国税で働いていた元公務員

税務調査の備忘録として、脱税・申告漏れなどに関する情報を収集しているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイキン、78億円申告漏れ=移転価格税制で35億円追徴-大阪国税局

2008年06月26日 | 報道記事
ダイキン工業(本社大阪市)は26日、大阪国税局から2005年3月期までの2年間で、移転価格税制に基づき計約78億円の申告漏れを指摘されたと発表した。追徴税額は地方税を含め計約35億円という。
同社によると、04、05両年度に中国・上海市にある子会社と行った取引のうち、子会社がダイキンに支払った特許使用料や技術料が、本来支払うべき額より約78億円少ないと指摘された。
ダイキンは「誠に遺憾で納得できない」として、大阪国税局に異議を申し立てた後、上海の国税局に、大阪国税局などと相互協議するよう申請する方針。
【時事通信】
コメント

脱税:疑いで繊維業者を告発--地検へ国税局 /大阪

2008年06月26日 | 報道記事
所得税約4100万円を脱税したとして、大阪国税局が、京都市伏見区竹田西内畑町、繊維原料仲介業、山本健二経営者(62)=本名・李鍾世=を所得税法違反容疑で大阪地検に告発していたことが分かった。追徴税額は重加算税を含め約5600万円で、既に修正申告に応じたという。
関係者によると、山本経営者は、紡績工場などで出る繊維くずを糸のかたまりに再生する「山本商店」を泉大津市で経営。04~06年の3年間に計約1億5000万円の所得があったのに一部しか申告せず、約1億1700万円を隠したという。
【毎日新聞】
コメント

マツダ、百数十億円申告漏れ=63億円を追徴課税-広島国税局

2008年06月26日 | 報道記事
自動車大手のマツダが、広島国税局の税務調査を受け、2007年3月期までの5年間に百数十億円の申告漏れを指摘されたことが25日、分かった。
 このうち一部は所得隠しと認定されたとみられ、重加算税を含む追徴税額は約63億円。同社は今年1月、修正申告に応じた。
【時事通信】
コメント

税務署職員の男、窃盗容疑で逮捕 /群馬

2008年06月23日 | 報道記事
高崎市東町、関東信越国税局高崎税務署職員、松本暁(さとる)容疑者(20)を窃盗容疑で逮捕した。5月20日~今月11日の間、同市内の同国税局職員寮で、他の職員4人の部屋に侵入し、現金計5万5000円を盗んだ疑い。「遊ぶ金欲しさにやった」と容疑を認めている。19日に同税務署が被害を届け出たことから20日、松本容疑者が上司に盗んだことを認め、出頭した。(高崎署)
【毎日新聞】
コメント

秋田南税務署も申告書2000件紛失 法人情報記載

2008年06月18日 | 報道記事
秋田南税務署は17日、秋田市内の法人が2002年7月―03年6月に提出した法人税予定申告書と消費税中間申告書、計約2000件を紛失したと発表した。なくした時期は特定できておらず、外部流出の可能性も否定できないという。
同署によると、両申告書には税額などの法人情報が記載されている。保存期間は7年。耐火書庫の段ボールに入れていたが、他の文書を処理する際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いという。
仙台国税局が今年4月、管内52署に行政文書の一斉点検を指示し、ミスが判明した。
佐藤次夫署長は「納税者の課税に影響はないが、文書の管理が不十分だった。税務執行に対する国民の信頼を損なう事態で、深くおわび申しあげたい」と謝罪した。
【河北新聞】
コメント

十和田税務署が書類470件を紛失 納税者情報記載

2008年06月18日 | 報道記事
青森県十和田税務署は17日、納税者の個人情報が記載された青色申告承認申請書など納税関係書類計約470件を紛失した、と発表した。外部へ流失した形跡はなく、署内で廃棄した可能性が高いという。
同署などによると、紛失したのは1990年4月から91年3月に納税者が提出した所得税の青色申告承認申請書約170件、青色申告に関する「事業主報酬変更届出書」などの関係書類約300件。地価税の申告書3件も紛失した。
いずれの書類にも納税者の住所、氏名、生年月日、職業などが記載されていた。被害は確認されていないという。
細川新一署長は「税務行政に対する納税者の信頼を損なう行為で誠に申し訳ない」とのコメントを出した。
【河北新聞】
コメント

