チホーの生活の知恵

良い人生を過ごす為のコメント。
日常生活・健康・仕事・利殖・etc..

日銀の公定歩合はどうなる?<FRB・実質0金利

2008-12-18 20:43:12 | Weblog
2日ほど前、FRBはFF金利を0~0,25%の実質ゼロ金利とすることを決定した。

現在の日本の公定歩合の金利は0,3%であり、金利はアメリカと逆転した。

19日(金)に日銀で今後の金利をどうするか決定されるが、市場はこれを見守っている。

民間エコノミストの予想では、0,1%とした人が多かった。
しかし、金利引き下げなしや0,15%の予想したエコノミストも少し居た。

<感想>
アメリカのように思い切り下げてほしい。しかし、ゼロ金利は経済モラルに反するし、ゼロ金利の弊害もある。それは、ゼロ金利だと銀行に預けない人が少し出てくる可能性があり、それは経済の血液である貨幣の流動を阻むものだから返って弊害が大きい。
金融政策はなにも金利だけではないが、それでも市場に与えるインパクトは大きい。
これを先取りして、株式市場では今日は銀行株が買われて上昇した。

為替は、先ほど欧州で87円台まで買われたが、その後反落して今は88円台で推移している。

なお、数十年後には「ドル相場は十分の一に価値が下がる」とアメリカのエコノミストがコメントしたが、これをAhoo_Fで読んだが、びっくりすると同時に「あり得ること」と思った。
まぁ、数十年先のことは別にして、短期・中期的にみて為替は85円で止まるかどうか疑問もある。

Pig3がトーサンしたら、一時的にも85円を超えることもあり得るだろう。

<追記>
もはや、12月の中旬だ。
そろそろ、ブログも中段しようかと思っている。
来年は、休養するか、モデルチェンジして他のところで書くことも考えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« どーなる日本社会>止まらな... | トップ | 単価の低い株で遊ぶ<株式投... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事