居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






MacBook Airがやって来て数日経ちますが…
トラックパッドを使うのは久しぶり。
で、気になったのがスクロールの方向です。

メインのMacで使っているのがMagic Mouseなのですが、これって、マウスの背がトラックパッドみたいな物でして、スクロールやスワイプに対応しています。
デフォルトではiPhoneなどと同様に設定されています。
下にスクロールすると、画面が下に流れます。

しかし、長年スクロールバーに対応したホイールを使っていたので、何となく違和感があり、マウスの設定を逆にしていましたが、今回のMacBook Airのトラックパッドとは逆…
やはり統一したいので、最初はAirを逆にしようかと思いましたが、他のMacbookを操作する時のことを考慮して、長年使い慣れたメインのMacのマウスの設定を変更しました。



いままだ慣れなくて逆にスクロールしてしまいイライラします。
iPhoneでは普通にやってる行為なのに、何故にiMacでは出来ないのだ?
スクロールバーがスクロールした方向と逆に動くのが気持ち悪いです。
コレばかりは慣れるしか無いですな。

しかし、CD/DVDドライブが無い今のMacbookですが、アプリのインストールや、データの読み込み程度だったら、同一LAN内に有るiMac(Mavericks)のドライブを使えるので、思いの外不便はないですね。
でも、市販のDVDやCDの読み込み&視聴や、データのセーブは無理なのがちょっと残念。
まあ、そのうちに全てがクラウド経由になって、音楽や映画も配信で入手になるだろうから、不要と判断したのかな。
真っ先にフロッピーを切り捨てたAppleらしいであります。

コメント(0)|Trackback(0)