東村宗介監督のブログ

東村作品に対するご意見、ご要望、お待ちしています。

超装忍バードソルジャー 現スチ06

2018-06-29 16:42:05 | 日記
ベルカルネが休みに行き、バードソルジャーを牢屋にいれようとする戦闘員。
だが、バードソルジャーは拘束から逃れ、戦闘員を倒して脱出する。



脱出したバードソルジャーだが、その前にテンタクダーと戦闘員が立ちふさがる。



変身するが、それまでのダメージは大きく戦闘員は倒してもテンタクダーには苦戦する。











残った力を振り絞ってバードアタックでテンタクダーを倒すが、満身創痍のバードソルジャー。
その前にベルカルネが現れる。



続く
コメント (5)

超装忍バードソルジャー 現スチ05

2018-06-27 14:54:04 | 日記
バードソルジャー、吊るされて気絶している。
ベルカルネ、その前にコントローラを持って現れる。
ベルカルネ、コントローラのスイッチをいれる。
バードソルジャーの体に電気が流れて、びくっと体を振るわせたあと、顔をあげて悲鳴をあげる。
ベルカルネ、電撃を止める。
バードソルジャー、がっくりと頭を垂らす。
ベルカルネ、その髪の毛を掴んで顔をあげさせる。
ベルカルネ「キミから情報を聞き出そうとしても無駄だと思うけど、一応聞いてあげよう。キミたちの基地はどこにあるんだい?」
バードソルジャー「言う、わけ、ないでしょ」
ベルカルネ「そうだろうね。でも、もしこれからキミの気が変わって言いたくなったら、それは僕への忠誠の証として、僕の右腕としてギャランダーに迎えてあげてもいいよ」
バードソルジャー「そんなこと、絶対にないわ」
ベルカルネ「悲しいけどそうだろうね。じゃあ、まずは歌声を聞かせてもらおうか」
ベルカルネ、手を放してコントローラーのスイッチをいれる。
バードソルジャーの体に電撃が流れのけ反り悲鳴をあげる。
ベルカルネ「ああ、いい声だ。今まで聞いたどんな歌より、心が震えるよ。さあ、もっと大きな声で歌ってくれ」
ベルカルネ、コントローラのメモリをあげる。
バードソルジャーの体に流れる電気が強くなり、絶叫をあげる。
バードソルジャー、そして気絶する。
ベルカルネ、電撃を止めて、バードの頬を撫でる。
ベルカルネ「さあ、次はどうやって苦しめてあげようか」







バードソルジャー、気絶している。
ベルカルネ、鞭を持ってその前に行き、頬を叩く。
バードソルジャー、小さく呻いて顔をあげる。
ベルカルネ「休憩の時間は終わりだ。また歌ってもらうよ。今度はこれで」
ベルカルネ、鞭を見せる。
バードソルジャー、無表情でそれをみる。
ベルカルネ「もう少し怯えてくれたりすると嬉しいんだけど」
バードソルジャー、小ばかにするように笑う。
ベルカルネ「そう。それはそれで苛めがいがあっていいかな、じゃあ、始めるよ」
ベルカルネ、鞭でバードを叩き始める。
バードソルジャー、唇を噛みしめて悲鳴をこらえる。
ベルカルネ「どうしたの!痛いでしょ、苦しいでしょ。鳴き声をあげてよ」
バードソルジャー、小さく呻くが悲鳴はあげずにベルカルネをにらむ。
ベルカルネ「そういう態度に出るんだ。じゃあ、こっちも」
ベルカルネ、小さな霧吹きのようなものを出す。
ベルカルネ「この中には神経を過敏にする液体が入っているんだ。これをその体にかけるとどうなると思う?」
バードソルジャー、無言で顔をそむける。
ベルカルネ「じゃあ」
ベルカルネ、バードの体に液体を霧状にしてかけていく。
バードソルジャー、液体がかかるたびに苦悶の声を小さくあげる。
ベルカルネ「どうだい、しみるだろ」
ベルカルネ、ある程度、かけてやめる。
ベルカルネ「この液体がかかった体を鞭で叩かれたらどうなると思う」
バードソルジャー「しらない。叩きたいなら叩けばいいわ」
ベルカルネ「くくく、そうさせてもらうよ」
ベルカルネ、鞭で叩き始める。
バードソルジャー、最初の数発ほど呻き声で耐えたが、悲鳴に代わり始める。
ベルカルネ「そうだよ。小鳥ちゃん、もっと可愛い声でさえずって僕を楽しませてよ」
ベルカルネ、鞭で叩き続ける。
ベルカルネ「ああ、鞭を伝って、キミの筋肉が壊され、骨がきしむ感触が手に伝わってくる。最高の気分だよ」
ベルカルネ、さらに鞭で叩く。
バードソルジャー、気絶する。
ベルカルネ「また気絶しちゃったよ」
ベルカルネ、鞭を捨てバードソルジャーに近づき頬を叩く。









