ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

小水力発電 を浄水場で開始 全国初のリース方式にて エネルギーの自立へ向けて

2019-02-22 12:40:12 | 市役所でのこと


那須塩原元湯 の「大出館」の温泉 5つの湯舟があり、黒湯もあって、湯舟によって色が違う
                    たまには、変わった写真もよいと思って 載せてみました

2月18日(月)

東部浄水場にて 小水力発電 導入開始の式典を いたしました。

所沢の水道水は、利根川→荒川→大久保浄水場からパイプを通って 市内3か所の浄水場に届きます。

そこでさらに濾過された水は、さらに市内各地のポンプ場に送られ、そこから各家庭に圧送されて届くのです。

今日は、東部浄水場で使う電気を賄う 小水力発電設備のお披露目をいたしました。

大久保浄水場から送られてくる水の圧力を使って 水道管内(直径50cm)の水車を回し 発電をして、
その電気を東部浄水場で使う電気として使います。

発電機最大出力は223KW

年間140万kwh/年 発電、これは 一般家庭の使用電力470軒分に当たります。

その分電気を買わなくてよくなり、さらに夜は余剰電力もあり、発電設備の導入+維持費を差し引いても、年間120万円収益が上がる仕組み。


CO2削減量では 約594t/年 (杉の木64000本分)
の二酸化炭素を発生しないで済むことになりました。

設置費用と維持管理費用は、20年間のリースによって分割で払います。東京発電株式会社に委託。

しかし、自家発電した分は電気代が減りますので、今までより電気代が削減され、

(削減分の電気代) − (リースで払うお金)=102万円/年

20年間では2044万円、今までより節約したことになるのです。


ここに来るのも紆余曲折があって、

1、浄水場は国の土地だ。上水用に貸したのだ。だから、発電して売電はまかりならぬ。by国

2、(市のタンクに入る前の水を利用しているので)発電機を回している圧力は県の圧力だ。だから、売電収入は県の分もよこせ。by県

そういうことがあって、時間がかかったこの発電事業。

最後は、夜の発電分は売らないで東京電力にそのまま渡す、こととして、解決をさせました。

いずれにしてもよかった! よかった!

上下水道局の努力を高く評価し、

マチごとエコタウン所沢 SDGs環境部門日本一の所沢

頑張ってまいります。
今後も率先垂範、エネルギーの自立 に向けて努力してまいります。


        これがパイプの途中にあって 羽が回って 発電するのです


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« まずは、平成31年度 施政... | トップ | 『異端の時代』 森本あんり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市役所でのこと」カテゴリの最新記事