立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

立山連峰の冠雪、山の上は冬の世界へ・・・上市町

2017年10月24日 | Zenblog
 数日前に富山気象台は「立山の初冠雪」を宣言しましたが、私は今日始めて立山の冠雪を見ました。富山市水橋から立山の冠雪はぼんやりと見えるだけだったので上市町へ走りました。近づくとかなりはっきり見え、雪山の鋭さが感じられて身が引き締まります。山上はいよいよ冬の世界です。その下の紅葉を追いかけるように冬が降りてきます。


(1)水橋から眺めた冠雪の立山連峰。




(2)上市町に来ると、剱岳を中心に冠雪がはっきり見えます。




(3)連峰の左から見ていきます。まず左端の僧ヶ岳に冠雪が見えます。




(4)3の山です。僧ヶ岳に少し雪、右肩に見える越中駒ヶ岳にはかなりの積雪。




(5)毛勝三山の積雪です。




(6)剱岳とその右の剱御前山です。




(7)左側の剱御前山と、次が真っ白な真砂岳、そして奥大日岳と大日岳です。




(8)傾斜面が弥陀ヶ原で、背後の尖り気味の鷲岳とそれに続く大きな大鳶山には積雪があります。


(これよりさらに右にある薬師岳は雲に隠れて見えません)



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 超大型台風21号が去った後の... | トップ | 冠雪した山のある風景・・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山の冠雪‼ (はたやん)
2017-10-25 10:24:21
(3)のカワウが飛ぶ僧ヶ岳他の冠雪他を楽しみました‼/ありがとうございました‼

傍の利根川(平地になってからは芦尾からの渡良瀬川・日光からの鬼怒川・小貝川も合流)では新潟・群馬の山での降雨がここまで来るのに1日以上はかかりますが、最高水位が6m若まで上昇・増水したようで土手の斜面に水流の乾いた跡がくっきりでした‼/水位観測標識は11mまであるので余裕であり、過去に観た傍の土手の最高水位は8mくらいも体験しており、テント・消防車待機も何度かみており、今回はそこまでの防災監視体制ではありませんでした‼

今日:25日は寒く今月4度目の暖房を使っています‼
山に雪が来ると (zen)
2017-10-25 14:18:54
 富山では、立山に雪がやってくると急に寒くなり、冬の実感がわいてきます。もちんストーブなしではすみません。着るものもそれにふさわしいようなものを着なければならない気持ちになります。

コメントを投稿

Zenblog」カテゴリの最新記事