50代脱出♀、ただいまノンビリとダイエット中

健康のために、自分のために、ダイエット、ダイエット

知人の墓参~私の気持ちの整理~

2018年09月18日 02時05分33秒 | ちょっと病について
このブログでも何度か書いたことがある知人の死
20代の頃、同じ会社で働いていた同じ年の彼女
お互い退職してからも何度も他の同僚も含めてごはんを食べたりしていた彼女

子宮体ガンによる死
彼女が亡くなる3年ほど前、他の友人と3人で夕飯を食べたのが最後だった。
その時に逢ったのは、10年以上ぶりくらいだったが、昔と変わらない彼女にホッとしたものだった。
その時、私は私自身の子宮体ガンのことは彼女に話さなかった。
もう1人の友人には手術した年に話していたが、久々に逢う人にわざわざ話すことではないと思っていた。

しかし昨年春、彼女が亡くなった、しかも子宮体ガンで。
話を聞くと、発見された時は手遅れ状態で、抗がん剤などもしたが、結局1年ほどの闘病だったとのこと。
その時以来、私はずっと後悔していた。
私がその時、自分のことを話していれば、少なからず彼女も自らの体の調子を気にしただろうと。
生保勤務だったのに、検診を受けていなかった、自らを過信していた彼女
私があれこれ自分のことを打ち明ける以前の問題だったとは思う。
でも話していれば、少しは、ほんの少しでも彼女に心に残っていたのかも知れない。
そう思うと正直、後悔ばかりだった。

葬儀に出席はしなかったけど、お墓参りについてはずっと気になっていた。
それで彼女に理解を求めようとは思わないけれども、自分の気持ちの整理にはなるような気がした。

お彼岸を前に昨日、その友人に案内されてお寺さんに行ってきた。
我が家からだと1時間かかるけれども、どうしても行きたかった。

彼女が亡くなる2か月前に彼女のお母さんも亡くなっていた。
お墓がなかった彼女の家は、お母さんが亡くなってから彼女が熱心にお墓を探したという。
もう自分自身も長くはないと分かっていた。
どんなにか辛かっただろうと想像すると悲しくなる。
お母さんのお墓と同時に自らのお墓を探していたということになる。
彼女はその2か月後、息を引き取った・・・・・

私はもう彼女のお墓に行くことはないと思う。
しかし私は彼女の死以来、自分の病気の経験を話した方が良いこともあると考えを改めた。
芸能人ではないから、積極的に話す必要はないと思うが、私が話すことによって誰かが自分の体を振り返ることがあるかも知れない。
今も付き合いのある一緒に行った友人は、現に私の話を聞いて心配なことがあると病院で検査をするようになった。

勝手かもしれないけれども、今日の墓参をもって自分の気持ちの整理としたい。

待合室観察

2018年08月25日 11時41分56秒 | ちょっと病について
今日の予約時間は、9時半からの予定
慈恵の受付機を通して婦人科待合に行ったのは9時になっていない頃
担当ドクターがいらしたのは9時7分
先月予約を入れる時に、9時からはいっぱいだから、9時半になったので、当然、私はまだ呼ばれないだろうと思っていた。

待合室はいつになく患者さんが多め。
夫婦(若い)連れの方も2組もいらっしゃる。
ざっと数えると15名以上はいる。

当分、呼ばれないだろうと、思っていたら、なんと担当ドクターが一番初めに呼んだのは私の番号!
間違いかと思って受付ナンバーを確認したくらい。
担当ドクターは初診を見る担当医でもあるので、今日は初診の患者さんが多かったのかも。
だから手間のない私を先にしてしまったのかもしれない。

たくさん待っていらっしゃる患者さんがいて、来たばかりの私の呼ばれるのは本当に申し訳ないと思うのです。

今日は結果を聞くだけだったので、会計は220円!

それにしても本当に今日の婦人科はけっこう多かったなぁ
私が終わって出たら、婦人科待合と中待合(もうすぐ呼ばれる人用)と合わせて20名以上いたようですから。

乳がんの方はいらっしゃらないので(科が違う)、みなさん子宮系の病と思われる。
自分も同じ道を歩いてきたので、心配や不安は痛いほど分かります。

お互いに頑張りましょう!、と心の中で言って後にしました。

待合室観察

2018年07月28日 14時29分08秒 | ちょっと病について
今日の慈恵の婦人科は、けっこう混雑していた。
いつもならば、10名いないくらいだが、今日は採血を先にして、いったんお茶しに外出し、予約時間の9時に戻ってみると、待合室は20名以上の患者!
夫婦連れも我が家も含めて4組

