ぼちぼちいこか。一緒に歩こう!

LDとアスペルガーのボーダーの息子と共に歩いている母の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストレス解消

2009年10月28日 | 子供のこと
塾の帰りに息子が言った。「オレ、ストレスが解消できないんだよね。みんなみたいにスポーツ得意じゃないし音楽聞いても、その時はいいけどどんどんストレスがたまるから・・・。」と。
 どんなことがストレスなのかと問うと、「学校で悪口言われたりとかさっ、半分はあなただけどね。受験とかで勉強しないといけないのはわかるけど・・・。」
 『勉強ねぇ~、うんそれは私もストレスです。勉強しないのに行きたい学校のランクを下げない・・・。私のストレスの半分以上は君の事だよ~!!しかしサイクリング行ったりTV見て、音楽聴いて・・・家ではかなりマイペースに、受験生とは思えないほど好きなことやってるのにストレス解消できないとはこれまたずうずうしい奴め!』とか内心思っていると、「サイクリング行っても、どんどんストレスがたまるから解消できても間に合わない。」と。
 受験も友達からの悪口やちょっかいも今すぐ解決も解消もできないもの。でも、大人になって降りかかる難問や断ち切れない人間関係、ストレスは解決できないものが多いし、みんなどうしているんだろう・・・。

 息子いわく、私は飲みに行ったりしてストレスを解消してるんだと言う。確かに行ってますが・・。
でも、根本は解決していないんだよね~。しばし車の中で考えた。
 「大人は君たちより解決しないストレスが多いんだよ!(ホントはたいして変わらないかも)・・・でどうするかと言うと~考え方を変えるしかないんじゃないかな~。今起こっている事を別の視点で見るしかないじゃない?今の友達関係やいやなことを言われることが嫌なら、高校に行った時そうならないように、今勉強中と思うとか・・・。」などと言ってみた。

 友達とワイワイ話してると、取り合えず聞いてもらえた満足があって、はき出す事で自分の抱えてる問題を客観的に見れたり、こだわりすぎてると感じたり・・・いろいろ気づかされる。結局は自分が変わるしかないのだと。

 でも、これは女だからかな?男の人はまた違うのかも。と言う訳で息子も男のはしくれ、で反応は今一・・・。
 ストレスとはみんなどうやって解消してるんだろっ?
コメント

続けること

2009年10月25日 | 日記
最近友達からのお誘いで飲みに行ったり、食べに行ったり・・・。ちょっと不良の母ですいません。家族に呆れられながら、行かせてもらっている。

ずっと会ってなかった子供の幼稚園母仲間や職場の忙しいはずの友達が声をかけてくれる。いろんな話をしながら、また頑張ろうかなと思って帰ってくる。みんな何かを抱えているし迷っていて、抱える物は違ってもどこかリンクするものがあって、勇気やヒントをくれる。今この人に会えて良かったな~と思うことが多くて。これはもしかしたら何かが、私のピンチを察知して仕組んでくれているのかも・・・。などと本気で思ってしまう!
 
んっ!?今ピンチなのかな?(自覚なかった!)

この頃、息子のことを抱えながら生きてきて思うこと。何かが劇的に良くなることなんかないけど、投げ出さないで続けること、あきらめずにかかわり続ければいつかいつか、いい方向へ導く人(本や出来事のこともあり)があらわれサポートしてくれるんじゃないかと。そのメッセージに気付く感性というか感度が必要だけど、感度を高めるのは修行。修行=先が見えなくてもあきらめないで継続し続けることで、あきらめたらサポーターからのメッセージにも気付かないまま・・・。

どんなに結果が出なくてもあきらめないこと。今の結果だけで評価しないこと。続けること。これが私の最近のテーマ。
ずっと後になってあの時の結果がこれなんだ~!!って気付ける日を楽しみに。
あっ、でもそれには元気に生きてないとね。



コメント

うれしい変化

2009年10月23日 | 子供のこと
今の塾に通い始めて半年。すぐに先生が好きになった息子。でも入った当初、2時間の塾の間、集中できるのは10分~20分。あとは勉強しているふり・・・と先生にはちゃんと見抜かれていた。

昨日、先生から最近の様子を教えてもらった。先生がびっくりする程取り組む姿勢に気持ちが感じられるとのこと。2時間もの間集中していると言うではないか!!
確かに家でも、用事があって勉強部屋へ入ると勉強していることが多い。
以前はその逆でいつでも瞑想タイム、読書タイム、お絵かきタイム・・・だったのに。

