見出し画像

ZeroNews ちょこっと気になるニュース

ちょこっと気になるニュース 中国による圧力

 

 「ちょこっと気になるニュース」チャンネル登録よろしくお願いします! 

 

 

一見、国内の派閥闘争のように見えるけど、世界の動きと日本国内の動きを合わせて見ると、その動きにチャイ国の動きと連動していることがわかる。チャイ国の感情と、親中政治家の動き、それから親中メディアの動きが、一致している。これを個人的には「鶴の一声現象」と呼んでいます。 自分の意思で動いているというよりは、まるでどこかから指令でも出てるかのように、動かされているような違和感のある動き。

 

  一番わかりやすいのが、WHOのテドロス君ですよ。 ここはもう、知れ渡っているだろうから敢えて説明する必要もない。

 

次にわかりやすいのが「韓国」

ここは、韓国としての声というより、テドロス君と同じようにチャイ国の代弁者になっている。「韓国」だけを見ると、いつも日本に対して不可解な発言をしてくるので、日本人から見ると異常でしかない。でも、そのあり得ない発言・行動は、チャイ国の感情と連動しているように見える。この動きは、チャイ国の動きと合わせて見ている人にしか気づかないかもしれない。

 

 

そして更に、この韓国の奇妙な行動と同じような行動をとっているのが、日本の親中であり、左翼、左派政治家、メディア(これらまとめて「赤い人」)です。これが、どういう仕組みで連動しているのかはわからない。恐らく、内部にスパイ・扇動者のような人物がいるんだろうと思う。これを言うと、赤い人らは声を揃えて「ネトウヨ」だとか「陰謀論」だとか言い始めるんですよw わかりやすい。  

最近、保守系の政治家が、メディアに出て解説するようになってから、司会者がバツの悪そうに振舞っている。メディアの方向性を、正常に戻すために保守政治家はどんどん出て発言するべきです。それが結果的に自民党のアピールにもつながるので。

 

安倍前首相が総理を辞めてから、「安倍叩き」は、ほぼなくなっていたのに、最近「台湾有事は日本の有事」と話をしたとたんに、日本メディアの「安倍叩き」がまた始まる。叩くネタがないから、わざわざ古いネタ「アベノマスク」を持ち出して大騒ぎ。メディアのこの動きは、まるで、チャイ国の代わりに、嫌がらせのネタを探し出して騒いでいるようにしか見えない。

 

 

しかも、余りはないそうです。

 

つまり、「安倍叩き」の要因は、国内問題ではなく「台湾とチャイ国」という外部の問題にあり、それを国内問題での争いのように無理やり見せようとしている。無理があるから、違和感を感じるわけですよ。勘のいい人なら、この奇妙な連動に気付いていると思う。

 

 

 派閥闘争が起きているのかどうかは微妙。 憲法改正、ここは早期にやらないといけないと意見が一致しているようです。安倍氏・麻生氏・茂木氏も参加。岸田首相も、同じ考え。

 

 

 

菅前首相は、敢えてはじかれたグループの人を集めて会食。「菅グループ」ができるか?とメディアで騒がれている。報道によると「派閥になると、右といえば皆が右になり、左と言えば左となる。だから政策で集めるようにしたらどうか」と、語っている。 菅氏は、おかしいと思ったら、おかしいと言える人。そして、右も左も関係なく付き合える人だと言われている。つまりそれは、ちょと癖のありそうな色の濃いタイプもまとめられる人物だということ。安倍氏と菅氏の関係は今でも良好、安倍氏と麻生氏も良好。茂木氏はどうかわからないけど、一緒に仕事をしたくらいだから悪くはないと思う。 

 

 

しかし、岸田政権に親中が集まり過ぎているのは懸念すべき問題です。

おかしな行動をとるのは親中政治家ということが、最近わかってきた。そしてメディアは親中政治家を持ち上げてあまり叩かない。興味深いのは、最近何故かメディアは、まるで公明が主導権を握ったかのような報道をしている。公明の不正はメディアで報道しないで、自民の不正をばっかりを取り上げて、「お金・不正と自民」という印象を植え付けようとしている。 

 

テクノシステム

小泉ファミリーの事は、書かなくなっている。

 

 
 
そもそも、チャイ国の太陽光パネルの企業は、ちょっとやばそうな企業です。
五輪のために農地を没収。農家の人の生活よりも「クリーンエネルギー」が大事。
 

 

元公明党の議員。これもテクノシステムに関係しています。
 
 
 
 
 
 

これも報道されない。

 

公明党は特定野党化してきましたね・・。

 

現在の特定野党=立民・共産・社民・れいわ

 

選挙の時は注意しましょう。特に共産党には騙されないように!

