岩淸水

心を潤す

カルロス・ゴーン

2009年08月11日 18時45分51秒 | 人物

 人物の索引

 

カルロス・ゴーン【人物】 カルロス・ゴーン 自動車産業

カルロス・ゴーン

(亜: كارلوس غصن‎、葡: Carlos Ghosn、仏: Carlos Ghosn
又は Bichara(ビシャラ)若しくは Ghosn Bichara195439日 - )
ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。
ルノーの取締役会長兼CEO (PDG) で、
日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)も務める。
親はレバノン人、生まれはブラジル、育ちはフランス。
レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。
アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。
日産の社員に対して自ら語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。
法政大学名誉博士(2004年)。
(wikipedia)

 

 

 2018 12 22 逮捕は、続くよ。 何処までも【わが郷】 逮捕は、続くよ。 何処までも。 わが郷 

2018 12 17 日本人 の敵。【わが郷・経済】 日本人 の敵。 わが郷

 2018 11 21 ゴン太郎は、他山の石。【わが郷】 ゴン太郎は、他山の石。 わが郷

 2018 11 20 お馬鹿は、最後に 逮捕される。【わが郷】 お馬鹿は、最後に 逮捕される。 わが郷

 

2013 01 24   国際金融の死角 わが郷

 わが郷では、この人のことを、ゴン太郎と呼んでいる。

 べつにこの人の人格がどうのとか、そのような事を言うつもりはない。

 

 唯、日本の経済が右肩下がりで、堕ちてきた。

 そしてこの方の報酬は、右肩上がりで伸してきた。

 そして年俸が、8億円を超えるとか。これならばとやかく言われても、有名税というものだ。

 だけんども、ゴン太郎だって自社の当面の利益を絞り出すことは判っていたが、研究費を削ったのでハイブリッドが作れない。それで日産のイメージは、二流自動車会社に落ちぶれた。そのデメリットを今になって思い知った。この程度のデコスケが経営をしている。ならば、どれほど尖閣がらみで、日本の国際的な地位を損なっているかなんて、知る訳がない。

 

2012 04 19  日本人とは わが郷

 

 

 

 

 

 

人物の索引【岩水】 人物の索引 【人物

 

 

わたしの里 美術館「索引」 我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】 岩水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

   

この記事についてブログを書く
« 川口 順子 | トップ | カルザイ »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事