示玄

日々の雑感

墨絵の世界

2005-12-11 16:55:23 | Weblog
 明けがたから降り出した雪が墨絵のような景色をつくり出した、早朝の遊歩道から撮ったもの、小川から霧が立ち上り朝もやのなか新雪が冬木立を化粧する。


 毎日見ているこの景色だが四季の移ろいの美しさ、朝日が昇るまでのひとときの眺めだ・・・ログハウスのペンションも週末で夕べは明かりがともり賑やかであった。
                      <写真 新雪>
『写真』 ジャンルのランキング
Comments (3)   この記事についてブログを書く
« 赤い実 | TOP | 自給自足 »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
感心 (morihiro)
2005-12-11 18:56:49
毎日毎日すばらしい写真とコメント。感心して拝見しています。こたつに入っていては、この写真はとれませんね。今後も楽しみにしています。
ご覧いただき (zigen)
2005-12-11 20:56:36
ありがとうございます、へたな写真とこの文を・・・。 こないだまで暑かった、もう紅葉かと思えば はや雪景色一年なんてすぐですねえ「歳月人を待たず」日毎に変わるこの景色さえ心に留めず・・・。稼ぐこと野心を捨てはじめて気ずくこの景色でしょうか・・・。
稼ぎと野心か (morihiro)
2005-12-11 23:26:11
その日暮らしをしている者には羨ましいかぎりです。まだまだ人間が出来ていないのかもしれません。座禅でもしてみるか。でも日銭を稼がないとその気にもなれず。寂しい人生を終えそうです。

post a comment

Recent Entries | Weblog