日本野球機構:4年分の所得修正 2億8000万円余納付

2008年06月18日 | 報道記事
日本のプロ野球を統括する社団法人・日本野球機構(根来泰周会長)は18日、東京国税局から税務調査を受け、過去4年分の所得を修正したことを明らかにした。既に、計2億8000万円余りを納付している。
同機構によると、従来は収益事業の経費として認められていた公式戦中の審判員らの交通費などが、公益事業の経費だという指摘を受けたという。その結果として、課税対象の収益事業の所得が増えることになった。
機構事務局では、「通常の(収益事業の)経費として認められるのは、日本シリーズやオールスターだけという見解を示され、素直に従った」としている。
【毎日新聞】
コメント

<脱税>東京ビジネスが1億2000万円 消費税圧縮の疑い

2008年06月18日 | 報道記事
コンピューター技術者専門の人材派遣会社「東京ビジネス」(東京都中央区)が、実態のない子会社を通じた派遣を装い、本来納めるべき消費税を圧縮する手口で脱税していたことが分かった。脱税額は07年3月期までの3年間で約1億2000万円に上り、東京国税局は同社と碇龍(いかり・しげみ)社長(82)を消費税法違反の疑いで東京地検に告発した。
消費税は、売り上げにかかった消費税額から仕入れにかかった消費税額を差し引いて納める。派遣会社の場合、仕入れの大半が消費税のかからない派遣社員への給与のため、納めるべき消費税は契約先への売り上げ分の消費税になる。
関係者によると、東京ビジネスは、実態のない子会社など3社に技術者の派遣を外注し、子会社から技術者が契約先に派遣されたよう偽装。契約先の会社の売り上げにかかる消費税から子会社へ外注した分の消費税を差し引く形で、納税額を圧縮していた。
民間の信用調査機関によると、東京ビジネスは金融機関やコンピューター関連の企業に技術者を派遣し、プログラムの開発などを行っている。過去5年で売り上げを3割ほど伸ばし、07年3月期は約22億4200万円を売り上げた。
国税当局が昨年度告発した消費税の脱税30件のうち13件は、人材派遣会社による同様手口。04年以降、消費税の課税免除となる売り上げ額が引き下げられたことや、人材派遣など非正規雇用市場の拡大が背景にあるとみられる。
【毎日新聞】
コメント

脱税摘発、昨年度は353億円=消費税は過去最高-国税庁まとめ

2008年06月17日 | 報道記事
全国の国税局が2007年度に強制調査(査察)で摘発した脱税事件は前年度比11件減の220件で、脱税総額は49億円増の353億円だったことが16日、国税庁のまとめで分かった。
検察庁に告発したのは158件、総額309億円。このうち消費税の脱税は30件と過去最高となり、税目に占める割合も19%に増加した。宝石を輸出したと偽装し、不正に免税分の消費税還付を受けるケースが目立った。 
【時事通信】

全国
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2008/sasatsu/index.htm

東京国税局
http://www.nta.go.jp/tokyo/kohyo/press/h19/sasatsu/sasatsu.htm

大阪国税局
http://www.nta.go.jp/osaka/kohyo/press/hodo/hodo_19/sasatsu/index.htm

名古屋国税局
http://www.nta.go.jp/nagoya/kohyo/press/h19/sasatsu19/index.htm
コメント

少林寺気功協会会長を起訴=受講料など1億3000万円隠す-東京地検

2008年06月17日 | 報道記事
少林寺気功教室の脱税事件で、東京地検特捜部は17日、所得税法違反罪で、全日本少林寺気功協会会長秦西平容疑者(49)を起訴した。
起訴状によると、秦容疑者は気功指導員養成コースの受講料などを申告せず、2005年までの3年間で約1億3000万円を隠し、所得税約3800万円を脱税した。
【時事通信】
コメント