夫の観察日記&囲碁

夫(棋士)の観察日記と囲碁についてのブログです。

国際結婚で気づくこと

2016-05-31 05:45:08 | Weblog

あたりまえのように感じて気が付かないことは、
価値観や置かれている状況が違う人と交流すると見えてくる。
そう感じた先日の出来事。

来日していた義母が、車の中からしきりに道の写真を撮っていた。
高速道路はもちろん、地方の一般道。そして農道のような道まで。

「どうして写真を撮っているの?」と聞くと、

「日本の道はきれいだから。都市部以外でもこんなに道が綺麗で、平らで、走りやすいのはすごいことだ」

と興奮して語っていた。

道がキレイなことなんてあたりまえ過ぎて気が付かないけど、
指摘されると確かにすごいことだと思う。

国際結婚して良かったなと思うことの1つに、
気が付かなかった日本の良さを知れる機会が増えたことがある。
決して行動範囲が広くない私は、
こういう結婚じゃなかったら気が付かなかったことがたくさんあっただろうな、としみじみ思う。

文化が違うということは、大変なこともあるけど、面白いことも多いなと思う最近。

路駐天国の台湾文化に育った夫の家族が、
駐車場待ちをしている私に、やたら路駐を勧めてきたり、

外に洗濯物をあまり干さない台湾人には
雨が降ったから洗濯物を入れる、という感覚がわからなかったり。

当然、私にはわからない台湾文化もあるわけですが、
国際結婚をして、さらに日本を好きになったので、、
なかなか良い経験をさせてもらっている気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理屈な夫と感覚な私

2016-05-23 01:28:30 | Weblog

台湾から義母が来日したので、久しぶりに旅行に。
夫のマイペースぶりは、亡くなった義父ゆずりらしく、

「決して自分のペースを変えない人」だったとか。

出かける1分前までゆとりの行動をされているのは遺伝でしたか。
というわけで、ある種諦めのような気持ちを感じつつ、車で北関東へ。


今回、あらゆるところで、夫と私の対極的な部分を感じました。

日光東照宮で夫は私を質問責めにし、

「なぜ猿の飾りがあるのか」「ここに家康が祀られている理由は?」
「なぜこんな山奥にも神社(奥宮)を作ったのか」「眠り猫にはどういう意味があるか?」

など、あらゆる疑問をぶつけてきました。

私が答えられないと、

「意味も理解しないでどうして楽しめるの?」と夫が言い、

「私は感覚で楽しんでいるのだ」というと、

「そんなの本質で楽しんでいない」と言われる始末。

夫は義母に説明をしようと思っていたからもあるのだと思いますが、
あまりの質問責めに、だんだん面倒くさくなり、
「google先生に聞いて!」と半ギレの私。

そして夫は中国語のガイドを借りて、義母と楽しんでいました。

何でも楽しみ方って人それぞれだと思いますが、
いつも理屈から入る夫と、感覚で楽しむ私。

「映画」「コンサート」「野球」…。

ゆっくり見たいなと思うものでも、疑問があると
エジソンのように質問攻めにしてくる夫。

きっとこの部分は永遠にわかりあえないのだろうと思ったのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加