絶対合格

熱血塾教師35年+教育コメンテーターのオールマイティー井澤が 「受験」、「子育て」の成功法を公開!

「みんなでいっしょに合格するぞ!!」という目標(No.672)

2017年11月03日 10時34分28秒 | 受験・学校

 

平成30年度合格体験談(5

 

平成29年さとえ学園小学校、星野学園小学校合格

 

                                        E君のお母様

 私がウエルストリームを知ったきっかけは、子どもが月に1回受ける統一模試の資料です。資料(冊子)の中に私立小学校の学校説明会等の案内が入っており、そこからウエルストリームを知りました。それまで通っていた幼児教室には何の不安も感じる事なく通っていましたが、ウエルストリームの子ども達はあきらかにものすごい勉強量を週2回ペースでしていることを知り驚いてしまいました。

 ウエルストリームでは教科毎にしっかりとしたカリキュラムが練られていて、合格率も100%です。そしてなによりもさとえ学園小学校対策がしっかりとしています。これらを知り、息子は現在のままでいいのだろうかと不安になってしまいました。やはり、ものすごい勉強量をこなしている子には勝てません。しかし、ここで受験半年前になって塾を変えていいのだろうか?という不安も正直ありました。 

 悩む位なら、とりあえず行ってこの目で見て確認してこよう、という軽い気持ちで体験をさせていただきました。しかし、息子には問題が解けません。0点です。私もビックリしました。あきらかに差があるのです。しかし、井澤先生も「まだ半年あります。一緒に頑張りましょう。」と背中を押してくださり、すぐに入塾を決めました。

 それからは生活も週1回の通塾から補習を含めると週3回となり、ハイパーコースがあるときは週4回にもなりました。帰宅してからまずその日に出来なかった所だけでも復習しないと、やるべき事が山のように増え、皆から遅れをとってしまいます。私の闘魂に火がつきました。帰宅後の復習はもちろん土日の午前中もしっかりやりました。朝から出かけた後も帰宅してから必ず最低限1時間はやっていました。苦手な「つりあい」や「お話の記憶」は徹底的にやりました。それでもウエルストリームで0点をもらってくると私も落ち込み、まずはあせらず初心にかえってこぐま会の苦手な分野を何十冊もやりました。   

 試験1ヶ月前は、とにかくウエルストリームのプリントを何度も何度もボロボロになるまで繰り返しました。さとえ小対策に特化して作られた教材だからこそ、無駄もなく完璧だったと思います。とにかく悩んだり、苦しい時は井澤先生に相談しました。すると井澤先生はいつも全力で応援して下さいました。

 入試当日は「これだけやったのだから、落ちるはずはない!!」という自信を持って息子と行きました。校門をくぐりぬけると井澤先生が「待っていたよ!!」との熱いお声を聞き、エネルギーを注入して頂き、私もつい涙がこぼれそうになってしまいました。

 小学校受験は本当に大変でした。しかし、親の私自身が負けていたら子どもは誰もひっぱってはくれません。私自身も自分に「やるぞ!!勝つぞ!!負けないぞ!!」という強い気持ちを持ってやってきました。これもウエルストリームに転塾したからこそ息子のやる気と私の闘魂に火がつき、ここまで頑張れたのだと思います。

 厳しい受験生活の中、ウエルストリームでは「みんなでいっしょに合格するぞ!!」という目標に向かってがんばってこれますので、子どもにとってもとても良かったと思います。心より感謝しております。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 E君、E君の御父母様、合格おめでとうございます。

 お母様がおっしゃるように他のお受験教室と比べたらウエルストリームはものすごい学習量です。しかし、一人でも多くのお子様に志望校に合格していただくためには、「学習量で受験者全体の上位に入る。」ことが肝要なのです。それをご理解頂き、実行されたからこそ無事1回で合格する実力がついたのだと思います。今後も授業内容、質の高い教材、学習量はもちろんあらゆる点でNo.1塾を目指していく所存ですので、ご教示のほどよろしくお願い致します。

E君の益々のご活躍を心から祈念しております。

ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
« 入学試験日と同じ席配置で、... | トップ | その時の選択は間違っていな... »
最近の画像もっと見る

受験・学校」カテゴリの最新記事