時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

基地負担は

2016年11月12日 | 時事寸言
明治以来の国家形態や政治形態は疑似民主主義国日本ですが?、
全てはお上と言う事でお上の都合と言う事ですが?、

米国の原爆投下で敗戦後の日本は骨抜き憲法でイカ・タコ様で、
経済だけの日本の様ですが実は米国の奴隷国とも思え?、

常に最前戦と観得る日本は米軍基地の集成で沖縄に殆どは、
集中して、反体制国?共産主義国に対する布陣と言えますが、

其の基地や派兵の費用の約50%以上は既に負担済みで此れを、
核の傘に入り防衛費要を只乗りと言う米国は日本敗戦に依って、

実質世界制覇の布陣は偉大と言う処の姿ですが此れは当然の、
布陣配陣の為の勝者費用で自費費用と言う事は昔からの事で、

敗者に負担させるべき筋合いの費用では有りませんが、
地球上全てとも言える配置の費用は当然世界制覇国の負担で、

其の費用が保て無いなら手放せば良い訳で自らを偉大で無くし、
身の丈に合った偉大さで有ればと言う事ですが?、

勝者覇者の辛さと維持は当然の事と思われます。

偉大で有ろうとするなら其の費用は当然で?警察の辞退をした、
様に偉大を辞退すれば良い訳でゆすりたかりに似てヤクザ?、

少し下世話な表現ですが?偉大でも何でも無いと言う事です。

此れは日本の昔ならばと言う事ですが?勝者としての誇りで、
敗者に負担させるべき筋合いの金銭では無いと言う事です。

常に戦場と成るのは最前線で基地の有る処は最前戦です。

日本やフィリピン等、地形的には太平洋を閉ざした形ですが、
ロシアは当時条約期間多くを残して一方的破棄に依って、

北方領土は不法占拠の形ですが太平洋は此れで開かれた形で、
北海道は是非欲しい領土だったと思われます。

太平洋が開かれると日本列島やフィリピン等の地形的意味は、
無く成ると言う事ですがアメリカ大陸の波打ち際迄で、

開放されて本土は最前戦域に成る訳で日本列島の基地は、
意味を為さず従って基地も不要と言う事かも知れません。

新大統領の言動からは其の意味が含まれると思い?、
基地撤退して兵も引き上げるとは合理的言動と思われます?。

何事も損得、功利的を思わせる言動は日本の基地を廃止して、
兵を引き上げるとは其処からの言動で合理的と受け取れます。

沖縄の知事も後に来る事態を考慮せず?大喜びと言う事です?。

何事も損得勝負で観得る実利的な結果からは当然かも知れず?、
政治的では無く功利的と言う事ですが?似合って然りかも?、

イギリスの要望で当時、参戦した偶然は図らずしも世界制覇。
世界制覇の費用を自費とも思わなかったのかも?恥?。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大統領選結果 | トップ | 世界秩序御破算 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。