夫の観察日記&囲碁

夫(棋士)の観察日記と囲碁についてのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正反対の性格

2014-01-06 23:02:10 | Weblog

明けましておめでとうございます。
このブログを楽しみにしてくださっている方もいるという話を聞き、
心が痛みましたが、きっと今年もそんなにたくさんは更新できないと思います。

そんな私ですが、今年もどうかお付き合いいただけたら嬉しいです。

普段はすれ違いの多い私達夫婦ですが、
年末年始はいつもよりも一緒にいることが多かったので、
改めてお互いの性格が正反対だということを
実感した日々でした。

大晦日。恒例の年越しを終えた後、電車で実家へ。
大晦日は夜中じゅう電車が走っているものだろうという思いだけで
午前2時に新宿に降り立った私と、その少し後に、
特別なロマンスカーがあることを事前に調べていた夫。

「こんな時間にロマンスカーがあるなんて、すごい偶然だね」

と言うと、「いや、調べてたから」という冷静な言葉が返ってきました。


年明け。初詣に行こうという話になり、
どこに行くかで少々議論。

毎年行っている近所のお寺に行きたい夫と、
その場所に行くことにちょっと飽きたので、変えたい私。

「変えたい理由がわからない…」と夫に言われながらも、
行きの道を普段通らない道で行くこと、帰りにウォーキングをして
帰ることで脱マンネリを図ろうという夫の案に乗りました。

参拝から帰る途中のウォーキング。
時間があったので、分岐点にぶつかるたびに、
私と夫が交互に進む道を決めました。

私は持ち前の勘と感覚で進む道を決め、
夫はアプリで調べながら、
「こっちのほうが店が多い」とか、
「こっちに行かないと家に帰れなくなる」とか言いながら、
歩くこと2時間。なんとか家の近くまで戻ってきました。

「君が勘と感覚と気分で生きてることがよくわかったよ」

という夫のありがたい(?)コメントもいただき、
年末年始のお休みは終わり。

至らない私たち夫婦ですが、
足りないところを補いあって、今年も頑張りたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント