Midnight Run; MOVE ON A TENURE-TRACK POSITION

しゃーない、今年から、求職活動しょう。
コネもないし、いっぴき狼
アメリカ研究留学日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

回想

2005年02月28日 | アメリカ生活
この季節になると、アメリカに来た当初のことを思い出す。


退職、引っ越しと続いて、疲れ切った体でアメリカに到着して、最初に晩ご飯を買いに行ったモールで20ドルを拾ってしまった。

20ドルがぽんと道ばたに置き去りになっているなんて

なんて裕福な国なんやろう

と思いながら、その20ドルでありがたく晩ご飯をかわせてもらった。

アメリカに着いたばかりで気弱だった私は使った後にこれはだれかの陰謀で
落とし主と名乗る奴が絡んできて200ドルくらい巻き上げられるんとちゃうか
など、ハードボイルドのように、スーパの中をきょろきょろしながら歩き
荷物は左手に持ち、できるだけ、敵に背中を見せないよう、気をつけながら歩いてホテルに戻った。帰ったあと、30分ほど不安になったが、満腹になって寝てしまったら忘れてしまった。

そのころこの辺は好景気だったので
バス停ではクオータの一枚や二枚はよく落ちていた。
来た当初3ヶ月くらい車なしの生活をしていたので、バスに乗っていろんな所に買い物に行ったんで、よくそういうのを見つけてしまい、ついついほっとけなくて手にしてしまう。
いまでも、バスでいくと駐車場を探す心配がいらんのでビーチに散歩に行くときなど時々使ったりしていて、つい目線が地面に、、
そういうわけで、その当時は
ちょっと散歩をすると1ドルくらいすぐ集まって、コーヒーを買うことができるほどやった。
と言っても、私はそれを目指して歩いている訳やなくて、ただ、どこかに行く途中につい光ものを拾ってしまっていただけである。

2年ほど前から急激にホームレスが増えて、1セント以外は見かけることが無くなってしまい
最近はさらに不景気になったのか1セントも見かけなくなってしまったうえに、
なんとホームレスさえ街角で見かけなくなってきた。

どこいかはったん?

これはまずいのではないか??

私の安全な生活を守るためにも、ポジションを得るためにも
もっと景気良くなってほしいなー



********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント (2)

情報伝達速度

2005年02月27日 | アメリカ生活
ここカリフォルニアだけかもしれんけれど、みんな初対面でも昔からの知り合いのように話している。
ちょっとした待ち時間でも、隣り合うと話が始まる。

バスなんか乗ってると、見知らぬ人から突然当然のように
「さっきの見た?あんなことしたらあかんよねぇ」
「はぁ、なんのこと」
「あんた外見てなかったんか?」
「見てない」
「いやXXしようとしてたくるまがいて●●。。。。。。」
「Oh Boy!」と話が続いていく。

はじめの頃、なんか何言ってるんかもよくわからんかったので
話しかけた人をがっかりさせたもんである。

いまでも、かなりがっかりさせているけど、なんとなく対応だけはしている。
が、相変わらず、それ以上話は発展しないので
結局相手はがっかりして、他の相手を捜し始める。

へーへぇ、私が悪うございました

日常でもそんなモンで
ラボのパーティーでも人がいなかったら英語の不自由な私とも話をしているけど、
いっぱい人がいるとどうしても彼らは冗談の通じる人たちだけで集まっている。
まあ、一人で立っていてもしょうがないので、そういうときは空気のように漂い
いろんな所を回りながら適当に話の相づちだけを打っているが
最近、はじめて、英語を十分話せないひとに評判悪い、ラボの秘書さんに
なぜか語感だけで相手がはまってしまい、この4年間で一番おもしろい冗談やった。
と、大層ほめられ
それ以来、少し親切にしてもらっている。

それ以来、少し前にラボに来たテクニシャンも情報をつかんだらしく、しょっちゅう冗談をかましていく。

なるほど、冗談が通じんといかんかったのか、それならそうと言ってくれればいいのに。


この経験から
このアメリカ人情報網は恐ろしい早さで情報が伝わっていくことが判明した。



********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント (6)

BRCA1

2005年02月26日 | 研究セミナー
今日のセミナーは大御所なのであまり発表の参考にはならなかったけど
内容はよかった。

David Livingston, M.D., Dana Farber/Harvard Cancer Institute, Harvard Medical School

