Midnight Run; MOVE ON A TENURE-TRACK POSITION

しゃーない、今年から、求職活動しょう。
コネもないし、いっぴき狼
アメリカ研究留学日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レーザーポインター

2005年08月05日 | 職探し
発表の際の注意点としてもう一つ、

「読むな」と言われました。

これは原稿をと言うわけではなくて、

サマリーをスライドに書き出してまとめを話すとき、
それをちらちら見て読んでいるようになっているようで
それは、絶対にするな。と言われました。

しかし、これがなかなか難しい、ついついレーザーポインターで示してしまう
そうすると文章が目に飛び込んできてつい読んでしまう。

しかし
これをぐうううっとがまんして、レーザーポインターを使わず
聴衆の方に向かい、語りかけるように説明した方がよいようです。

そうすると聞いている方も、同じこと言っていても
読むと「そこにかいたるのは読んだらわかるちゅうねん、あほか、、」
となるし
語りかけると「おーなるほど、すごい結論だ」
となるそうです。


そんなもんなんでしょうかねぇ?
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« つなぎが大切 | トップ | おまけつき »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みっしー)
2005-08-06 09:13:42
はい、そのとおりです。先日のUSCのセミナーではもっと観客の方を向いたらよかったなぁと反省しております。前の日にパサデナで飲みまくったせいですな。



面白いのは、日本人の発表は9割方スライドの方をみているのですが、アメリカ人の発表は前を向いたり後ろを向いたり、非常にめまぐるしいです。学会などで、頭の動きをみていると飽きません(スライド見ろよって)。
Unknown (みっしー)
2005-08-06 09:17:34
もうひとつ。心の恩師と仰ぐ方の退官講演で、サマリースライドになったとき、レザーポインターはスライドの上をなぞっていましたが、書いてある文章とはちょっとちがう文言で語るというのに出会いました。もんのすごく感動して、それ以来、ひとつの目標となっています。
Unknown (zephykix)
2005-08-07 09:48:59
なるほど、今度注意してみてみよう。



そうすると、発表中に聞いているアメリカ人と目が合えば自分の英語が通じている訳ですね。だぶん

しかし、今だと自分が発表しているときはほとんどの視線がスライドに向かっていると言うことになるから、スライドを見続けて話していても気づかれないかも知れない。とは行きませんね。







Unknown (みっしー)
2005-08-08 02:17:31
スライド「を」説明するのではなく、スライド「で」説明する、ということですね。プレゼン自体が自分の血肉になっていないと、どうしてもスライドを説明する(=映像に逃げ込むともいう)ことになります。プレゼンはショウビジネスなり、ってわけです。
Unknown (zephykix)
2005-08-08 14:33:46
なかなか深い言葉ですね。



スライドで説明できるように練習します。
これ、聞いてみたい! (fortuneorigin)
2005-08-09 12:02:01
タイトルは、文章風にしてますか?それとも名詞風にしてますか?どちらがいいのかいつも迷ってしまいます。みっしーさんが仰るように、タイトルを棒読みするのではなく、違う「口調」で解説するのを聞くと、いつも感動します。
Unknown (zephykix)
2005-08-10 11:10:46
タイトル、私の場合、文章になっていない場合が多いような気がします。どちらでもいいと思うのですが、一つの発表で2種類混ぜない方がよいと思っています。



発表の際、

前のスライドの結論から、連続して次の実験の目的とデータの理解のために必要ならバックグランドを話しています。その中に必要な情報を入れるようにしていますのでタイトルを復唱することはしていません。



結論部分はエンターテインした方がいいようです。

まだ私はできません。



Unknown (みっしー)
2005-08-11 01:27:52
ふぉーちゅんさん、どうも。先日のサイトビジットで使ったスライドをチェックしてみたら、両者おもいきり混ざってました。。。。ただ、データや結論のスライドは文章で、バックグラウンドやシステムの説明は名詞風で、と区別はしています。アメリカ人は動詞がすきといわれていますので、主張点がはっきりしている場合は文章のほうがよいと思います。最悪のタイトルはいわずもがなですが、やった実験の種類をタイトルに使うというものです。



ぜひさんのいわれるように、スライドの最後を質問でしめくくるというのは、よいトランジションのためのひとつのテクニックですね。わたしも、「そしてその答えはマルだった」とか「なんと答えはバツだった」とかいいながら、スライドを切り替えるというのを多用しています。





^^ (fortuneorigin)
2005-08-19 15:06:09
ぜひさん、みっしーさん、ありがとうございます。なるほど最後は質問・・・それいいですね。理想の感じにできるように工夫してみます。(まずはデータなんですけど)

コメントを投稿

職探し」カテゴリの最新記事