J&B日記

孫がいるけどサブ4.0をめざしている爺とまったり走る婆の日記です。

300km

2012-05-31 20:52:57 | ロードランニング
久々に300km/月走りました。

連休は予定が一杯で40kmしか走れませんでしたが、連休明けからは月曜日のみ休養して(18・19日はUTMFのサポートでお休み)あとは走りました。

基本的に早朝RUNなので余り負荷は掛けられませんが、コースを中央学院大の練習コースのUP・DOWNの激しいコースに変更しました。

お陰でフクラハギの張りが取れません~!!
80km/週のペースで今朝で何とか301km達成。

梅雨に入る前にできるだけ走ります。

今年は結果を出さないとBさんに「もう 楽しんで走ったら!?」と言われてしまいます。
コメント

富士山マラソン

2012-05-30 20:05:23 | ロードランニング
河口湖マラソンがコースを変更して「富士山マラソン」になります。

河口湖マラソンは河口湖を2周しますが、
①1周コースの人達やゆっくりランナーと早い選手が交錯してタイムが出ない。
②道幅が狭い所も車を通らせるので危険。
③①なので給水もままならない。
等の声が以前からありました。

ついに対策としてコースを変更したのでしょう。
コースは西湖を回ってくるようですが詳細はまだ発表されていません。
名称だけは決定しています。

ここのところ毎年参加していますが、今年も参加しようかな?
コメント

牧の里RUN&WALK

2012-05-28 20:59:28 | ロードランニング
土曜日は牧の里楽走会のRUN&WALKでした。

昨年までは大会後の懇親会がBBQで大人気でしたが、今年から簡素化で懇親会はプレミアム弁当とおつまみ&ビール他。

楽走会会員もRUNを楽しめるようにしたのでした。

が、やはり参加者が激減でした。

でも会員もRUNを楽しめたので良しとしましょう。

コースも10k周回コースでは県道を横断する場所が危険なので、田園地帯を回ってかえる6.7kのコースに変更です。

Jは8時スタート組に入り36分・30分・34分・42分と4周しました。
2周目は4:30ペースで付いて行くのがやっと。
3周目は更にペースアップで4:10!!
とても付いていけませんから5分で単独走。
4周目はBさんとのんびりJOG。

Jはこれで上がり。
Bさんはお手伝いしていたのでスタートが遅く、もう一周走って合計2周。

日焼け止めを塗りましたが、顔はもう真っ黒です。
コメント

スカイツリー

2012-05-27 20:13:11 | Weblog
我が家からスカイツリーの点滅の灯りが見えます。

日中は霞が掛り見えませんでしたが、夜になり冷たい空気が入り込んで視界が良くなったのでしょう。

冬の良く晴れた日には、恐らくライトアップされたスカイツリーが見える事でしょう。
楽しみです。
コメント

RUNNET大混雑

2012-05-26 21:34:51 | ロードランニング
RUN日記を書こうとRUNNETに接続したら「52000人が待っています。」だって!!

今日から申し込みを受け付ける大きな大会は何だろう?

1800秒待ちだってサ。
コメント (2)

全日本マラソンランキング

2012-05-26 20:53:00 | ロードランニング
直前のブログで「一歳刻みランキング」と書きましたが、「全日本マラソンランキング」と名称変更になっていました。

ところで、ランキングに不備を見つけてしまいました。
家族のランキングを探していたら、長男のタイムが有りませんでした。
(身内にしか発見できませんね。)
河口湖で入賞していたのは一昨年だったのかな?

ランネットで確認したら間違いなく昨年の実績でした。
ランナーズチップで計測しているし、ランネットにも掲載されているのになんでだろ~??
河口湖は除外されているのかと思って探してみたら河口湖のタイムでランクインしているがいるので一応河口湖も対象大会でした。

確か何年か前にも「刷り直し」がありましたね。
コメント

一歳刻みランキング

2012-05-22 21:27:10 | ロードランニング
ランナーズ7月号にフルマラソン一歳刻みランキングが掲載されました。

今年は何とかランキング入りできました。
(2回目)

山岳軍団CAPTAINは9位と上位でした。

ランクイン常連のBさんは昨年は故障で走ったのは「名古屋」のみでランク外でした。

来年もランクインを目指して練習しよう!!

コメント

UTMF終了

2012-05-20 21:02:13 | トレイルランニング
国内初の本格的な100マイルトレイルが終了。

富士山もくっきりと見える絶好のトレラン日よりでスタートした事は完走率がアップした要因ではないでしょうか?



完走率は脅威の72%!!
鏑木ディレクターが大会前に言っていた30%台を大幅に裏切りました。

参加者はこの大会のために、たゆまぬ練習を繰り返したのでしょう。
1位2位は外国人でしたが3位に「ヤマケン」こと山本健一が入りました。







彼は他の参加者と競うのではなく淡々と自分のペースを守り、自分のペースでゴールしたのでした。
モンブランの経験もそのようなレース運びにプラスになったと思います。

オッ君も早々と体調不良になりながら脅威の粘りで入賞です。


その他では「トレランの王子」石川弘樹・ハセツネの歴代チャンプ後藤豊・相馬剛がそれぞれ急性胃腸炎でリタイヤしました。
ギリギリの調整をして臨んだ大会ですが、少しのバランスで体調に異変をきたしてしまいました。
それぞれ上位を走っていたので残念でした。


長男は?
残念ながら早々とSA1で太ももに痛みが出て、だましだまし「富士山こどもの国」まで走りましたがここで断念。
記念すべき第1回大会は悔しい結果に終わりました。
来年はもっと連主を積んでリベンジする事でしょう。





来年は自分も考えてみようかな?
コメント

UTMF

2012-05-19 12:23:10 | Weblog
総合3位 日本人トップ 山本健一選手ゴール
コメント

UTMF

2012-05-18 15:20:39 | Weblog
スタートしました。
コメント