Digital Photo Gallery by ZEISS Ⅱ

四季折々の表情を見せる写真を公開します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桧枝岐・「モーカケの滝」と「ぶな坂の清水」

2009年07月26日 | 滝・渓流
平家の落人伝説が残る滝
(1)

尾瀬の玄関口である福島県桧枝岐村には魅力的な滝があります。
このモーカケの滝は国道352号線を尾瀬御池方面へ向かう途中の左側にありますが、場所は「地図」でご確認ください。
地方ゆえ詳細な図は表示されませんが、国道脇に立派な駐車場があって展望台まで歩いて5分とかかりません。

桧枝岐川の支流であるモーカケ沢にかかる落差40mの滝は優美かつ繊細な感じがします。
水量は決して多くはありませんが、この滝にも「平家の落人」伝説に関係があろうとは思ってもいませんでした。

福島県南会津郡檜枝岐村「モーカケの滝」と「ぶな坂の清水」
撮影機材:キャノンEOS40D シグマ18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM(共通)
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/30秒) 0.0EV 54㎜(86㎜相当・C-PLフィルター使用)
撮影年月日:「モーカケの滝」・2009年6月28日(日)/「ぶな坂の清水」・6月27日(土)



(2)

このモーカケの滝の名前の由来については、現地に建っていた案内板の文章もそのまま引用します。

「モーカケとは、平安時代の女房の装束で、腰から下の後方にまとった服をモ(裳)と呼び、ヒダがあって裾を引く滝の様子を「裳をかけた」さまに見立てたと言われ、桧枝岐村の平家の落人伝説と相まって趣が感じられる。また、一説には、沢沿いにサルオガセ(木の枝に着生して垂れ下がる地衣類)が多く見られ、これが「毛をかけた」と状態に見立てたものと言われるがはっきりしたことはわからない。
平成九年 桧枝岐村」

撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/50秒) 0.0EV 73㎜(117㎜相当・C-PLフィルター使用)


(3)

モーカケの滝展望台駐車場に車を置き、そのまま5分ほど尾瀬御池方面へ国道を歩いて行きます。
すると、国道の脇に「ぶな坂の清水」という、清冽な水の流れが目に入ります。
このあたりはブナの原生林になっており、見事な林相が魅力ですね。

※「ぶな坂の清水」の「ぶな」は漢字にすると文字化けしますので、ここでは平仮名表記にしました。

撮影データ:ISO200 SS1/4秒AE(f/20.0) 0.0EV 18㎜(29㎜相当・C-PLフィルター使用)


(4)

苔の緑が綺麗だなと思って撮影したカットです。
白い花の名前は不明ですが、そんなことはどうでもよくなりました。
とにかく、大自然が育んだ「命」であることは間違いのないことですから・・・

撮影データ:ISO200 SS1/4秒AE(f/20.0) -0.7EV 63㎜(100㎜相当・C-PLフィルター使用)


(5)

この日は暑くて、流れている水を手で掬ったらとても冷たく感じられました。
そのまま飲んでみたら「!!・・・う、旨い!」
こんなに美味しい水を飲んだのは久しぶりのことでした。

撮影データ:ISO200 SS1/2秒AE(f/13.0) -0.7EV 18㎜(29㎜相当・C-PLフィルター使用)

なお、この「ぶな坂の清水」あたりの道はかなり狭いため、くれぐれも路上駐車しないように願います。
大型バスやトラックも行き交う国道ですから、事故や交通渋滞を誘発します。
歩いてもすぐですから、モーカケの滝展望台駐車場に車を止めて訪れるようにしましょう。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 暑中お見舞い申し上げます | トップ | 横浜港大桟橋にて »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モーカケの滝 (toshi.X2)
2009-07-26 20:38:39
こんばんは、
尾瀬の玄関口であるモーカケの滝これもまた初物です、
地図がありましたので確認してみました、
落差40mの滝、見事な滝そして優美な滝です。
ZEISSさんの追っかけをしたくなりました。

ぶな坂の清水の美しい流れ私も撮ってみたいですね~
冷たい清水、旨いでしょうね。
最近 (どりさま)
2009-07-26 22:36:38
清水に美味い!と感嘆した記憶がないです。いかに自然と触れ合っていないかの証拠ですね^^;夏の暑い時なら最高でしょうね!どっかに行きたいなぁ・・・。
深呼吸 (KAEDE)
2009-07-27 06:44:57
うっとうしい日が続いているときにこんな素晴らしい滝が続くと
思わず深呼吸したくなります。
マイナスイオンがこちらまで届きそう・・・。

3枚目5枚目が好きです。
toshi.X2さんへ (ZEISS)
2009-07-27 12:37:12
こんにちは。

さすがのtoshi.X2さんも、ここにも来ていない
だろうなと思っていました。
尾瀬へ来ることもなければ、なかなか訪れること
もない場所ですから・・・

雪解けの頃はもう少し水量が多いと思いますが、
普段はこんなものです。
決して迫力がある滝ではありません。
どちらかといえば優しい滝と言えるでしょう。

>冷たい清水、旨いでしょうね。
山梨の白州の水を飲んで以来のことでした。
後で書きますけれど、尾瀬の燧裏林道から先に
進むと段吉新道というのがあります。
そこの沢の水も旨かったですよ~♪
どりさまさんへ (ZEISS)
2009-07-27 12:38:42
旨い水・・・最近はさかんに東京都が「東京水」と
称して宣伝していますが、こういった水に敵う筈がありません。
実に旨い水で、汲んで帰る方もいるようです。
KAEDEさんへ (ZEISS)
2009-07-27 12:41:10
本当に暑い毎日ですので、記事も自然と「涼」を
求めたくなって滝や渓流が多くなってきます。

>マイナスイオンがこちらまで届きそう・・・。
さすがにPCのモニターからは・・・(笑)
気分だけでも味わっていただければ幸いです。

>3枚目5枚目が好きです。
ありがとうございます。
暑中お見舞いもうしあげます★ (ほたる)
2009-07-27 12:48:20
しかーし、こう暑いと耐えられませんねー!!

でも、こんなに涼しいお写真をたくさん見せていただいて少しいい気分に♪

いいですねー、真夏のこんな写真(*^_^*)
お水も美味しそう~♥
汲んで帰りませんでしたの?
あ、でも、そこで冷たいお水を飲むのが一番美味しいですよね^^

ああー、私はこれから炎天下に出ます・・・(涙
ほたるさんへ (ZEISS)
2009-07-27 18:17:14
暑いっすねぇ。
でも、今日は夕方から結構雨が降りましたので、
幾分かは凌ぎやすくなったようです。

>いいですねー、真夏のこんな写真(*^_^*)
夏はねぇ、どうしても水辺へと惹かれてしまう
んですよ。
何しろ滝や渓流大好き人間ですから。

>汲んで帰りませんでしたの?
尾瀬の段吉新道では二箇所でペットボトルに
水を詰めました。
でも、すぐになくなっちゃいましたけれど(笑)

>ああー、私はこれから炎天下に出ます・・・(涙
ご苦労様です。
熱中症にはご用心!!

滝・渓流」カテゴリの最新記事