国税で働いていた元公務員

税務調査の備忘録として、脱税・申告漏れなどに関する情報を収集しているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脱税:前大村市議を在宅起訴 産廃処理会社、法人税虚偽申告 /長崎

2009年08月25日 | 報道記事
長崎地検はこのほど、大村市の産業廃棄物最終処分処理の会社「ウイック」と、同社代表で、前大村市議の和崎正衛容疑者(69)を法人税法違反罪で長崎地裁に在宅起訴した。
起訴状によると、同社は04年4月~05年3月の所得が約1億700万円だったが、同年5月に諫早税務署に対し、所得約7100万円、法人税約2000万円とする虚偽の法人税確定申告書を提出するなど不正を行い、約1000万円を脱税したとされる。
さらに、05年4月~06年3月の所得は約2億円だったが、同税務署に所得約5400万円、法人税約1500万円とする同申告書を提出するなどし、約4400万円を脱税したとされる。
同地検などによると、福岡国税局が長崎地検に3月末に告発。同地検が受理し、任意捜査していた。
【毎日新聞】
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 汚職の贈賄側元社長を脱税で... | トップ | 脱税:芸能事務所社長を逮捕... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報道記事」カテゴリの最新記事