信州信濃の薪集人

薪作り大好き人間のブログ

リンゴの大木

2011-11-30 22:06:19 | Wood Luck
今シーズンもまた、リンゴの木をいただけることになった。
ありがたい。

りっぱな大木4本。

1本を伐って運んで半日掛りだ。

リンゴは畑の中で作業をさせていただけて、
樹高も唐松に比べると低いので、
作業は比較的し易い。

でも油断は禁物、安全第一で。

コメント

きょしん

2011-11-29 22:27:49 | 薪語辞典
木を伐っていると、
まれに観客が現れることがある。

「良く切れるね~。」等と言われようものなら、
嬉しくなって、
鋸の手入れにも力が入るというものだ。

近頃ようやく使った都度、掃除ができるようになった。

鋸心
虚心に鋸の気持ちになって、鋸がどうして欲しいか思うこと。
コメント

薪場でランチ

2011-11-28 16:51:29 | Wood Luck
ただいま仕掛かり中の伐木の現場は少し遠いので、
今日は伐木!
と言った日のランチは、
薪場で、
薪に囲まれて、
というパターンが多い。

車に1台分の薪材を切って積んで来て、
車から降ろすと、
世間のランチタイムを大分過ぎてしまう。

という訳で、
一人で、
でも、薪に囲まれて気持ちだけは豪華なランチ、
という次第。
コメント

皮剥ぎ

2011-11-27 21:09:51 | Wood Luck
とりあえず、
キハダの内皮を剥いで乾燥しておくことにした。

丸太を細く割って、
幹から外皮と一緒に内皮を剥ぎ取る。
そして、内皮からコルク状の外皮を削ぎ取っていく。

手間のかかる作業だ。

それにしても鮮やかな黄色だ。
コメント

待機中の

2011-11-25 19:39:13 | Wood Luck
薪材達。

唐松、ニセアカシア、その他落葉広葉樹。

次は細いのをエンジン丸鋸で切って・・・
等と思いは巡るが、
その順番が中々巡ってこない。
コメント