マチンガのノート

読書、映画の感想など  

「戦争する脳」 計見一雄:その2

2018-09-15 15:52:39 | 日記

さらに著者は、精神科救急医療に携わった経験から、

レイテ沖海戦の栗田艦隊の謎の反転について、

三日ほどまともに寝ずに指揮していたので、脳も正常に機能しなくなり、

それが原因となったのではないかとしている。

睡眠生理学的には人間の脳は二晩の徹夜に耐えられず、限界は72時間とのこと。

そこから考えると、日本の労働者の労働生産性が他国よりも低いのは、

IT化の問題などよりも、長時間労働でさらに通勤に時間がかかり、

眠る時間が少ない事や、仕事以外の交流や社会参加が少ないことなども、

大きく影響していそうである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 精神科医、心理士の想像力の... | トップ | パンダの脱出 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事