Midnight Run; MOVE ON A TENURE-TRACK POSITION

しゃーない、今年から、求職活動しょう。
コネもないし、いっぴき狼
アメリカ研究留学日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ことわざ

2005年08月09日 | えいご
ある日、大学院生Sがものすごいイヤな会話を聞いた。
と言って怒っていた。

ある仕事のできない人が別の仕事をできない人を陰でバカにしていたそうだ。

そのSは「彼らはどっちもあほやのに、つまらん話をずっとされて、イヤになった。」そうだ

そこで、気分を変えようと

日本には『目くそ、鼻くそを笑う』ということわざがある。
と、教えてあげた。

でもこれは、ことわざなんやろうか?ちょっと自信がない。
がとにかく
意味を英語で説明すると

The pot calls the kettle black.

のことか、と英語を教えてくれた。

さらに付け加えて

A wise man changes his mind, a fool never.

とつぶやいて去っていった。

その間にもっと悪い言葉も言っていたがストレスは解消できたようだ。
 
コメント (5)   トラックバック (6)

リンキング

2005年02月03日 | えいご
今日アメリカ人の大学院生と話していていわれた、I'm gonna,と言ったときに、「時々使ってるけどわかりにくいからやめた方がいいのとちゃう?発音がちゃううんやけど」 と投げ捨てるように言われた。「It's gonna be、When'nai (When I)とかI wannaとかかラボのSが使うのすきやけど、実は発音がちがうから、アメリカ人には耳障りなんやんや、彼は気に入って使ってるから彼には悪くて言えないけど、私はほとんど使ってないから直せるやろう。」、ということで言ってくれたらしい。

そうだったんじゃぁー

そんなに違うのかと思うとショックであるけど、
まあ、言ってくれる人がいるだけましである。


日本人からすると一緒のような気がする音でも、彼らには微妙な音が混じってるらしい。

だから彼女はちゃんと丁寧に発音した方がわかりやすいし、聞く方も丁寧に話しているとちゃんと中身を聞こうとすると思う。と言っていた。

確かに、もっともなことである。
聞く方のみになって考えないといけない。

ちゃんと通じる英語を目指したい。


********
人気blogランキング   に参加しています。
********

うえのランキングを押すとランキングサイトに飛び、その回数がカウントされます。一押し、どうぞよろしくお願いします。
コメント