バードソルジャー、目を覚まして、弱った感じで言う。
バードソルジャー「次は何でいたぶるつもり?」
ベルカルネ「そうだな。これなんかどうだい?」
バードソルジャーの羽手裏剣を出す。
ベルカルネ、羽手裏剣の羽のほうでバードの体をくすぐるように動かす。
バードソルジャー「や、やめて」
ベルカルネ「くくく、こういうのも屈辱的でいいだろう。しかも自分の武器で、くくく」
ベルカルネ、しばらくくすぐってから反対に持ちかえる。
ベルカルネ「でも、やっぱり僕が聞きたいのはキミの鳴き声だ」
ベルカルネ、バードの体に羽手裏剣を突き刺しえぐる。
バードソルジャー、弱りながらも苦悶の声をあげる。
ベルカルネ「どうだい?自分の武器でいたぶられる気分は!」
ベルカルネ、笑いながらバードソルジャーの体に突き刺しては抜き、また突き刺すを繰り返す。
バードソルジャー、気絶はしないが、大きな悲鳴の声がでなくなる。
ベルカルネ、羽手裏剣を刺すのをやめていう。
ベルカルネ「まだ僕はキミを苦しめたいんだ。もっといい声を聴かせてほしい。だから少し休ませてあげるよ。またあとで素敵な悲鳴を聞かせてね」
ベルカルネ、大声でいう。
ベルカルネ「戦闘員、僕は少し休む。バードソルジャーを牢屋に入れておけ」














続く




コメント (4)

超装忍バードソルジャー 現スチ04

2018-06-24 21:46:44 | 日記
テンタクダー、腹を撫でながら言う。
テンタクダー「さあ、もうすぐインナースーツも解除される、そしたら胃液を出して溶かして、肉も骨も食べてやるからな」
女性、それを聞いて、怒りの表情を浮かべ、戦闘員の刀をどかしてテンタクダーに歩み寄り殴る。
女性「何調子に乗ってる。殺せとまでは命令してなかっただろ」
テンタクダー「す、すいません」
女性「もういい、出せ!」
テンタクダー「は、はい」
テンタクダー、インナースーツのバードを吐き出す。



バード、地面に倒れて、息も絶え絶えに呼吸する。
女性、バードを仰向けにして自分の太腿にのせて、その顔と体を撫でながら言う。
女性「ああ、バードソルジャー、こんなに弱って可哀想に」
バード、朦朧としながら言う。
バード「あ、あなたは…」
女性「僕?まだわからないのかい」



女性、ベルカルネになる。
ベルカルネ「バードソルジャー、やっとキミを手に入れることができたよ」
バード「ベル、カルネ、ぅぁ、ぁぁ」
ベルカルネ「良かったよ、死ぬ前に救い出させて。キミを殺すのは僕じゃなければないんだからね」
バード、悔しそうな表情で見る。
ベルカルネ「ああ、バードソルジャー、キミは戦ってる姿も美しいが、こうやって弱り苦しんでる姿はもっと美しいな」
ベルカルネ、体を撫でていう。
ベルカルネ「簡単には殺さないからね。たっぷりといろいろな方法で苦しめ抜いて、その姿を僕の目に焼き付けてから殺してあげるね。くくく、ふははは」
バード、悔しそうな表情でベルカルネを見ていたが気絶する。





続く

コメント (5)

超装忍バードソルジャー 現スチ03

2018-06-23 17:30:48 | 日記
いたぶられ弱ったバードソルジャーはテンタクダーに飲み込まれてしまう。



テンタクダーの腹の中に飲み込まれたバードソルジャーの全身に触手が巻きつき、エネルギーが吸収されていく。
苦しみ悶えるバードソルジャーのマスクが消滅し、そしてインナースーツになってしまう。
テンタクダーはさらにエネルギーを吸収続ける。腹の中に響くテンタクダーの声。
最後の一滴までエネルギーを吸い取ったら、消化して食べてやる。
なすすべなくエネルギーを吸い取られるバードソルジャーは、息も絶え絶えになり苦しむことしかできず
敗北を覚悟する。バードソルジャーの運命は!











続く
コメント (6)

超装忍バードソルジャー 現スチ02

2018-06-22 17:37:22 | 日記
パトロール中に出会った女性に、友人が化け物に襲われたと聞いて調べに来た真純。
女性を外に待たせて廃工場を調べる真純に襲い掛かるギャランダーの怪人テンタクダーと戦闘員。



戦闘員を倒した真純はバードソルジャーに変身する。





テンタクダーに変身を挑むバードソルジャー。だがエネルギーを吸い取る触手に苦戦する。





苦しみながら羽手裏剣を放って反撃。形勢逆転したが





だが外で待っていた女性が、戦闘員に捕まり人質に。攻撃できなくなったバードソルジャーは、痛めつけられて
テンタクダーの体の中に吸い込まれてしまう。







バードソルジャーの運命は!?
コメント (3)