驚きだった。
土曜日でこんなに混雑していたのは初めてです。
今日は台風だし、きっとガラガラだと思っていたが意外や意外

待っていても次から次へと来る。
平日並みに混雑している感じ

そう言えば、今日の私の内診は超音波もなかったなぁ、細胞を摂っただけだった。
今更思うが、来月の土曜日の先生の出勤日ではなく、平日火曜日の先生の担当曜日にしてもらえば良かったなぁと。
まっ、今更だ。

気にしすぎて体に良くないから、もういい。
過去データを確認してすっきり(2017年はないけど)

定期通院日 ~久々に怖かった~

2018年07月28日 13時45分10秒 | ちょっと病について
本日、定期通院日。
4月に受けた細胞診と今朝の採血の検査結果。

両方とも異常なしと言われたが、ドクターが細胞診で今までたまに異常細胞が出ることがあったと言う!
えっ、寝耳に水・・・・
昨年の7月に今のドクターに変わるまでもあったとのことで、驚き以外の何物でもない。
しかし1年出てないので、1年でないともう安心だから、今日再び細胞診をして何でもなかったら通院期間を伸ばしてもらえるらしい。
最初はサラリと聞き流していた私。
しかし最後は思わず「異常細胞なんて出ていたのですか?」と質問した。
だって、ずっと前のドクターも「異常なし」って言っていたのですもの。
「おそらく放射線の影響と思われます」とのこと。
検査結果報告書を私は怖くて見るのが嫌で、もらってすぐに仕舞いこみ、ドクターの結果の異常なしという言葉だけしか耳にしていなかった。
なぜなら気にしすぎる性格なので、その方が精神安定的に良いのだ。

そうだった、私は腔内照射による放射線治療を受けたのだった!
つい忘れていた。
そう言えば、2014年に放射線治療を受けた後で、ドクターから「放射線の影響だから、気にしなくてもいい」的なことを言われたような・・・・

でも病院を後にしてもしばらく不安と怖さで平常心でいられなかった私。
そこで去年までの検査結果報告書出してきたが、あらら何故か2017年分が丸々ない!
2016年まではあるが、、、捨てたのかなぁ・・・・
やはりああいうものは、取っておくべきものだわね。
2015年から2016年分を見ると「移行帯細胞が認められる」とある。
これだ!きっと。
調べてみると、移行帯細胞というのは、健康体の人でも検出されることもあるみたいだし、ドクターも異常細胞だからイコールがんということではないと言っていたっけ。

冷静に考えると、ホント心配ない。
2014年の再発確定まで1年間ずっと出血があり、それでも異常なしだったのだ。
つまり初期から出血を伴うのだ。
今回はずっと完璧何もなかった。

2014年4月の最終治療から4年3カ月経過
ここ1年近くは検出なしだったので、もっと安心した方がいいのかもね。

思う。
やはりガンにはならない方が良い。
再再発の場合、私はもう放射線治療はできないし、何の治療をする気もない。
だって本当に何の異常もない、ベストな現在の私ですからね。

今日やった細胞診の結果は、いつも通り3カ月後にしますか?と聞かれたが、このまま針のむしろ状態でいるのも嫌なので、来月の土曜日のドクターの出勤日に予約を入れてもらった。

それにしてもドクターに寄って本当に違うものですね。
昨年の7月に変わった時に、確かに細胞診内診にやけにこだわるなぁ、と思っていた。
毎回細胞診と内診を受けていたのかと質問されたので、変だとは思っていた。
なかなか半年ごとの通院にしてくれなかったので、なんで?と思っていたのは確か。
そういう理由だったのね。
今日、納得

女性ホルモンに似たものに大豆たんぱくが良いと聞いたことがあったっけ。
もうちょっと自分を見ないとダメだね。

それにしても本当に今日は怖かったなぁ。

眼瞼下垂 ~高額療養費~

2018年07月15日 13時05分22秒 | ちょっと病について
3月に受けた眼瞼下垂手術は、高額療養費だった。
確か5万円近くかかったけど、どうなんだったろうか?と思っていた。
それが昨日、健保組合から1万円ほど戻ってくるとのこと。

ラッキー!
私が完璧に自分のお金で払った手術費用だけど、そのまま旦那にあげちゃう!
太っ腹~~~、私は!(笑)
でも民間の医療保険から手術給付金もらっているので、、、、

でもホントよかった。
あの手術は受けて本当によかったと心から思う。
特に私の場合、「重症」の部類だったので、そう思うのです。

自信がついてきたと思う。
以前は、外出のたびにアイラインだけは引いて、メガネは必須で、などなど思っていたが、もうまったく気にしなくなった。

プライベートジムに通って、以前は痩せたい、痩せて普通サイズの服を着たいと思っていただけだったが、
最近、思う
「格好良くなりたい!」に表現が変化してきた。

そう、私は、格好良くなりたいのです!