つぶやき、或は三文小説のやうな。

自由律俳句になりそうな、ならなそうな何かを綴ってみる。物置のような実験室。

雑感

2017-06-16 06:06:54 | 文もどき
すごく不思議なのは、自分に最高評価を出せるのも自分、最低点をつけられるのも自分、だけどそのことに気づかせてくれるのはいつも他人だということ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こころ | トップ | 嵐の夜 »

コメントを投稿

文もどき」カテゴリの最新記事