50代脱出♀、ただいまノンビリと筋トレダイエット中

カッコいいオバサンを目指し筋トレ&ダイエット中。2018年から宝塚歌劇に夢中、雪組の朝美絢さんと彩風咲奈さんを絶賛応援中

(宝塚歌劇)公演解説と番手

2022年05月23日 14時32分06秒 | スカステ色々
以下の文章は私の勝手な感想であり、推測であるので、確かな根拠もないものであるので、その点をご了解ください。

いつも新しい演目が公式から発表になる度に、必ず読むのが、「公演解説」だ。
ストーリーだけではなく、そこに記載される役名で、配役の予想をしたりする。

全部の公演が決まって役名を載せているわけではない。
小池氏の公演は、大まかなストーリーだけを載せていたり、トップコンビだけだったりするので、その部分は省いてみた。
あと、トップさんお披露目公演も例外。

全てが全てではないが、詳細にストーリーを掲載されている公演では、たいてい2番手までのような気がする。
「fff」は、3番手の彩凪さんのゲーテまでだったが、これは凪様の退団公演でもあったから、出演場面も多かったことが考えられる。

公演解説とポスターと主な配役発表は必ずしも一致しない。
公演解説では2番手まででも、ポスターでは3番手も登場、さらに主な配役では4番手までなどなど。

例えば、次の花組の「巡礼の年」だけど、公演解説の役名登場は、
フランツ・リスト
マリー・ダグー伯爵夫人
ショパン(水美舞斗)

この3名のみ。
つまり2番手まで
ポスターや主な配役で登場しているひとこちゃん演じるジョルジュ・サンドは、公演解説にはない。

現在公演中の「夢介千両みやげ」
夢介
オランダお銀
伊勢屋総太郎(朝美絢)

ここも、2番手まで


大劇場公演中の「めぐり会いは再び」
ルーチェ・ド・オルゴン
レグルス(瀬央ゆりあ)
アンジェリーク

上記と同様

気が付いただけの公演なので、規則性があるわけではないのです。
ただ単に、なんとなくルールはあるのかな、と思った次第。
それに番手が拮抗していると、それはそれで例外だし。

次回雪組公演「蒼穹の昴」では登場順は、
梁文秀
李春児
玲玲

文章の中には、
光緒帝
西太后

の2役の名前も登場するが、これは主語として登場していない。
つまり文秀について説明している文章の中の固有名詞に過ぎない。
西太后についても同様で、春児についての文章の固有名詞である。
主語ではないことが重要。

以上のことから、公演解説の文章において、番手順に登場するということ。
トップ娘と2番手は逆転することもあるが、番手が拮抗ししている状態や「fff」のような例外を除けば、2番手までである。

ポスターに掲載されたり、主な配役として発表されるだけの場合は、3番手という扱いだと私は考えた。

(宝塚歌劇)踊らないよね

2022年05月21日 14時03分58秒 | タカラヅカ色々
私はビジュアル重視であるけれども、そのほかのスキルももちろん大切。

ダンスの良し悪しは、専門家でもないしわからない。
キレキレに踊っていると、うまい・・よね、と言われることが多い宝塚歌劇だけど、それは違うと思っている私。
ひとりでキレキレに踊っていると、逆に

邪魔

なんだよね。
周囲に合わせろよ、と思っちゃう。
キレキレに踊っているからダンスがうまい、なんて嘘ばっか。

月組の舞浜を見ていて、踊らないにも程があるくらい月城さんが踊らないことが意外。
舞浜って、芝居のための会場ではないと思っている。
月城さんのダンスシーンがないことに、熱心なファンではないからこそ、余計に印象深かった。

この前の本公演が友会抽選に漏れたので、見ることができなかったけど、一応ショーがあった訳だったから、ダンスシーンもあったのでしょう。

それに歌も、今回はすごく辛そう。
よく分からないけど、音域が狭い・・・というのか・・・・
あらら、月城さんってあんな声だったか?と思いました。
よ〜〜〜く振り返ると、私はあまり月城さんの歌っている姿を見たことがないことに気がついた。
どうしても、あのビジュアルにばかり目が行っちゃって・・・・(笑)
あと、貫禄。
あの美しさに、あの貫禄は素晴らしい。

