ぼちぼちいこか。一緒に歩こう!

LDとアスペルガーのボーダーの息子と共に歩いている母の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

病院での最後を選んで

2010年04月29日 | 仕事のこと
退院当日の早朝、体調を崩し退院は中止に。
主治医よりSさんの状態は更に厳しいと説明があり、施設入所を勧められ、ケアマネと相談して返事をすることになった、と息子さんがやってきた。息子さんの思いを伺うが、相反する思いがありなかなか決心がつかない。

何度も何度も同じ話をしたけれど決めかねている様子。
母の為には家に帰さねばならい=義務感!?
できるだけ元気で一日でも長く=本心!?
最後の時は病院で=本心!?
そして、主治医の本心は「自宅での現状維持は難しい。最後は病院でと希望しているが、急性期の病院で治療もせず看取るとは言えない。施設入所の方向としてくれれば入院していても病院側にも体面がたつので最後まで病院で看る事ができる。」というところか!?

お話を伺う事一時間半。迷いに迷って出した結論は「施設入所を希望ししばらくは病院で体調管理してもらい、少しでもいい状態で過ごせる様にしてもらいSさんとの時間を大切にする。」

前回の退院で自宅に帰れた事はSさんへのおおきなプレゼントになったと思う。もうそれで充分ではないかと私は思う。
そして、主治医の先生の配慮にも感謝。
でも、どんな選択をしてもきっと、あれで良かったのかと悩むと思う。以前先輩ケアマネに言われた言葉。
「悩みに悩んで出した結論は一番いい選択だから大丈夫!(^^)」とても救われた言葉だった。
個人的には家に帰してあげたかった。でも、これが一番いい選択だと心から思う。
コメント

かなしい知らせ

2010年04月29日 | 仕事のこと
朝からかなしい知らせ。今日デイサービスをお試し利用になっていたYさん。
迎えに行ったのに誰もいなくて・・・とデイの報告。
まさかと思いつつお嫁さんに電話。
今朝自宅で亡くなっていたとのこと。
あまりに急な事で言葉を失ってしまった。
一番寂しくなる水曜日、今日は予定があったのに!
亡くなってしまった。一人で。
Yさんの言葉が思い出されてたまらなかった。
物静かな方だった。
若い頃の仕事の話。いつも大変な仕事はご指名が来たと懐かしそうだった。
仕事で全国あちこち行った話。どこのサービスエリアの、○○がおいしい!と子供みたいに教えてくれた。
まだまだ、話足りなかったかも知れない。でも私はまた次回に・・・と思っていた。
次回なんてなかった。

気持ちの整理がつかないのに、もうひとつかなしい知らせが・・・。
なんでこんなに若い命が・・・。




コメント

癌で仕事を辞めた後・・・

2010年04月28日 | 仕事のこと
癌のターミナルとの事で依頼を受けたYさん。一人暮らし。58歳だけど長年続けてきた仕事の健診で癌が見つかった方。骨転移があり退院してからも放射線治療を外来で続けていたが治療がひとまず終了。
退院して2カ月。先日雨の日に訪問。少し痩せた感じはあるが笑顔で迎えてくれた。
「今日は雨ですね~」「こんな天気で嫌になるね」とあいさつをかわす。
しばらく話した後Yさんが言った。
「今日来てくれるって言うんで聞きたかった事があるんです。僕のように癌で仕事を辞めた人はどうしているんですか。家に帰れてホッとして、治療が毎日あった時は大変でもやることがあった。でも今は朝起きても予定がない。毎日、毎日TVしかない。話しかけて返事をしてくれる人が欲しい。一人でいると悪いことばっかり考えてしまう。こんな雨の日は特に・・・。みんなどうしているんですかねぇ。」
「友達なんてみんな仕事をしているし、遊びに行くにはお金がかかる。治療代がすごくて、この前先生に病気で死ぬより先にお金が底をついちゃうよ。って言ったくらいだよ。息子たちに迷惑はかけたくないからね。」
こんな質問が来るとは思わず、本当に戸惑ってしまった。夕食は息子夫婦と共に過ごすが、昼間はやる事がない。一日誰とも話さなかった日もあると言う。
こんな若い方にとは思いつつデイを勧めてみた。
「行ってみようかな!誰でもいいから返事を返してくれる人がいればいいよ。朝起きて今日に予定があるのがいいよ。週の半ばが一番寂しくなるから水曜あたりで・・・。」
明日、デイをお試し利用。年寄りばかりで大丈夫か・・・心配。
でも、気に入ってくれるといいな~!!
コメント

近況(最近さわやかな息子!)

