ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

真実をついていた…

2019-03-02 13:32:56 | 本・映画など



「お父さん、まだ観てないの?」

埼玉県での入場者のほうが、東京都のそれより上回っている、とのニュースを見て、

わたしが、「市長として『観たくもあるが観たくもない映画である』」 と埼玉新聞にコメントしたことを 家族に話すと、

妻と娘の二人からそういわれた。

2人とももう観たのだそうだ。

悔しいから私もこっそり レイトショーで観に行った。新所沢パルコである。8時50分上映11時45分おわり、である。

会場は、それでも30人くらいは観客がいた。(レイトショーはふつうそんなに観客はいないものだ)

映画が進むにつれ、拍手アリ笑いあり、そして、なんと涙あり、私も珍しく笑ってしまった。

詳しくは申すまい。

ただ、言いえて妙。まさに真実をついている というのが感想である。

埼玉県人の心理が赤裸々にさらけ出され その通りだ! と思った。

山田うどん、竹野内豊 が出てきたときには がんばれっ! とこぶしを握ってしまった。

この映画、人間心理をうまく表し、笑いと嫉妬と虚栄心と そして、団結のすばらしさを知らしめてくれる映画であった。

がんばれ! 埼玉 いくぞ! 所沢。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 70歳で元気な男性は85歳まで... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・映画など」カテゴリの最新記事