Functional Analysis of the BRCA1 Gene Product

BRCA1とXistの局在が一致することを以前報告していたが、今回はその続きのクリニカルサンプルでの話が聞けた。
もともとBRCA1+/-なのに女性はほとんどLOHをおこして癌になっているが、男性はほとんど起こらないと言うことから、女性特異的に働いている機構が関係しているのではないかと言うところから始まっている。そこでXistを調べたら局在が一致していて、BRCA1+/-の細胞ではそれが消失していた。
この発想はすばらしい。
BRCA1+/-LOHの患者サンプルだけで起こっているのかと思ったら、他の原因で起こっている乳ガン由来のサンプルでXistの不活性化されたX染色体への局在が無くなっていることがわかり、この不活化の破綻が癌化に関わっている可能性を示した。

それが結果なのか原因なのかはわからないけど、何らかの関わりはあるのでしょう。

セミナーでも質問が出ていたけれど
性特異的にBRCA1+/-のLOHが調節されているのか、LOHを起こしたものは消え去るのか?
その辺が不思議??




********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント (2)

休日

2005年02月26日 | ラボの日常
今日 休みの日をとったという書類を書くように言われた。

H1bになったら職員なので1年間に10日しかペイホリデーがないと言うことやった。

他の職員は休日に来たり、休日に働くことで相殺されたり
時間外の労働には手当が出る
ポスドクにはそれがないので、土日ほとんど来ているからそれで相殺してくれ
といったら、書類がないからできないと言われた。
じゃあ、これから土日来るときに書類を作ればいいのか、とおもって

今週末、働きに来るから書類をくれと言ったら、それもできないと言われた。

理不尽である。

なので、勤務実態の契約をしていないのにもかかわらず
いきなり休みの日だけを制限されるなんてアンフェアーだといったら怒られた。

理不尽である。

しょうがないので、黙って働くことにする。





********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント (7)

カップラーメン

2005年02月25日 | アメリカ生活
久々に長距離を走った。といっても車が走ったのであって、自分自身はちょこっと座って運転していただけで、肩がこったぐらいである。

雨が多かったのだけれど不思議とその切れ目を走ることになって、虹を追いかけて走っているような気分になるくらい、かなりの時間虹を見ることができた。

生まれて初めて半円型の虹を見たかもしれん。

それはそれとして、友人が来ていたので450マイルの道を走り会いに行ってきた。

去年日本に一時帰国したときも合ったんやけれど、その時からさらに一回り大きくなっていたのに驚いた。「細胞でも数日飼うと倍になるんやから、それぐらいで驚いてはあかん」と彼は言わんかったけど、もし「太ったな」と言っていたらそういう返しがきたやろう。

と言うことで、観光もそこそこにずっと食べ放しやったから、こちらに来て彼の細胞もさらに分化、増殖していったものと思っている。

実際、まだミーティングに参加してるので、おそらくもっと巨大化している可能性もある。

そのうえ、カップラーメン評論家を自称する奴のために、
アメリカ産カップラーメンを5日分おいてきてあるのでより勢いを増していると思っている。
心残りなのは、奴のより好物であるカップ焼きそばを忘れたことである。
そう、、アメリカ産日清ちゃおめん、チキン味を忘れたことだ。

大学時代の教室忘年会でゲームの商品をラーメン1年分にしよう
と彼と企画していたが
予算が足らずに泣く泣くチロルチョコ一年分に変えたことを思い出しながら
フリーウエイを爆走してかえってきた。

次会うときが楽しみだ。




********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント

ちょっと納得できないこと

2005年02月25日 | ラボの日常
投稿したショートレビューは知らない間にアクセプトになっていた。

とりあえず。よかった。

今日までにアブストラクトを出すように、とボスからメールをもらったので
書いて2日ほど前に送り返したら、その時までに自分で書いて送ってしまっていたようで
「終了」と言うメールが来た。

自分で書いたなら、それをCCで送っておいてほしいもんである。
何を隠そう私が筆頭著者なんやから。

と文句も言いたいとこやけど、もう終わったことなのでしょうがない。

「ポジションが見つかるまではおとなしくしといたる」

これ以外にも不当な扱いがあって、それを知る他の人もちょっと驚いている、
文句を言っても' I don't think so.'の一言で終わられるので困る。
なので、よほどのこと以外では何も言わないことにしている。

日本人は文句言わんと思ってるやろうけど、ちゃんと後で目にもの見せてやる

と言っても、何するわけでもないが、自分がいなくなればその存在の重要度がわかることであろう。


何はともあれ今日、もうOKが出てオンラインでタイトルが出ている。

早くポジションを見つけたい。




********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント (4)

掃除その2

2005年02月24日 | ラボの日常

とうとう明日新しいポスドクたちが来る。

一つ重大なことを忘れていた。フリーザーのスペースをあけ渡さんとならんことを、、、
今日気づいて早速移動させようかと思ったけど場所がないのでどうしょう?
サンプル整理して当分使わんと思われるもんを捨ててしまうしかない。

