ぜんまい日記

リコーGRD2の設定備忘録と散歩写真のブログです。

中銀カプセルタワービル(東京・銀座)

2009-02-04 20:28:22 | 無くなる建物



RICOH GR DIGITAL II

銀座8丁目。リコー本社からほど近くにあるこのビジネス用のマンションは
黒川紀章設計のメタボリズムの代表。1972年3月竣工。

モデルルームの説明によると、21世紀の住宅形体はカプセル住宅という結論に
達し、建築の経済性を追求し世界で初めて実現したとのこと。
この140個のカプセルは100%工場生産され、現場では取付(プラグイン)作業
だけの画期的な工法だった。

築37年のこの建物も老朽化のためマンション管理組合が建替えの方針を決めた。
確かに下から見上げるとカプセルの一部が剥がれかかっている。

このカプセル住宅。生活には不便そうだけど、書斎としてはものすごく使ってみたい!
下の写真はマンション下に設置されているモデルルーム。
現在中から見学することはできないが、窓から中を見ることはできる。
予備知識なしで行ったので、現物の部屋を見られて感動してしまった。
壁のテレビはSONYのトリニトロン。ガチャガチャ回すチャンネルのものだ。
ベッドサイドにはオーディオ用のコンソールが埋め込まれている。
写真では切れてしまったが、テープデッキはオープンリールなんです。


RICOH GR DIGITAL II(ガラス越しに撮影)

モデルルーム(カプセル)外観はこんな感じ。


21年2月6日追記
1枚目は2月1日の13:18に撮影している。
建物のファサードはほぼ真南なので正午頃だったら正面から陽があたるようだ。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