2010年04月25日 | 子供のこと
入学後の我が家の息子はというと、のんびりで楽しい学校の雰囲気と、超ゆるーいスケジュールに驚きつつも直ぐに慣れ、ゆるゆるとした毎日を送っている。
環境の違いは大きいな~。
でも、家庭内バイトは続いているからすごい!現金の効果!でも、気持ち良く仕事をこなし言わなくても夕食のみそ汁を作ってくれてある。有り難い。
仕事で遅くなった帰り道、「今夜の夕食何かな~」なんて考えて何か変!っと一人苦笑い。
この前、バイト代で欲しいDVDを購入していた。まだまだ欲しい物は沢山あるらしい。
そしてこれまで見た事のない彼を発見して驚く私。
歩き方も、笑顔も、冗談も何とさわやかなことか!そうだ、この子にはさわやかさがなかったのだ。いつも、重く足を引きずっている感じ。影に覆われていて、何に対しても自身がなく、外に出るとおどおどしていたし、同級生に会うとこそこそ隠れるので、かえってあやしくイライラした。
今の息子が本来の息子なのかもしれない。私はどれだけ息子を叱責し、追い込めてしまっていたのだろう。本当にもっと早く息子の特徴に対して動いていれば、勇気を出して周りを動かしていたら…と思ってしまう。
でも・・・今までの過程があったから『その時』が来たのかも知れない。
あの頃に戻っても結果は同じだったかも知れない、とも思う。
息子も、いろいろな過程があってやっと、自分を変えたいと思えるようになったんだろうし。失敗を繰り返しながら、息子は息子で成長し、私は私で成長し、今があるのだから。
でも結局、過去に戻れないので、一歩一歩目の前の事をやっていくしかない。
先は長くまだまだ山あり谷ありなのだから。
コメント (2)

20%のアリ

2010年04月24日 | 子供のこと
先日の入学式での祝辞でとても印象的で、ずっと頭に残っている話。
働きアリの研究をした結果、働きアリの20%は実はほとんど働いていない事が分かった。その、働かない20%のアリを排除してみると、その中でまた、20%のアリが働かずブラブラ・・・。結局集団の中の20%は働かない構成となる。
この、働かない20%のアリにも、何かしら役割があるのだろう、との推測。
一見役に立たないように見える働かないアリ、という存在の必要性。
どんな集団にもこの20%の法則が当てはまるのではないか・・・?
と言う話の中で、クラスの中でもいろいろな子がいるが、どの子にも役割があるはず。
そんな風に思ってクラスメートとかかわって欲しい。
と言うようなお話。(細かい表現は忘れてしまった・・・。)

なんか頭から離れない、20%のアリ。
人間の社会も同じではないか。ずっと昔から変わらず20%のアリと同じように社会の役に立たないように思える人たちがいたけれど、それはそれで受け入れられ社会の中で生きてこられていたのではないか。
余裕がなくなっている社会。包容力がない社会。
全ての人に全力を求める、できるはず、できねば出て行け・・・。
早く覚え、すぐに動け、間違いは一つもあってはならない、できねば出て行け・・・。
一つクリアーすると更に次の目標に向かって全力で走れ、できねば出て行け・・・。
できない奴は社会の一員の資格なし。出て行け・・・。
自己否定だらけで心も病む訳だ。
そんな人が沢山いるのではないか。
そんな中に発達障害の人もいるのではないか。
発達障害が問題ではない。受け入れる環境に問題があるのではないか。
今の社会は20%のアリを排除し続けている。大丈夫なのかな。
心を病む人が増えている。
バリアフリーもノーマライゼーションも、できていないから叫ばれている訳で。
今の社会では生きにくいな~。
でも、今日は自分にエネルギーがあるのでこう考えることにした。
20%のアリだからこそ持っているものを見つけよう。できる事を探してこう。
20%のアリにしかできない事、気付かない事、きっとあるはず。
20%のアリにしかできないこと見せつけてくれ!
ストレングスに着目!!ってことで、今日は息子のケアプランでも立ててみるかな~(^^)

コメント