東京-大阪 単身赴任 旅物語

2003年10月1日から2012年9月30日まで経験した単身赴任。帰省旅行の思い出と、お得情報を綴っています。

お得で快適、JAL楽パックで伊丹空港から

2011-04-03 20:15:00 | JAL

復路:4月3日(日)      →天王寺  :関空紀州路快速 天王寺  →伊丹空港 :空港バス 伊丹空港 →羽田空港 :JAL138便(J) 羽田空港 →京王八O子:空港バス 運賃:¥210+¥590+¥21,000÷3+¥1,700

青春18きっぷ期間も残り少なくなってきた。

今宵も、JAL楽パックに青春18きっぷを組み合わせて、お得を満喫する旅をスタートする。

仕組みは簡単で、楽パックについてくる、1泊分の宿泊を、青春18きっぷを使った移動の時に活用するというもの。

小生の様に、東京-大阪の移動に利用するなら、中間地点の浜松で宿泊するのが効率的。楽パックの宿泊は、出発地、到着にに限らず、どこでも構わないというルールを使った裏技
(というほど、大したものでは無い)?である。


この方法を活用するのは、この春2回目

特に、最近の様に、青春18きっぷシーズンでも、ムーンライトながらが運行されない週末が増えてくると、この方法の有効性が高くなってくる?


大体、この時期に、ホテル一泊と東京-大阪往復の航空運賃含めて¥22,000というのはお得過ぎるが、今回は、更にお得を追求するべく、往路はJAL138便、復路はJAL177便を選択している。これらの便は、元々、先得だと\12,670もする。前回のJAL192便、JAL173便に比べると、先得運賃は¥1,000ほど高い。おまけに、両方ともクラスJの設定があるので、クラスJクーポンを使って、当日アップグレードを狙っている

さらに、決済時に使用期限が迫って来ている楽天ポイントを1000Pほど無駄なく使っているので、まさに、お得の極み

このブログのモットーである、快適、格安に相応しい旅だと自負している。


なお、この方法を活用しようとするなら、年会費無料の楽天カードを持っておくべきと思う。

理由は、カード決済分も含めて、楽天ポイントが実質2倍貯まるからカード入会には、少し時間が掛かる場合もあるので、もし、夏の青春18きっぷシーズンに、この方法を活用するなら、今から、楽天カード入会手続きをしておくのが賢明だろう。




お得な旅は、阪和線の某駅からスタートする。

225系の新型電車で天王寺に出る。225系、最近では新車の臭いが軽くなってきて少し寂しい気がする。

天王寺では、いつものように、チケットスーパーに寄って、空港バスの¥30割引チケット(と言っても、回数券をバラで売っているのもの)を購入する。

そして、18時45分、いつもより一本早い空港バスに乗車。相変わらず、ガラガラの空港バスも快適すぎる。

通天閣を左側に眺めながら、約20分で伊丹空港に到着。

取り敢えず、Fクラスカウンターに駆け込んで、空席待ちをお願いする。

最近のJAL138便は、Fクラスの無い旧JASのB777が充当されており、上手く行けば、前方に6席ある旧JASのスーパーシートを仕留める事も可能なのだろうが、果たしてそこまで上手く行くか?

空席待ちの後は、ラウンジオーサカの門を叩いて、エスプレッソとニコチンを補給する。因みにラウンジオーサカでは、同伴者1名無料クーポンを配っていた。まぁ、AMEXを持っている人には意味はないが。

そして、保安検査を潜って、サクララウンジへ。

ここで、愛妻弁当を頂く予定。

いつもの様に、青汁とおつまみを取ってこようとして、異変に気づく。サクララウンジのおつまみが、袋形式ではなく、取り皿形式に変わっている。多分、持ち帰り防止のためだろうが、そんなけちくさい事をしなくても良いのにと思ってしまう。

でも、小生にとっては、ピーナッツが復活しているので、この方が嬉しい。ピーナッツ復活バンザイである。

今宵は、機内で仕事を片づける予定なので、睡眠薬は止めておく。

そして、指定時刻の5分前に、空席待ちカウンターの前に並ぶ。

カテSは5人待ち、小生は、3番目のはずだから、経験則からいくと、多分、大丈夫と思われるが、...

無事、合格。但し、残念ながらスーパーシートは叶わなかった。まぁ通路側だからまだマシだ。ところで、結局、合格したのは、Sの5名のみ。やはり、日曜夜のJAL138便でクラスJ空席待ちを狙うのであれば、カテSでないと厳しそうである(逆の言い方をすると、カテSならそれほど早めにカウンターに来なくとも空席待ちが落ちてくるという事か)。

今宵の翼はJAL138便である。旧JASのB777に搭乗するのは久しぶり

JALの再建を応援します。JALショッピングへのリンクはこちら
JAL 日本航空

機内では仕事の続きをするつもりでいたが、なぜか睡魔がやってきて、爆睡モードに。結局、羽田まで起きることは無かった。

到着は、21時25分。小生の記憶の中では最も早い到着である。また、到着スポットは11番で、出口に近い。

早着のお陰で、21時35分発の京王八O子行きのバスに間に合った。

京王八O子行きは、意外にも混雑しており、残念ながら相席となる。やはり、空いているのはいつも乗車する最終便だけか。

羽田付近で工事渋滞に巻き込まれはしたが、その後の流れはスムースで、22時45分に京王八O子に到着。

そこから路線バスに乗車して、23時過ぎに帰宅。

安くて、快適で、速い。3拍子揃う事はなかなか無い。いつもこうだと、嬉しいのだが。


楽天カードに入会して、楽天カードで決済すると、
合計2%のも楽天ポイントが貯まるので、一層お得です。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« ムーンライトながらの予約を... | トップ | お得で快適、JAL楽パック... »
最新の画像もっと見る

JAL」カテゴリの最新記事