時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

提琴と其の音

2018年04月26日 | 時事寸言
もぅ衰えた音学感は鑑賞感覚もバイオリンの音が汚く聴こえますが、
観ると其の弦は白く太って観得ますし?從來奏法しか無い訳で?、

其れは当然の結果ですが?結果聴くのを止め?姿映像を観て居る?、
自分に気付き?最近のバイオリン演奏鑑賞の姿ですが?、

バイオリンの音で?松脂にザラ付いた音を聴くのは苦痛に感じます、バロック時代の音学で無かったのは良かったのですが?最近?、

自分の耳の関係か音がザラ付き聞くに耐え無い感じは耳の病気?か、
高音の汚さが目立って聴くに耐えませんが楽器を持ち演奏姿では?、

気に成り?聞いて仕舞うのですがギリギリ、ザラザライヤホンを、
耳から外し?聴くのを諦めて居ますが演奏は素晴らしく自分の耳の、

聴覚の結果かもと思う今日此の頃です。

此のカール・フレッシュ氏の第五番目の奏法では其の松脂を殆ど?、使わず対象の楽器の弦も松脂の白い粉は付着する事が無い為に?、

弓の毛は最初松脂を塗布する時に拭き取る為の布は松脂だらけで?、
最終的に仕上げの布は軋む程度で松脂は付着せず此れが何週間か?、

弦と弓の毛の点検に使う布ですが異変が無ければ弓の毛に松脂は、
塗付する事が無い音での演奏練習はヘフナー社ミュートバイオリン、

に鉄のミュートを付けての演奏音では殆ど松脂の音は聴こえずで?、
弦其の物が出す音で其れを記録と検査の為に録音しますが松脂の音、

は録音には聴こえず?フランス・ベルギー派の元の奏法の時の音は、
現在記憶に留めず?弦も弓の毛も真白でしたが此の音からの開放、

で其の松脂の音は記憶に薄れた現在では聴く苦痛を感じます。

従って松脂もベルナルディを使ってましたが現在ではご希望の方に、
全て売り渡し?在庫はゼロですし普通市販の松脂で充分と言う事で、

弓も松脂も拘る事が無い現状です。

扨、其の奏法転向は途中矢張り進退窮まり立ち往生でしたが著書の、
警告に出会いフレッシュ奏法への強行で現在は偶然も関り?、

店舗内の教室で教師の不正に出会い解雇しての後、教師の見付から、
無い事に生徒さんの保護者の希望で転向後の此の奏法と元の奏法で、

臨時教師を努めましたが以外にフレッシュ奏法は当時ほぼ、出来て、
いた事から其の奏法での指導は著書通りの結果に驚く間も無く延べ、

数百人と一日掛かりで出来るほどの生徒数には驚きですが子供や、
大人の場合も然りで大盛況と成り?鈴木教本全巻を習い終えての?、

合奏団参加は?混乱の始まりで奏法を知ら無い人達との関係は?、
從來奏法への習い換えで逆転向が始まりましたが少しショックと、

思い現在ですが尚も、従来奏法に習い変えは続いて居る事でしょう。

フレッシュ氏の著書も読まれる事が少ないのか?と想像ですが?、
從來奏法との違いは観た目も違い?歴然の奏法ですが入門初日に、

其の違いと選択時にフレッシュ奏法を説明出来ないなら從來奏法を、
説明出来るならフレッシュ奏法をと説明の後、開始しましたが?、

其の様な事は忘れ去り?従来奏法に習い替えで?現在です。

私がする此の奏法は転向結果ですが?生徒達は最初からで何の危惧、
する事も無く著書に記載の通りに全ての人は問題無く成功して居て、

私の転向の苦しみは皆無だったと信じていますが現在残る人の数は、
未確認ですが苦難の人も在ったかも知れません?。

其れゆえの逆転向も想像され数少ない少数派の奏法からの逆転向は、
勿体無く思いますが?教師だった私の奏法を否定する現在ですが?、

唯、一人の人はメールを呉れる事も嬉しく思い乍、合奏団奏者とし、
多くの生徒さんが合奏団デビューを迎えて呉れる事も事実ですし?、

カール・フレッシュ氏の第五番目の奏法では唯一、一般演奏参加の、
登竜門かも知れませんが何故?此の奏法が増えないのかと何時も?、

不思議の疑問ですが?一旦、理解が進むと自然に其の定着は進み?、
其の中からの教室も増え奏者が人眼に付く様に成るのですが?、

名著と言われながら転向者の無い事も事実の様でヴァイオリン奏者、
フレッシュ奏法奏者の増加は期待出来無いのでしょうか?。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« テレビより記事で | トップ | 日本と其の領土 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。