そればかり思ってしまうので、ダンスシーンやお歌のシーンに目を向けられない。

美は正義、と思ってますが、もっと心地よい歌を聴きたい。

(宝塚歌劇)歌劇とGRAPH表紙の話題再び

2022年05月20日 19時49分41秒 | スカステ色々
6月発売の宝塚GRAPH7月号の表紙が鳳月杏さん。

今月発売の「歌劇」誌5月号の表紙も鳳月杏さん。

あらら、と思った。

朝美絢さんが「歌劇」誌表紙になったのが、
12月発売の12月号で、
GRAPH誌表紙になったのが、
翌月2022年1月発売の2月号。

鳳月さんが、「歌劇」誌表紙が、5月発売の5月号で、
GRAPH誌表紙になる予定のが、
翌月発売の7月号。

二人とも、歌劇誌表紙になった次の月発売のGRAPH誌表紙になっている、という共通点。

トップさんには、それは関係ないでしょうけど、新規羽根背負った2人だからの偶然でしょうか。

とにかく、歌劇誌の表紙になることはとても名誉なことらしい。

(宝塚歌劇)アンフィシアター公演行ったけど。

2022年05月19日 19時14分44秒 | タカラヅカ色々
以下、私の個人的な感想であるので、その点を納得の上でお読みいただきたい。


今日は、月組「Rain on Neptune」行ってきた。

12時からでたったの1時間50分ということも驚きだったけど、内容が、予想外だった。
公演時間は分かっていたけど、予習ほぼなしで行ったので、

「えっ、あら、続きは?????」状態の芝居だった。

ショーがあるとは思っていなかったので、てっきり帰るという約束の所まであるのかと思ってました。

そうしたら、あらら、ショーのようなものが始まっているけど、もしかして、お芝居はあそこまで、いえそんなことはあろうはずない。

ありました!

あの私にとってはけっこうな「トンチキストーリー」でしたけど。
前半部分、眠かったし。
突っ込みたくなるところ、数知れず。

月城さんの美形と、鳳月さんの脚の形と長さをただひたすら双眼鏡で追っていた公演でした。

月城さんは、シンガーということもない・・・よね。
かといって、ダンサーでもないことは、今公演で踊るシーンがほとんどないことでもわかる。
それほど声も通る方ではない。
やはり「芝居の人」なのね。

それにしてもトップさんになって相当、お痩せになった印象。
そりゃそうだよね、プレッシャーがハンパない。

今朝の朝食の話題になって「朝食バイキングを食べた」と組子さんも話していたので、あの周辺のディズニー系ホテルに滞在でしょうか。

それにしてもですよ、あの公演をアンフィでやる必要性はなんだろう。
とてもストーリー的に不満な公演でした。
要するに、

ザ・中途半端

ただただれいこさんとちなつさんにうっとりしていた1時間50分。


(宝塚歌劇)単なる個人的感想

2022年05月15日 14時43分57秒 | 今さらシリーズ
以下は、タイトル通り単なる個人的な印象であり、感想であるので、悪気は大してないことを了解ください。

「ヴェンチアの紋章」を見ていて、やはり今回も思った。
綾さんのマルコは育ちの良い感じはとても伝わってきたけど、綾さんってラブシーンが似合わない。
オリンピアとのキスシーンだけど、オリンピアの夢白ちゃんが大人っぽくて似合っているけど、綾さんのマルコがどうもね・・・
子供っぽい外見に見えちゃって、大人のスマートさが見えなくてため息が出た。
綾さん自身がとても女性っぽい外見なので、そこに大人の色気が全くない。
ナウオンでも、リボン付きブラウスに袖にはレース・・・・唖然とした。
男役でいる気がまったくないのね。

「ル・ポワゾン」では、ちょっと2番手という感じも少なくて、

やはりロイヤル感があるけど、優しすぎ。

あと、朝月さんのリビアはああいうセリフの言い方が初演の通りなのか。
なんだろう、私は好きではない。
感情がこもっていない風に感じた。
人妻で高貴なご主人がいる不倫妻って、ことでああいう言い方?
これは、朝月さんに責任はない。

ショーではなんだかなぁ・・・
色気っぽいシーンがとにかく似合っていないと私は思った。
年上の女性が無理して色っぽく演じている・・・・ような。

元々の話ですが、
彩風さんと朝月さんのコンビが、私は似合っていないと思っているのがそもそもの理由です。
お顔立ちが地味系のお二人、しかもトップ娘がかなりの上級生。
ずっと次期トップ娘と噂されていた潤花ちゃんとはお顔立ちが真逆。
朝月さんは、控えめに控えめに行こうと心がけている。
それもなんかね。

いろいろなグッズ販売にしても正直売れていないトップコンビ。
舞台写真も相変わらず、朝美絢の8枚のうち6枚とそらくん2枚が入ってからのトップ彩風さんの登場。
次の東京の舞台写真でどうなるのか、心配している。

咲ちゃんは好きだけど、希和ちゃんではなかった方がよかったね、という単なる私の勝手な感想でした。