この変化は何だろう?塾の先生のお力、恐るべし!!
以前、塾の帰りに「先生に教えてもらってDoの使い方がわかった!」と嬉しそうだった息子。Doかぁ~(・・;とは思ったけれど、分かったって実感できたことがすごい。自分でもちゃんと教えてもらえば分かるんだ、やればできる!そう思ってくれたとしたらすごい!!
どんなふうに教えているのかな?教室の後ろで聞いてみたいと冗談で言ったら、ものすごく迷惑そうに却下×××

処理能力が遅い特徴がある息子。理解するのに人より時間がかかる。でもそれは時間をかければわかるって事。でもこれを学校に求めるのは無理。かと言って特別支援学級に行くのはちょっと違う・・。この狭間にあるボーダーの子への支援が欲しい!!
こんな子たちの孤独な苦しみに気付かないまま「うちの子頭悪いから・・。」とあきらめている親御さんも多いだろうな。

私もずっと気付かなかった。息子はちっちゃな心で、他の友達との違いや授業が理解できないことに悩み、私たちに隠すため、嘘をつくようになったのかもしれない。
息子が簡単につく嘘が大嫌いだったけど、もしかしたら私たちに心配かけないようにしていたのかも。と思うと切なくなる。

多分今だって嘘とホントが取り混ぜてあるだろうけど、以前よりいかにも嘘、という事が減っているし行動があやしくない。(うまく表現できないけど)
おおらかに見ていかないといけないな~。なかなかできないけど、息子も頑張っているし、私も頑張らねば!!私も変化していかないと置いてかれる。


コメント

アレアの不整・・・

2009年10月17日 | 日記
1ヵ月前に受けた職場の検診の結果が届いてびっくり!
分厚い!これは嫌な予感・・・。
胃の検査(バリウム)で「体中部大弯アレアの不整」早めに必ずと手書きしてある再検査の手紙。
更に更に、子宮がん検診の細胞診でも再検査・・・。
なんか、ガーーーンって気持ちが落ちてしまい、胃のあたりが痛い。胃酸が沢山出てるんだ。
看護師のくせにと思うかもしれないけど、いろいろ知っている分あれこれ考えることもリアルでいけない!
 今日も忙しく仕事しながら、人の事心配している場合ではない自分。
ふと、空いた時間にいろいろ想像してしまう。落ち着かないよ~。
 消化器に強い友達にTELし「検診なんてねえ・・・。見つかんなくていいものまで見つけて精密検査させるんだから、わかんないよ~。アレアの不整?わかんないけど、うちの病院来てみる?何とも言えないけど大丈夫だって!!」
と、さしてあわてた様子もなくいつものまったりとした口調で言われ少し落ち着いた。
 ネットでアレアの不整を少々検索。胃炎、胃がん、粘膜が荒れている状態。ストレスあるし胃炎、ありえるな~。がんだけじゃない訳だ。そうか!
 まあ、病院行くしかない。人には言えるけど自分には言えない「大丈夫だよ」
とりあえず寝るべし!
コメント

ケース変更

2009年10月14日 | 仕事のこと
ケアマネの持てる担当件数は決まっているので人数調整が必要。新規の依頼が来てもお断りすることになる。それでも状況によっては無理をして受けている。今回ケアマネの間で人数調整することになって、ほかのケアマネの担当している方を私が受け持つことになった。ホントはそうしなくていい方法があったんだけどあえて、ケース変更・・・することになった。
 途中からケアマネが変わること、私はあまりいいと思わない。変わることで違う視点でかかわっていけるのでいい面もあると言うけれど、利用者さんはどうなんだろう。ケアマネの仕事は生活を支援するので、かなりプライベートなことまで教えてもらっている。ケアマネとは言え赤の他人。利用者さんも家族もかなりの覚悟で私たちを受け入れ、かかわっていく中で少しずつ信頼関係ができていくのに、こちらの都合でケアマネ変更なんて、私だったら「何故?」って思っちゃう。何か自分たちが失礼な事をしたのかと勘ぐり、捨てられたように思うことだってあると思う。新しいケアマネと一から関係を作って行くのだってエネルギーがいる。だいたい今度のケアマネは大丈夫かいな~?って不安になるはず。自分の生活でさえ不安なのに・・・。
 人数調整の為に、簡単にケースを変更すれば良いと言う。ケースって何なんだろう?ケースって言葉は、利用者さんが人であることを忘れさせてしまう。ケースって言葉は利用者さんが人で、人には心があって、この仕事は対人援助の仕事だってこと忘れさせてしまう気がする。本当はとても重いことなのに・・・。 
 利用者さんにしてみれば・・・。って視点はないのかしら?心が置き去りだよ。
 でも、対人援助とか言っても、経営側からすると良い援助なんか関係なく件数でしか評価なし!たくさん件数こなすケアマネが優秀!?これがケアマネの厳しい現実ですね。他の事業所は違うのかなあ~?
コメント (2)