ぼちぼちいこか。一緒に歩こう!

LDとアスペルガーのボーダーの息子と共に歩いている母の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先輩の言葉

2011年03月28日 | 子供のこと
息子の学校の保護者会の席で、お隣の方が何度も私の顔を覗き込む
そして、おずおずと「どこかでお会いしたことありませんか?」
でも、私には思い付かず・・・いろいろ話すうちやっと解決
私の勤める事業所の入所施設にその方の親御さんが入所していて
事務所にいる私を覚えていたとの事

世の中狭いものです。悪いことはできません

短い時間の中、その方とはお互いの仕事や子供の事をいろいろ話した。
驚いたのは、三人のお子さんの内二人が同じように学校に行けず
中学校の卒業式に出席できたのは一番下のお子さんだけだったとの事
高校もそれぞれ違うタイプの学校で、高校に入ってからもいろいろあったとのこと
そして、今年高校を卒業して新たな道へ進む子供さんと、社会に出る子供さんがいる
高校に入っても、何度も波乱があって、仕事を続けながら子供の事も目が離せず
思い返すと大変だった・・・
自分でも良く乗り越えたと思うし、どうやってできたのかわからない。
その時できる事を一つ一つやるしかなかったし、それが良かったのかもわからない・・・
高校生になっても、社会人になっても、ずっと目が離せないし安心できないと思う
でも、周りと比べないで待つ事しかないと思う。と私へのアドバイス

笑顔で話すその内容は、私なんかと比べ物にならないほど大変だった事がわかる
でも、母親って凄い
待って待って、寄り添うことが、ホント難しいけど、それが、できるのも母親

今年もきっといろんな予想外の事が起きるに違いない
でも、頑張ろうって、ちょっと思えた
その方とは、施設でまたきっと会えるので、また、話をしましょうと言って別れた
なんか、こんな先輩が近くにいるといいな~

コメント

突然の、病気

2011年03月25日 | 仕事のこと
先日訪問した老夫婦、認知症があっても穏やかに暮らしていた
いつも、健康に気を付けていた奥様は、笑顔で
「自分で気を付けないとね、自分の身体だから」と言って
家事も介護も頑張っていた。
そんな笑顔と、ご本人の毒舌ジョークに安心して訪問を終えた
ほんの数日前のお二人の笑顔

電話で知らせを受けた時、その時の笑顔がよみがえった。
あんなに元気だったのに!あんなに健康に気を付けていたのに・・・
あの時の笑顔を思いだし、なかなか、状況を納得できなかった。

突然やってくる病気
辛すぎて、ぞっとするけど、何とか乗り切らないと!
何度も何度も「○○がいない」と言われる。
この先どうしたらいいのか・・ともかく、デイを増やし・・・

ホントに突然、日常が奪われるんだ           

コメント

ご無沙汰です

2011年03月20日 | 日記
東日本大震災で被災した皆様、お見舞い申し上げます。
そして、亡くなった多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

10日もお休みしてしまいました。
11日の地震での被害はなかったのですが、何だかPCを開く余裕がなく
気持ちもなく、ズルズルと今日まで・・・

TVで、行方不明の息子さんを探す女性が、取材の方に息子さんの名前を聞かれ
泣きながら「帰ってくるのに・・・」と絶句し顔を覆ってしまった。
「名前を言ったら、帰って来ない方に行っちゃう・・・」と。

はじめは何故息子さんの名前を言わないのか分からなかった。
私なら名前を言って息子を探して下さいとすがるのに・・・
でも、そうなんだ・・・女性の気持ちが分かった時
何にも分かってない自分が恥ずかしくなった。

悲し過ぎる事ばかり・・・受け止めれない心を保とうとして頑張っている
張りつめた気持ちを、一度緩めたらもう戻せない・・・
暖かい部屋にいる私たちには、想像もできないのだ。

それでも、できる事をするしかない。
節約と節電と、義援金・・・
そして、毎日家族が一緒にいて、元気に日常を過ごせている幸せを味わって、
大切にしないと。
毎日、いってらっしゃいに心を込めて、祈りを込めて笑顔で送り出そう
家族って大事


コメント

一族大集合(^0^)/

2011年03月10日 | 日記
正月以来の一族集合
と言っても、その前に卒業式会場で息子を確保すると言う重大任務がある私
式が終わり、タイムリミットの時間になっても息子は現れず
一本遅らせても(想定内)ギリギリの時間になっても現れない(他の子はぞろぞろ出てきているのに)
仕方なく、受付の先生に頼み、息子を確保(まあ、予想通りの展開)
その後は順調に新幹線に乗車し、なんか二人旅なんて初めてなので
飲みものなんか買って、浮き浮き
無事、熱海に到着
旅館は老舗の「大観荘」横山大観ゆかりの宿で、庭の趣は素晴らしい
カメラ好きの父は館内くまなく写真を撮りまくっていた
館内でばったり出会ったら、もちろんモデルにならなければならない・・・のが掟
各部屋にマッサージチェアーがあるし、ヒノキ風呂も標準装備(?)
一族で3室を借りたけど、どの部屋も趣があり、両親と兄夫婦が泊まった部屋は
ベッドのある寝室と茶室(兄たちの寝室となった)そして広い和室があり一族が集まり
二次会は深夜まで
横山大観が連泊していた大観の間での食事も、もったいないほどすばらしかったけど
子供も私たちも一番気に入ったのは、足湯
足湯なのに、食事が摂れるくらいの大きなテーブルがあって、
みんなでウノをやって盛り上がった。寒くても足が暖かいといつまででもいられて
楽しかった
ウノは私のバカ勝ちだったし

息子は・・・従姉妹に優しくて、びっくり
冷や冷やする事もなく安心して過ごせた
このまま・・・と期待するのはご法度
春休みが終わって、新学期が始まる時、ちゃんと行けるかな~
なんて、考えてもしょうがないけど、不安だ
でも、いい時はそれを喜ばないと・・・


コメント (3)

快気祝いへ

2011年03月05日 | 日記
父の快気祝いをやることになって、今から熱海温泉へ
7月の手術から半年。車の点検みたいに半年点検を終た。
異常はなし
まあ、手術前と食べっぷりもかわらず、相変わらず都合のいい事しか
耳に入らないので、娘はだんだん厳しくなるしかない
時々ガスが多くてトイレが頻回になってつらいと言うので
まずは、食材、食事内容によることもあるので+脳トレーニングで
毎食の食事内容を記録するように宿題をだしてある
でも、やりたくないのがありあり分かるので
どーかな~
年と共に頑固でせっかちになり、人の話を聞かない・・・
この先、優しい娘になれる時があるんだろうか・・・

家族の忙しいスケジュールの中で、やっと見つけた今日は
丁度、息子の学校の卒業式。息子も在校生として出席。
と言う訳で、主人と娘は先に車で出発
私と息子は後から新幹線で
もう、高校生だし一人で後から来れるとは思うけど
何しろ息子の事、お腹が痛くなって・・・とか
何分に乗り遅れて・・・なんて事があり得る
と言うか、かなりの確率であると言うのが夫婦そろっての見解
で、私は息子を迎えに行き、そこから新幹線へ
まあ、はっきり言えば、連行です

さあ、いつものように一抹の不安を抱えつつ出発です
コメント