本能に活きたとしても死を以て其処を去るとしては、

何等得る処も無かったとしても生物の生存の継続に過ぎませんが、
プラトンやソクラテス釈迦や偉人賢人に習うとすれば、

幾らでも形而上に思いを馳せて思索考察は可能ですが、
真知に到達するまで自分が学習する以外に在りませんし、

此の事に依って金品財宝、私有財産や権力が得られる訳も在りませんが、
正しさや真知を求めて思索考察する事は無に等しい行為ですから、

寧ろ、人として在ると云う霊魂、霊魂部分に其れを問う時、
物としての結果は得られないと言う事ですし、

物に胡坐の神仏宗教関係者は其の財を増やしつつ宗教でのシェア争い、
其の結果は物が壊れ人が死傷する結果はユーラシア大陸では顕著です。

人は今よりも明日、明日よりも来年と生命を保つ食料を確保したがりますし、
其の物に変わる貨幣は貯蓄が簡単ですから其の量を競い権力に変わります。

其の為にと学歴が問われますが其の果てに職業は在ります。

原初の村、ファミリでは一人一業ですから全ては平等とみなします。

後の職業の事ですが貴賤や報酬の差は無いのですが、
現在では雇用主が使用者を奴隷と見て扱う社会と成っています。

不可能ですが原初に戻る事で、意義の話です。

少しは住みやすい人の社会や全てが空箱に成って仕舞った事柄を、
中身ある、意義の在る状態で其の意義に生きるとしたら、
人の社会の絶滅は止まるかも知れません。
コメント