チャイ国の人権侵害は非難しても、基地反対など、防衛力強化を妨害しているのは特定野党、特に共産党と社民党。保守や無所属の政治家でも、バックで応援している場合は入れないように注意しましょう! 

 

 

今までの野放し状態から比べると、少しづつでも変わってきているように見えます。最近は保守政治家が、こうやってYouTube番組に出てくれるようになったから、どういう政治家がまともな発言をしているかよくわかります。 TVの政治番組だと物足りなく感じるでしょう。 

 

>【有村治子】中国「技術覇権」を絶対阻止せよ【WiLL増刊号】

  

 

 メディアが報道しないから、知らない人が殆どなんですよ。

 

 

この住民投票も、軍事状況がわかっていたら、普通の日本人なら、誰だって選挙の時に気を付けようと思うじゃないですか? 軍事状況を殆ど報道しないどころか、沖縄で何が起きているかも報道しようとしない。忖度というよりも、日本のメディアじゃないですよ。

 

 

普通の人は、皆、危機感を持っているんです。

 

>【遂に沖縄に『避難用シェルター建設計画』!数万人の日本人避難計画は?】いよいよ危機感が高まってきた『台湾有事は日本有事』!台湾に近い沖縄の先島諸島住民の危機感を知って欲しい!島民自らがシェルターの必要

  

 

 国外での邦人輸送等に関する自衛隊法改正は、現在検討中のようです。

 

 

 

保守政治家たちが、しっかりフォローしてくれているようです。

 

 

 コロナの飲み薬も承認されたようです。やっと自粛から解放されそう?

 

 

こういう動きをみると、派閥闘争というよりも、寧ろ、その逆で、どうやったら党を上手くまとめられるか、という動きに見えてくる。 派閥のトップは、安倍政権時代のメンバーですよ? 

 

 

これは凄い話です。日本版「戦わずして勝つ」

 武器を一切使わず、対話のみで解決してしまいました!

元自衛隊だったそうです。やっぱり、考えることが違いますね。相手が幸せになるよう、全力で支援する。たまたま、国のトップの人も協力的だったのかもしれないですね。これがチャイ国だと「侵略だ」と批判されてしまう。 さみしい国です。

>【改憲ビジネスサテライト番外編】すしざんまいの社長がソマリアの海賊を消滅させる【改憲君主党チャンネル】


 

 

寅さんも、また騒がれ始めてますね。日本のメディアが珍しく取り上げてると思ったら、やっぱり「寅さん叩き」です。これはチャイ国の今の感情をそのまま表現したような動きです。民主党が分裂して共和党の力が大きくなっているようです。寅さんは思い通りに動かないから、チャイ国にとっては脅威でしょうが、米国にとっては、いいことです。

あまり、知られてないけど、寅さんが大統領になってすぐの時、短時間ではあったけど、台湾と電話会談したそうです。周囲から反対されたそうだけど、寅さんは忠告を無視して電話を取ったそうです。恐らく何も考えず。寅さんらしいですねw その後のメディアの反応が凄かったらしい。メディアは、まるでチャイ国の代弁者のように寅さんを叩きまくったそうです。

 >トランプ氏、台湾総統との電話会談についてツイート

 

【12月3日 AFP】(訂正)ドナルド・トランプ次期米大統領は2日、数十年来の米外交の先例を破って台湾の蔡英文総統と電話会談したことについて、ツイッターでコメントした。

トランプ氏は最初のツイートで「私の大統領選勝利を祝うため、台湾の総統が今日、私に電話をかけてきた。ありがとう!」と投稿した。

トランプ氏は1時間後、2つ目のツイートで「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っていながら私は祝いの電話を受けるべきではないというのは興味深い」と述べた。

 

 

 

尖閣諸島は日本固有の領土
竹島も日本固有の領土
The Senkaku Islands are a territory peculiar to Japan
 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

 


社会・政治問題ランキング

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「旅行」カテゴリーもっと見る