猫たちの会話

      もし、猫が人間の気持ちで話したら・・・

かくれんぼしましょ

2018年02月24日 | 猫たちの会話

      

           

 

                        相手1

          おい!おい。 俺様がどうしているかと来てあげたのに・・・・
            結構仲良くやってるんだな。
            おはなが又、かあさんの手を齧ったって?
            かあさんもたいへんだなぁ~
            えっ?何だって寂しいけど、毎日の注射はしないで?
            大食いが居ないと??
            医療費が半分ですむって?
            それでも、もう少し生きて居て欲しいだって?

          僕だって居たかったよ。でもこっちには父さん
          仲間もいるからね。

              また。様子を見に来るさ。

 

 

 

                                          

      たまにはお姉ちゃんらしく、フーちゃんの相手をするわね。  

             

              でもね。かくれんぼするのに中々隠れないの・・
       だから、その間におはなはごはんをたべてっと。                    

           

            かくれんぼの場所探しも大変ね。

     このあたりなら絶対に見つからないかもね。    

                

       うう~ん。 どうやら隠れたようね
      何処かしら?
     フーは飛んでもなて所にかくれる天才だからねぇ~。
      何々?チビジーが知って居るの?

               

         大丈夫よ。チビジー
       絶対に言わないからね。
      ウフフフ・・・ まさかチビジーが教えてくれたって
      思わないわね。

           

         もし・もし。それでかくれて居るつもり?
  
    どうして判ったの? 私、ジーコ兄ちゃんになってたのに・・
    此れはフーちゃんでなく、ジーコ兄ちゃんよ。
        
    まだまだ、ジーコ兄ちゃんの半分の体よ。

            

      判ったわ。  チビジーが裏切ったのね?
     
     私は何にも言ってませのよ。

      そうよ、チビジーは一生懸命あんたを隠していたわよ。

          

       ハイ! 何しろフーちゃんは私のママですからね。
       いくら前に行っても丸見えだったんだそうです。

         

     さっきは疑ってごめんね。
     お詫びにかあさんが作って呉れた歌よ。
      あら、もう寝ちゃったわ
       フーちゃんもねんねするわね。 

コメント (10)

チビジーのママはフーよ

2018年02月12日 | ふーちゃんの話

2018年02月11日 | ふーちゃんの話

             

 

            

          今日も寒いから、ママの所にねんねよ。

           

          そうだ、ママのポンポの下に居れば暖かよ。
   
          あの~、ちょっと苦しいのですが・・・・・

              

           そうお?  それじゃピンクの毛布を掛けて、
          かあさん。 チビジーがさむいいのだって・・・  電気毛布を強くして頂戴。

            

         さぁ、 此れで安心して寝られるわね。
         おはな姉ちゃんにつぶされない様に見張ってあげるからね。

         おはな姉ちゃんより、フーちゃんママの方が重たいのです。

           

          そうなのよね。チビジーがねんねする前に
          フーママ方がねてしまうものね。
          チビジーの体は柔らかで問いも寝心地が好いもんね。
          ジーコ兄ちゃんもおおきくってお肉が柔らかであったかったわよ。

               

         済みません。  変な事言って・・・

         大丈夫よ。 気にしないで。  
         そうね。おはな姉ちゃんは痩せのカリカリで、
         フーママはずしん~と、おもたいものね。

           

 

                              

            天国にジーコが逝った時に頂いた花です。
            毎日が雪で何となく気持ちが沈んでいる時にこんな優しいお花をみてると、
            天国ではきっと仲間たちと集まってお話し会をしているかも知れませんね。

           外の寒い時の花は綺麗と言うより寒くって可哀想とおもいのすが、
           暖かな家の中で咲いてるのを見ると、心の中まで暖かくかんじます。
        天国に逝った仲間の猫ちゃん達も、きっと綺麗なお花の上でお茶会でもしてるかしら?
        ジーコ、一杯食べると駄目よ。みんなと仲良くね。

            

      今日は今もなお・毎日にゃーにゃーと鳴いているフーが、
      チビジーを抱えて好い子で寝て居ます。

 

           

                                                            

                

 

                      

コメント
コメント (11)

ちっちゃなお供え

2018年02月07日 | 猫たちの会話

         

                           

                       アッハハハーー   やられてるぞ
       

          かあさんの頭乗せが・・・・・
          でも、天使ジーコが居ないと、
          さっぱり、かあさんに協力しないようだね。
          おはなとふーの情けない顔! 可笑しいね。

 

        

        厭ねぇー   
     こんな小さいお供えで皆が見て居るの?

        

        ほんと。 乗せるのならもっと大きいのにしてよね

 

        

         恥ずかしくって、頭も上げられないわよね

           

         おはなちゃんなんか、空っぽのみかんよ

          

      去年まではちゃんとしたのを買ってたのにさ。
     かあさんどうかしたのかしら?

           

       えっ? おはなが痩せて大きいのが重いと
     可哀想だから?

     

       フーちゃんは太ってちからもちよ!

      でも、忘れずに乗せて呉れただけで好いじゃない?

           

     そうですよ。 お供えを買ってくれただけでもいいですよ。

           

       チビジーはお地蔵様の所に帰るの?

       はい、また直ぐに来ますからね

          

        そうよね。 チビジーを独り占めにしたら
        お地蔵さんもさびしがるものね。

           

       フーちゃんにはおはなもジーコ兄ちゃんも居るでしょう?
     でも、ジーコ兄ちゃん、あの時元気なかったし、
     一緒にお正月が迎えられたのにね~。

     ジーコ兄ちゃんはどんな大きなものでもジッとして乗せて、
     写真を撮らせてたもんね。

         

      

   

コメント (6)