岩淸水

心を潤す

米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシアと手を組んだ

2019年10月15日 15時50分00秒 | 保管記事

 

  記事の紹介です。

 

米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシアと手を組んだ

 

kurds Strike Deal with Putin and Assad in Syria as Trump Criticized

20191015(火)1550分

 

2019 10 15 米軍撤退で追い詰められたクルド人【保管記事】
トルコの攻撃を口実に、シリアの虐殺者・アサドの軍も動き始めた(写真はアサドとシリア兵。2018年3月18日、シリアのグータで) SANA/Handout/REUTERS

 

<「トルコ軍に皆殺しにされるぐらいなら」と妥協に踏み切ったクルド人勢力。トランプの裏切り外交が生んだ悲劇だ>

シリア北東部でトルコの越境攻撃を受けているクルド人勢力が、トルコ撃退のためにシリアのバシャル・アサド大統領と、その後ろ盾のロシアと手を組んだ。ドナルド・トランプ米大統領が、ともにIS(自称イスラム国)と戦ってきたクルド人を見捨てて駐留米軍を引き揚げると決めたからだ。怒ったクルド人がIS捕虜収容所の管理を放棄したため、少なくとも750人のIS戦闘員が逃亡したことも分かっており、トランプに対する批判の声が高まっている。

 

トランプは10月6日にシリア北東部からの米軍撤退を発表したが、クルド人勢力に対するトルコの軍事作戦を事実上容認したこの決定については、IS掃討で長年協力してきたクルド人勢力に対する裏切りだと非難の声が上がっていた。また数多くの専門家やアナリストが、米軍が撤退すればクルド人勢力はトルコに対抗するためアサドやロシアと手を組むしかなくなると警告していた。

その後トルコがシリアとの国境を超えてクルド人勢力に対する攻撃を開始すると、クルド人武装勢力「シリア民主軍(SDF)」はまさにそのとおりの行動に出た。アメリカに見捨てられ、皆殺しの目に遭う可能性に直面して、ほかに選択肢は残されていなかった。

 「クルド人虐殺よりはまし」   「アサドとロシアと手を組むという妥協な痛みの伴うものになる」と、SDFのマズローム・アブディ最高司令官は米フォーリン・ポリシー誌への寄稿で認める。「だがクルド人の虐殺を許すよりはましだ」

13日に結んだ合意の下、クルド人勢力はこれまで支配してきた国境近くの町、マンビジとコバニをシリア政府に引き渡す。一方、シリア国営メディアは、「トルコによるシリアの領土への侵略に立ち向かうため」にシリア軍が北部に向かっていると報じた。

 

シリア軍は北東部全域に展開される見通しで、北部を実効支配するクルド人組織、西クルディスタン移行期民政局(通称ロジャヴァ)も13日夜に発表した声明の中でこれを認めている。

「トルコによる攻撃を阻止・撃退するために、シリア政府と合意を結んだ。国境地域を守り、シリアの主権を守るために、シリア軍をトルコとの国境沿いに展開させる内容だ」とロジャヴァは声明で述べた。

さらに声明はこう続けた。「(シリア軍の配備は)シリア軍がトルコによる侵略に立ち向かい、トルコ軍と彼らが雇った外国人部隊が侵入した土地を解放するのを支援することが目的だ」

シリア北東部では、トルコによる攻撃で大勢の一般市民が死亡しているおそれがあり、国連は13万人以上の民間人が住むところを失ったと推定している。それでも、トルコが攻撃を緩める気配はない。

かつてIS掃討を目指す有志連合の米特使を務め、トランプのシリア戦略に抗議して昨年12月に辞任したブレット・マガークは、現在の状況は「大惨事」だとし、クルド人勢力を見捨てたトランプの決断は「軽率で無慈悲だった」と批判した。「同盟相手の運命を考えも計画もなしに敵対勢力の手に委ねるのは、恥ずべきことだ」

 

「シリアは途方もない規模の人道危機に見舞われている」とマガークはツイッターに投稿した。「アサドは報いを受けるべき戦争犯罪人なのに、アメリカがISのカリフ制国家を壊滅させた結果、シリアの3分の1を安定させ、シリアがそれを手に入れた」

「犠牲を払ったのはSDFで、彼らはISとの戦いで1万1000人近い戦闘員を失った。トランプは彼らがただ『自分たちの土地を守るために戦っただけ』と言ったが、それは間違いだ。彼らはアメリカの要請を受けて戦っていたのだ」

「トランプは、軍を招集してISのような敵と戦うのは簡単なことだと思っているようだが、それは違う。何年もの時間がかかる大変なことだ。そして今回、IS掃討という歴史的な成功が、一人の外国人指導者の軽率で無慈悲な決定によってわずか6日で失われてしまった」

多大な犠牲を払ったIS掃討戦が無駄になっただけではない。今やシリア北東部ではトルコ軍とシリア政府軍という敵対する正規軍同士が対峙しかねない情勢だ。もしシリア政府軍がNATOに所属するトルコを攻撃すれば、NATO諸国は防衛する義務がある。

民主党のチャック・シューマー上院院内総務は13日、議会民主党が近く、クルド人勢力を守るために、トランプに対してシリアからの米軍撤退の決定を「取り消す」よう求める決議案を議会に提出する予定だと明らかにした。

翻訳:森美歩)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/10/post-13184_1.php

 

  記事の紹介終わりです。

 

 

2019 10 16 米軍の撤収【わが郷】 米軍の 撤収。 わが郷

 

シリア情勢へ シリア 各国情報 

 

 

 

 

 ■ Site Information

■ 2009年7月9日   「我が郷は足日木の垂水のほとり」 はじめました。   本稿はその保管用記事です。

■ 2010年3月2日 人気ブログランキングへ   人気blogランキング(政治)にエントリーしました。 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 関西電力 金品受け取り問題 | トップ | 八ツ場ダムで旧民主に皮肉 »
最近の画像もっと見る

保管記事」カテゴリの最新記事