机周りのそうじで満足しきっていた。

結構大事なものが残っているが、この際しょうがない処分するしかないなぁ


捨てよ!
古いのぜんぶすてたる

ベンチのしたにある-20度のフリーザーの一段半使ってたのが一段だけになる、
それってすくなすぎるよな、ほんま




********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント

命知らず

2005年02月23日 | アメリカ生活
南カリフォルニアでは大雨が続いている、本当に驚くほど雨が続いている。
たぶん乾燥していた地盤に急激に水を含んだためか、泥となって道路にあふれたり、崖の横から水がわき出てきたりしている。

高台の家のしたが崩れ落ちて、家自体が無くなってしまいそうなところもある。

このあたりは普通雨がほとんど降らないから、ちゃんとした雨を排水するための下水網など存在しない、そのまま道路脇を雨水が流れどこかの下水口や川に流れ込むようになっている。
ちゃんと排水できたら彼らの家も守れたのだろう。

なんで、ちょっとした雨でもその下流に位置する道はすぐに洪水になる気がする。

アパートの横の道なんかひどいものでちょうど二つの丘の麓に当たるのでいつも水浸しの恐怖を味わうが、幸いアパートはそこよりちょっと高くなっているので問題ない。

ただ歩いて通っているものにとってはとっても問題あることになる。

いつもの道が少しの雨で小川に変わるので、靴がとんでもないことになることがわかった。
何とかしてほしい。


そうたくさん靴は持っていないんじゃ


そのうえ通常雨が少ないせいか、車の事故がそこら中でおこってる
大体普通の日は50件くらいなのが昨日だけで400件近く起こったそうだ
50件でも驚きなのに、ちょっとした雨で8倍になるのも信じられない

いや、フリーウエーでの運転を見ると、やっぱり起こりそうな気がする
以前、前が見えない位の雨の時にでも
このあたりの人たちは70-80マイルで私の車を抜いていった、それも1台2台でなくてほどんどすべてが命知らずである

大学時代の友人で命知らずのやつがいたが、こっちでは平均以下の命知らずになってしまう。

と言うことで、それを発見したときから、命に執着のある私は、雨の日にはできるだけ運転しないように決心した。

そのおかげで靴はどんどんぬれていく、助けてほしい。





********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。

コメント (8)

掃除終了

2005年02月19日 | ラボの日常
やっと掃除が終了した。

結局、大半の論文を処分した。そうしないとおいておく場所もない

でもまた取り直すかもしれんので、もったいない気もしたけど
当面いるものだけを選別して、すべて捨ててやった。

なのでとってもすっきりした。

紙はリサイクルボックスまで運んだのでちょっと腰が痛い
運動不足のたたりか??





********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント

年金つづき

2005年02月18日 | アメリカ生活
雇用一年後から雇用主が貯金し始めるので、去年は手続きしなかった。と言われた。

しかし、私より半年ほど後にH1bになった人も同時に手続きするようになっているので
どんなもんなんやろうか?
本当のところはわからない。

そのお金は定年後になって始めてもらえるだけと言われた。

そんなんほとんどの外国人にはむだなんちゃうん?とすごんだけど
でも、会社がある限りどの国にいてももらえる。と言われた。
その時は自分で手続きせんとあかんけどね。とだめ押しされたが、そんなん忘れてまうに違いない。

自分はもしアメリカから出ることになったらすぐもらいたいのだ。。。
まえまではオプションがあったと思ったが、間違っていたのか?

自分でホームページを調べると
すぐにもらいたければ解約手数料と税金がかかり
大体20-30%のお金が消えていくことになるそうだ

でも、係の人はそういってもできないの一点張りであった。

電話をかけて聞いたドイツ人ポスドクCから、その解約手続きは
かなりややこしいらしく、なかなかできそうにない。

と言う情報をつかんだ。

わからん、その時になってから考える方が良さそうだ
電話したときに誰に当たるかで説明も、解約の難易度も違うはずやから

もう一度ホームページを確認して
いずれにしてもアメリカ国外に出る以外は解約しにくいことはわかった。
しかし不可能ではない。

ボスが私がアメリカに着いたはじめの日に言った。
「誰の言うことも信用するな、自分の目で確かめ得ろ」
これは研究面のことだけと思っていたけど、
実は、アメリカではすべての面でそうやと思う、なので、この教えはとっても役に立っている。



奴らは目を見て平気で嘘をつくからな。。。




********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。


コメント (6)